<< King Rat / Modest Mouse (No One's First and You're Next 収録) home Run This Town featuring Rihanna & Kanye West / Jay-Z (The Blueprint 3 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. D.O.A. (Death of Auto-Tune) / Jay-Z (The Blueprint 3 収録)

This is death of Auto-Tune, moment of silence♪

 米HIP HOP界の帝王Jay-ZジェイZ)の『The Blueprint』(2001)、『The Blueprint 2: The Gift & The Curse』(2002)と続いたThe Blueprint3部作の完結編『The Blueprint 3』がコンサート運営会社Live Nation傘下に設立したRoc Nationよりリリースされました。通算11作目。全米では発売初週に476,000枚を売り上げ当然のように1位を獲得。全11作が全米1位となり、エルヴィス・プレスリーを追い越しソロアーティストの最多全米No1獲得記録を樹立(グループではThe Beatlesの19作)。また、全英でも4位となり、自身初のUKでのTOP10入りを果たしています。

・D.O.A. (Death Of Auto-Tune)


 そんな大ヒットアルバムからの1stシングルがこの"D.O.A. (Death of Auto-Tune)"。全米24位、全英79位。プロデュースはアルバムでもほとんどの曲を手がけているNo I.D.。全編にわたって流れる泣きのギターフレーズがすごく耳に残るロックなトラックですね。さらにそこに被ってくるソプラノサックスのメロディがたまらない!この部分はJanko Nilovic and Dave Suckyの"In the Space"がサンプリングされています。またKanye Westカニエ・ウェスト)による印象的なブリッジ部分はSteamの"Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye"にインスピレーションを受けているそうです。

・Janko Nilovic & Dave Sucky In The Space 1970


・Steam - na na hey hey kiss him goodbye


 リリックに関しては、タイトルからも分かるように昨年あたりに大爆発したオートチューン(Auto-Tune)に一石を投じるものといわれていますが、まぁAuto-Tuneを使いまくってたカニエを使ってるとこからして「そろそろ飽きたんじゃねぇ?」くらいの軽いノリなんじゃないかと私は勝手に思ってますが。もともとはAuto-Tuneナンバーにする予定がNo I.D.の持ってきたトラックを聴いて真反対のアンチ・オートチューンナンバーにしたらしいですし。オートチューンといえば、声にエフェクトをかけるために使用するのではなくて、本来は音程を補正するのに使うものらしいのでそれに対しての批判なら判る気がしますが。

 ミュージックビデオの方もカッコイイので必見。俳優のハーヴェイ・カイテルとバスケットボール選手のレブロン・ジェームズがカメオ出演しています。

【サイト内関連記事】
LUCIFER / JAY-Z (THE BLACK ALBUM 収録)
FRONTIN' / PHARRELL FEATURING JAY-Z (THE NEPTUNES PRESENT... CLONES 収録)
99 PROBLEMS / JAY-Z (THE BLACK ALBUM 収録)
Run This Town featuring Rihanna & Kanye West / Jay-Z (The Blueprint 3 収録)


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2009年10月01日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails