<< Stellify / Ian Brown (My Way 収録) home Ballet Mecchanique(クラムボン、toe)@桜坂セントラル 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (1990年代以前)
  3. I Love the Sound of Breaking Glass / Nick Lowe (Jesus of Cool 収録)

 イギリスのパブ・ロック界(というかロック界)の重鎮、Nick Loweニック・ロウ)の'77年のシングル曲。全英チャート7位のヒットとなっています。Kippington LodgeBrinsley Schwarzブリンズレー・シュウォーツ)のメンバーとして活動してきたニックが'78年に発表した1stソロアルバム『Jesus of Cool』(全英22位)にも収録。その1stアルバムはアメリカでは曲目を一部差し替えて『Pure Pop for Now People』(全米127位)としてリリースされていますが、この"I Love the Sound of Breaking Glass"は米盤にも収録されています。

 軽快なギターのリズムに弾むようなピアノの音がかわいらしい曲ですね。ニック本人がベーシストというだけあってベースの低音がグイグイくるのものカッコイイです。日本の2人組、Ego Wrappin'エゴ・ラッピン)がこの曲をカヴァーしてたりします。ちなみにこの曲ですがDavid Bowieデヴィッド・ボウイ)の"Breaking Grass"という曲をパロって作ったそうです。ま、ボウイの『Low』が自分の名前「Lowe」に似てるからと、それに対抗して"Bowi"って曲を作っちゃったりと、ニックさんは結構洒落の聞いた人のようですね。
 
 ニック・ロウを良く知らない人がこの記事を読んでるとあれなので、彼自身のアーティスト活動とは別にプロデュース作品も軽く紹介。個人的にはダントツでThe Damnedザ・ダムド)の1st『Damned Damned Damned』(邦題『地獄に落ちた野郎ども』)が印象的。ロンドンパンクのアルバム第1号(シングル第1号のダムドの"New Rose"ももちろんニックプロデュース)となった作品の、あのプリミティヴでロウなパンクサウンドは必聴です。

 そして、もちろん一番有名なのはElvis Costelloエルヴィス・コステロ)のデビュー作『My Aim Is True』からの初期5作でしょう。コステロの代表曲としても知られる"(What's So Funny About) Peace, Love and Understanding"はNick Loweの曲です、知ってましたか?

 そんな大御所のニックさんですが、先述のブリンズレー・シュウォーツ以外にも同じくパブロックの雄Dave Edmundsデイヴ・エドモンズ)と組んだRockpileロック・パイル)や、RY COODERライ・クーダー)、ジム・ケルトナー、そしてジョン・ハイアットらと組んだLittle Villageリトル・ヴィレッジ)などがあります。

 なんとそのリトル・ヴィレッジ時代の盟友であるスライドギターの名手Ry Cooderとのジョイントでの来日が今日11月4日Zepp Nagoya公演から始まります。なんか考えただけでもすごい組み合わせですね。まぁ海外でのセットリストを見ると(下記参照)、どちらかというとライ・クーダーよりのセットのようですが、近年さらに深みを増してきたニックのナンバーをライ・クーダーのスライドで聞けるだけでも感涙ものかも知れませんが。ちなみに私は観にいくか迷い中。なんたって、チケット代がお高い。。。ウドーさんなんとかしてよ。。


RY COODER & NICK LOWE Japan Tour 2009
・名古屋公演
11/04(水) Zepp Nagoya
・大阪公演
11/06(金) グランキューブ大阪
・東京公演
11/05(木) JCB HALL
11/09(月) Bunkamura オーチャードホール
11/10(火) Bunkamura オーチャードホール
11/11(水) Bunkamura オーチャードホール
料金:S¥12,000 A¥10,000(座席指定/税込)

・Nick Loweの楽曲を試聴&ダウンロード⇒Nick Lowe


【サイト内関連記事】
New Rose / THE DAMNED (DAMNED DAMNED DAMNED 収録)
Cruel To Be Kind / Nick Lowe (The Doings 収録)
Chan Chan / Buena Vista Social Club (Buena Vista Social Club 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
・Nick Lowe- Breaking Glass #140. *T*O*T*Ps*70s*


・Nick Lowe + Ry Cooder - What's So Funny About Peace, Love And Understanding - 21/06/09 Antwerp KEZ


・RY COODER & NICK LOWE セットリスト@Koningin Elisabethzaal, Antwerp, Belgium 6月21日
01. Fool Who Knows
02. Fool For A Cigarette / Feelin' Good
03. Vigilante Man (Woody Guthrie cover)
04. Losin' Boy
05. Chinito Chinito
06. Crazy 'Bout An Automobile
07. You Gotta Pay
08. Crying in My Sleep
09. Down In Hollywood
10. The Very Thing That Makes You Rich (Makes Me Poor)
11. Half a Boy & Half a Man
12. One Meat Ball
13. Teardrops Will Fall
14. Jesus On The Mainline
15. Litte Sister
---encore---
16. (What's So Funny 'Bout) Peace, Love and Understanding?
17. He'll Have to Go (Jim Reeves cover)
18. How Can A Poor Man Stand Such Times And Live
カテゴリ : UK Rock (1990年代以前) ・ comments(0)  
2009年11月04日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails