<< SUMMER SONIC 2009@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月8日(土) Part2 #サマソニ home サマソニ2009@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ まとめ >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. SUMMER SONIC 2009@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 3日目 8月9日(日) Part1 #サマソニ

サマソニ2009 2日目に続いてSUMMER SONIC 2009の3日目に行ってきた。

サマソニ10周年、最大の目玉はアーティストではなく、サマソニ史上初の3日間開催。
その3日目、最終日です。

最終日で一番疲れがたまってますが、何気に3日間で一番早く会場着。
駅からまっすぐマリンスタジアムで。

MARINE STAGEのトップバッターを待っていたら、マリンのMCを担当するサッシャが出てきて、
「あの人が少し早く来てくれました」
的なことを言って、和製ビヨンセこと渡辺直美登場!!

こんなサプライズがあったとは…
ちなみにサッシャ曰く、初日は森田千葉県知事、2日目はアントニオ猪木が来たそう。
あー、何気に今日が一番外れじゃん(笑)

そんな和製ビヨンセが動きすぎでゼーハー言いいつつ「しー、ゆー、あげいん、れいたー」って言って去ってった後は、トップバッターThe Veronicas
オーストラリア出身の黒髪と金髪の双子ちゃん。
ずっとサングラスかけてたから顔はちゃんと見てないけど、たぶんカワイイでしょう。
てか、渡辺直美の後にグラサンって「笑っていいとも」ですか…
音のほうはまあまあかっこよかったです。
スタジアムより室内向きかな。


ヴェロニカズ終わりでマリンの外へ。
シャトルバスに乗って幕張メッセへ向かうことに。

ちょうどそのときはISLAND STAGEでPuffyが始まる前で、長蛇の列になってた。
(最初シャトルバスの列かと思ったらPuffy待ちの列で、シャトルバスのほうは全く並んでなかった…)

で、バスにのり幕張メッセ着。
まずは腹ごしらえ。
熊本とんこつラーメンを食う。
これ、意外と量が多くてコストパフォーマンスはすごく良かった。


のどが渇いたのでスミノフ(レモン)を購入し飲みながらDANCE STAGEにてVV Brownを観る。
R&B系かなって思ってたらバンドを率いた編成でなかなかロックな面もありました。
てかVV Brown足超長い!
後、黒人ベーシストが巨漢だったんだけど、なかなかお茶目な動きでグイグイ音をひっぱててすごくよかった。
VVが「イチ、ニ、イチ、ニ」って盛り上げてた曲が結構ツボでした。


VV終わりでSONIC STAGEへ移動。
要注目のオーストラリアの新人バンドThe Temper Trapを観る。
でてきたメンバーは若干地味。
特にヴォーカルの人はほんともう東南アジア辺りに行くと普通にいそうなあんちゃんでした。
でも鳴らす音はなかなかすごかった。
やはり注目のバンドを青田買いし紹介するサマソニの機能は今年も有効だったようで、数年前のサマソニでまだアルバムが出る前くらいの時期に出たBLOC PARTYあたりを彷彿とさせました。
しかも、その時観たブロック・パーティーより数倍演奏上手いし。
今後が楽しみです!



なかなか良い新人バンドに出会った後は、ダンスステージでSolangeをチラ見。
大トリに控えるビヨンセの妹さんですね!
ルックスはあんまり似てなかったな。
なぜかちょうど私が行ったときにかカーディガンズの"Love Fool"をカヴァーしてた。
意外とはまってたな。

ソランジュを途中で抜け、急いでMOUNTAIN STAGEへ行ってThe Qemistsを20分ほど見る。
CDのほうもかなり良くて好きだったんだけど、ライブはもっと肉体的で盛り上がった。
基本的にメンバーはギター・ベース・ドラムと生バンドに徹し、そこに男女1人ずつのゲストヴォーカルをフィーチャーした形。
最終日の疲れも忘れて踊ってしまいました。

そんなケミスツでしたが、個人的に聞きたかった"On the Run"と"Dem Na Like Me"が聞けたので名残惜しくも移動。
移動中、あまりにのどが渇いたので静岡茶を購入し、一気飲み。


そしてソニックステージにてGrizzly Bearを後ろのほうで座って休みながら鑑賞。
いやぁ、癒されるわぁって思ってたら、どんどん彼らのサイケワールドに引き込まれてしまいましたが。
美しハーモニーに騙されちゃいけないですね。
突然襲いかかるような獰猛さを秘めてます。。
後、MCでテンパートラップがどうたらこうたらって言ってた気がするんですが、英語力に乏しい私には聞き取れず。。

グリズリー・ベア終わりで一瞬友人と合流し、後でまた合流しましょうと言って別れる。


あんまり時間がなかったけど、急いでマウンテンに移動しEnter Shikariをちょっと見る。
着いたらモッシュサークルができるほど盛り上がってた。
一瞬でしたがここでも踊りまくってきた。
ドラムの人が浴衣着てるわ、「エンターシカリデス。ハルバル、ロンドンカラキマシタ」って日本語でMCするわ、挙句には「トゥース!」ってギャグまで飛び出してた。
どんだけ日本好き!!
ホルモンとかとも仲いいしね。


こちらも名残惜しかったけど、急いでソニックに引き返す。
なんつったって次はThe Vaselinesですもん、見ないわけにはいかないでしょ。
あのNIRVANAのカート・コヴァーンにも多大なる影響を与えたスコットランドの伝説ですよ。
だってカートは自分の娘にフランシスって名づけちゃうくらいだもんね。

で、ソニックに着いたらちょうどメンバーが登場したところで、1曲目が開始。
したら、いきなり"Son Of a Gun"でテンション上がる。
これぞまさにエヴァーグリーンって表現がぴったり。
音も見た目も。
てか、ユージン・ケリーはだいぶおっさんになったのに、フランシス・マッキーは若々しかった。
緑のスカートもかわいい。

それにしても、ノイジーな曲も結構あるんだけど、そのノイズが変な表現だけど透明感があるんだわ。
まさに奇跡のサウンド。
後、パフッパフッ!にやられました(笑)
それと、ライブが終わり、自分でセットを片付け始めた時にインディー精神を感じました。



ヴァセリンズの永遠のイノセントを体感した後は、先ほど別れた友人と合流。
一緒にUNICORNを観にマリンへ行くことに。

…が、外に出ると大雨。
私はばっちりポンチョを持ってたのですが、友人は雨具なし。
結局、萎えてしまった友人はメッセへと帰って行きました。
まぁ、もともと、TEENAGE FUNCLUBとどっちを観るか超迷ってたらしいので。
って私もどっちも観たかった!

でも私の選択はユニコーンです。
だった、私の最も愛するバンドだから。
もちろん、今日もユニコーンTシャツ着用済み。
(というか、出てない2日目もユニコーンTでした。。)

と、ここでユニコーンの感想に行きたいところですが、彼らは別格なので別記事で。
ユニコーン@千葉マリンスタジアム SUMMER SONIC 2009 東京 感想

で、長くなってきたので、Part2に続く。

サマソニ09@千葉 セットリスト集 最終日 8月9日(日)

●過去のさまそ日記
SUMMER SONIC 05 Tokyo1日目
SUMMER SONIC '06 1日目
SUMMER SONIC '06 2日目
SUMMER SONIC 07 1日目@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ
SUMMER SONIC 07 2日目@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月9日(土) Part1
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月9日(土) Part2
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 初日 8月9日(土) Part3
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月10日(日) Part1
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月10日(日) Part2
SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月10日(日) Part3
サマソニ08@千葉 セットリスト集 初日8月9日(土)
サマソニ08@千葉 セットリスト集 2日目8月10日(日)

【サイト内関連記事】
Sorry, You're Not A Winner / Enter Shikari (Take To The Skies 収録)

On The Run feat. Jenna G / THE QEMISTS (Join The Q 収録)

Two Weeks / GRIZZLY BEAR (VECKATIMEST 収録)

JOINING A FAN CLUB / PUFFY AMIYUMI (Hi Hi Puffy AmiYumi 収録)
ハズムリズム / PUFFY×東京スカパラダイスオーケストラ (ハズムリズム 収録)
働く男 / PUFFY (働く男 収録)
FACTORY 1020@湾岸スタジオ(PUFFY、TRICERATOPS、シュノーケル、DOES)

すばらしい日々 / UNICORN (SPRINGMAN 収録)
スターな男 / UNICORN (ケダモノの嵐 収録)

働く男 / UNICORN (ケダモノの嵐 収録)
雪が降る町 / UNICORN (The Very Best Of Unicorn 収録)
デーゲーム / 坂上二郎とユニコーン (THE VERY RUST OF UNICORN 収録)
忍者ロック / ユニコーン (THE VERY RUST OF UNICORN 収録)
ユニコーンツアー2009"蘇える勤労" ツアースケジュール&セットリスト集
ユニコーン 『日本の夏 勤労の夏』日程 順次発表中(セットリストも順次)
シャンブル 各曲レヴュー
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(0) K 
2009年08月09日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails