<< ユニコーン MUSIC ON! TV presents GG09@SHIBUYA-AX 7月19日 セットリスト home 田舎へ行こう! Going Up The Country / 忌野清志郎 (ラフィータフィー 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. ユニコーン
  3. ユニコーン@横浜アリーナ 7月20日 ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES. 2009 感想

さてさて、ツアー『蘇える勤労』は終わってしまいましたが、UNICORNユニコーン)は夏も精力的に活動するようで、私も『勤労の夏』の1つ、アジカン主催のフェス、ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES. 2009にユニコーンを見に行ってきました。

会場は、単独でも参加することのできた横浜アリーナ(DVDにもなりました)、もとい義晴アリーナ。

ユニコーンの出演予定時間は15:20。
この日、私は仕事で大阪にいたため、新横浜駅に新幹線で向かい、駅に着いたのが15:07。
ダッシュで、会場に向かい、着いて急いでスタンディングエリアに向かうと、ちょうどメンバーの登場するとこでした。
セミの鳴き声のSEがなってた。

メンバーの衣装は夏フェスでもお揃い。
今日は半袖のつなぎでした。

1曲目はツアー同様に"ひまわり"。
単独の時のような幕が落ちる演出とかはなかったけど、曲の構成だけでもドラマチックですね。
間奏に入る瞬間の民生のシャウトにはいつもグッと来ます。

そして、やはり今日の聴き所は2曲目。
このイントロのギターリフは・・・"服部"だ!

前日のGG09でも披露されたという情報は聞いてたので、心の準備はできてたけど、やはり一気にテンション上がった!
歌詞にある30代を優に超えたおっさんたちによるハードロック。
カッコイイ。
とか思ってたら、「憂いのダーティー・サーティー」ってとこを
憂いのダーティー・フォーティー
に変えて歌ってた。
てか、もう「憂いのダーティー・フィフティー」にしたほうが・・・

この年齢のとこ変えるのって、民生の"コーヒー"の「もう30だからと〜」ってのを思い出しました。

次はEBIのナンバー、"BLACKTIGER"。
こういうイベントでの持ち時間が短い中で、民生以外のヴォーカルナンバーはどういう扱いになるんだろうかなぁと思ってたら、やっぱり入れてきましたね。

ユニコーンの魅力を伝えるには全員のヴォーカル曲を最低1曲入れたほうがいいと思うんだけど、それがまたファンじゃない人にはイメージがつかみにくいとこでもあるんじゃないかと。
難しいですねぇ。

で、"ブラックタイガー"ですが、EBIの犬声も冴え渡り(?)・・・っていうか若干ずれてた気もするけど、やっぱり楽しい。

次は民生がアコギをもったので、"デーゲーム"かなぁって思ったら、"自転車泥棒"でした。
オリジナルよりもさらにテンポを落とした演奏で、グルグル回る照明も合わさってちょっとサイケな感じをかもし出してた。
客席に向かって伸びるレーザー光線を阿部Bが手でさえぎったりしてたのが面白かったな。

そして、民生のMCがあって(メンバー紹介もここだっけかな?川西さんのとこだけ名前テキトーだったけどw)、
「こんな大きな会場でやったことないんで・・・」とか嘘MCもありつつ(笑)(←これもここだっけ?)
なんかシメっぽいMCだなぁって思ってたら、よく観ると阿部Bがギター持ってて明らかに次は"すばらしい日々"。
「えっ、もう終わり?!」
って思ってたら、まだでした。

なんか"すばらしい日々"ってラストにやるってイメージしかなかったもんで。
まぁあまりに名曲過ぎて、これで終わってしまっても文句はなかったですが。

でももっとやってくれるならそれ以上に嬉しいってことで、次の"WAO!"も盛り上がる!
カウベルのとこのくだりとかも単独よりは短めだったけど、やってくれたし。
あのくだりはほんとメンバーが楽しそうで、見ていてすごく嬉しくなります。

続く"ヒゲとボイン"も今のメンバーだからこそできる骨太なサウンドが相変わらずかっこいい。


そして、このフェスのコンピレーションアルバム『NANO-MUGEN COMPILATION 2009』にも"蘇えるライブバージョン"が入ってるので絶対やってくれるだろうと思ってた"HELLO"でシメでした。

やはり昔の定番曲に比べ、イントロでの会場の盛り上がりはイマイチだった感はあるけど、最後まで聴いてこの曲のカッコよさに痺れた一見さんもきっと増えたことでしょう。
マジ名曲です。
今年に入って一番聴いてます。

んー、それにしても物足りない。
もっと聴きたい!
テッシーの曲も川西さんの曲もなかったし。

3時間にも及ぶ、あの単独を体験してしまうとどうもね。

ま、私は次はROCK IN JAPANで体験する予定なので、そっちは3日目の大トリなので、期待です!

今日のセットリスト

NANO-MUGEN FES. その他のアーティストの感想


ユニコーンツアー2009"蘇える勤労" ツアースケジュール&セットリスト集
ユニコーン "日本の夏 勤労の夏" スケジュール&セットリスト集
シャンブル 各曲レヴュー







【サイト内関連記事】
すばらしい日々 / UNICORN (SPRINGMAN 収録)
スターな男 / UNICORN (ケダモノの嵐 収録)
働く男 / UNICORN (ケダモノの嵐 収録)
雪が降る町 / UNICORN (The Very Best Of Unicorn 収録)
デーゲーム / 坂上二郎とユニコーン (THE VERY RUST OF UNICORN 収録)
忍者ロック / ユニコーン (THE VERY RUST OF UNICORN 収録)
ユニコーン@横浜アリーナ ツアー 2009 蘇る勤労 4月1日 感想
ユニコーン@日本武道館 ツアー 2009 蘇る勤労 5月20日 感想
与える男 / 吉井和哉 (UNICORN TRIBUTE 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
奥田民生 [email protected] LEAGUE 『TRIPLEHEADER SPECIAL!!!』@Zepp Tokyo (guest:木村カエラ、B-DASH)
愛のために / 奥田民生 (29 収録)
ギブミークッキー / 奥田民生 (comp 収録)
快楽ギター / 奥田民生 (comp 収録)
ベビースター / 奥田民生 (comp 収録)
custom / 奥田民生 (E 収録)
トリッパー / 奥田民生 (トリッパー 収録)
トリッパー(one light club mix) / 奥田民生 (「カスタムメイド10.30」オリジナル・サウンドトラック 収録)
サプリメン / 奥田民生 (LION 収録)
手紙 / 奥田民生 (LIVE SONGS OF THE YEARS 収録)
遺言 / 奥田民生 (股旅 収録)
無限の風 / 奥田民生 (無限の風 収録)
奥田民生愛のテーマ / 奥田民生 (29 収録)
明日はどうだ / 奥田民生 (Fantastic OT9 収録) 
カテゴリ : ユニコーン ・ comments(0)  
2009年07月20日(月)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails