<< The Birthday@Zepp Tokyo 「TOUR 愛でぬりつぶせ 09」 感想&セットリスト home Chasing Pirates / NORAH JONES (THE FALL 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. JAZZ
  3. AQUARIAN MOON / BOBBY HUTCHERSON (HAPPENINGS 収録)

 ヴィブラフォン奏者Bobby Hutchersonボビー・ハッチャーソン)が1966年にBLUE NOTEよりリリースした新主流派JAZZの名盤と歌われる『HAPPENINGS』(黒人女性が写ったピンク色の派手なジャケットが有名な作品)の1曲目。タイトル"AQUARIAN MOON"は、ボビーの誕生日が1月27日で水瓶座であることから来ているらしい。

 イントロの1音からヴァイブの清らかな音色にやられちゃいますね。タイトルから連想されるような、なんか朝の湖畔のような静かななかで広がる水面なイメージ。この音の余韻は木琴や鉄琴とは違ってその名の通りヴィブラートを掛けられるヴィブラフォーンならではですね。

 そしてこの曲の聴き所は、前半のボビーから引き継いだ後の中盤のハービー・ハンコックのピアノ。むちゃくちゃカッコイいい。そこに絡む、リズム隊の緊張感のある演奏も利き所ですね。

 アルバムには1曲のみ、ボビー作曲ではないものが収録されています。それがハービー作による"MAIDEN VOYAGE"。いわずと知れた名曲"処女航海"ですね。ハービー自身のリーダー作も名盤と名高いですが、この作品に収められたヴァージョンも、それに勝るとも劣らないできであると評判の作品です。


●BOBBY HUTCHERSON - 『HAPPENINGS』
1. "Aquarian Moon"
2. "Bouquet"
3. "Rojo"
4. "Maiden Voyage" (Hancock)
5. "Head Start" - 5:15
6. "When You Are Near"
7. "The Omen"

・レコーディングメンバー
Bobby Hutchersonボビー・ハッチャーソン): vibraphone, marimba
Herbie Hancockハービー・ハンコック): piano
Joe Chambersジョー・チェンバース): drums
Bob Cranshawボブ・クランショウ): bass 

1966年2月8日録音
Produced by ALFRED LION
Recording engineer : RUDY VAN GELDER
Recorded at the Van Gelder Studio, New Jersey
Cover Photo & Design by REID MILES

・BOBBY HUTCHERSONの楽曲を試聴&ダウンロード⇒Bobby Hutcherson
【同じカテゴリの最新記事】
・BOBBY HUTCHERSON, Aquarian Moon
カテゴリ : JAZZ ・ comments(0)  
2009年11月28日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails