<< ハナレグミ@Zepp Tokyo 「TOUR あいのわ」 感想&セットリスト home Lakeside / BLK JKS (AFTER ROBOTS 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. Punk / Hardcore
  3. Ignorance / paramore (brand new eyes 収録)

 アメリカはテネシー州ナッシュビルはフランクリン出身の5人組paramoreパラモア)が、出世作『Riot!』(全米15位・全英24位)に続く3rdアルバム『brand new eyes』をFueled by Ramenよりリリース。プロデュースはGreen DayやMy Chemical Romance等を手がけたRob Cavallo(ロブ・カヴァロ)。リリースされるや否や、UKチャート初登場1位、本国アメリカのビルボードチャートでも2位。そのほかオーストラリア、ニュージーランド、アイルランドでも1位を獲得し、世界的大ヒットになっています。

・Paramore: Ignorance [OFFICIAL VIDEO]


 この"Ignorance"はその3rdアルバムからの1stシングル。全米67位、全英14位を記録。切れの良いギターに導かれるサウンドと紅一点Vo.のHayley Williamsヘイリー・ウィリアムス)のエモーショナルな歌がのる曲。むちゃくちゃメロディが立ってる上に、勢いだけじゃない曲展開もあって面白いです。20歳前後の若いメンバーが一気にスターダムにのし上がってしまったことによって生じたメンバー間の摩擦を乗り越えて作り上げたサウンドと歌詞は必聴です。

 アルバムからの2ndシングルには"Brick by Boring Brick"が決定していますが、ジャケットの羽のもがれた蝶のイラストは、その曲の歌詞"The angles were all wrong now. She’s ripping wings off of butterflies"からインスパイアされたものらしいです。

 ちなみにアルバムのアメリカ国外用のインターナショナル盤(もちろん日本国内盤も)には、2008年に社会現象が起こるほどの大ヒットを記録した映画『トワイライト』のサントラで200万枚以上売れた作品のリード・シングルとなった"Decode"(ディコード〜恋の暗号)も収録されています。この夏、日本のSUMMER SONICで"Decode"を演奏したときの映像を観ましたが、ただのポップパンクとは一線を画したスケール感を感じさせる音でビックリしました。

 サマソニでは残念ながら見逃しましたが、このアルバムでの来日ツアーがあればぜひライブに行きたいですね。それにしても20歳そこそこでこれだけのクオリティの楽曲を連発できるってすごい!

【サイト内関連記事】
paramore@新木場STUDIO COAST 「JAPAN TOUR 2010」 (opening act:STACK44) 感想&セットリスト

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Punk / Hardcore ・ comments(0)  
2009年10月25日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails