<< ユニコーン リミックスアルバム『URMX』詳細決定! home Soy Loco Por Ti America / Gilberto Gil (Soy Loco Por Ti America 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. Pop
  3. New in Town / Little Boots (Hands 収録)

 英ブラックプール出身の元DEAD DISCOのヴォーカリストVictoria Heskethヴィクトリア・ヘスケス)のソロユニットLITTLE BOOTSリトル・ブーツ)がデビューアルバム『Hands』をリリース。プロデュースはGreg Kurstin。全英アルバムチャート5位を獲得。リトル・ブーツの由来は「Caligula」という映画からとられているらしい。

 この"New in Town"はアルバム1曲目を飾り、シングルとしてもリリースされ全英チャート13位を記録。エレクトロでアップテンポなサウンドでありながらどこか郷愁感を漂わすこの曲の歌詞は、レコーディングで訪れたロサンゼルスでの体験からインスパイアされており、外国人(イギリス人)である彼女にとってロスでの生活は楽しいものではあった反面、孤独感も感じており、その二面性のようなものを表現しているそうです。

 Little Bootsを語る上で欠かせないのが、毎年イギリスの国営放送であるBBCが選出するその年の有力新人をランキングする「Sound Of」の「Sound Of 2009」で見事1位を獲得したということ。

BBC sound of 2009 ランキング TOP10
昨年のランキング TOP10と1位のAdele

 昨年の1位のアデルはデビュー作が全英1位で、最終的には米グラミー賞の最優秀新人賞まで獲得してしまったので、それと比べるとリトル・ブーツはまだまだそこまででもないですが、今後に期待ですね!てか、昨年はそのAdeleとかDuffyとかどこかレトロでソウルフルなサウンドが選ばれてヒットしましたが、2009年はリトル・ブーツやLady GaGaとかエレクトロ(というかディスコ?)寄りなのが面白いですね。

 そんなLittle Bootsが注目されるきっかけになったが彼女のYOUTUBE CHANNEL。そこで和製電子楽器TENORI-ONテノリオン)やキーボードを操り、様々な曲(MGMT、HOP CHIP、WILEY、MILEY CYRUS、HUMAN LEAGUE、ESTELLE、CYNDI LAUPER等)のカヴァーを披露しています。

 最後に彼女を評してのコメントを。

彼女はデカくなるね。彼女は若い頃のデビー・ハリーを彷彿させるんだ。
これは有望であること以外の何ものでもない
」―  JOE GODDARD (HOT CHIP)

リトル・ブーツは、2009年最もエキサイティングなダンス・ポップの星だ。
彼女は、エレクトロ・ディスコ世代の為に失われたコーラスの美学を再構築
して見せている
」―  (NME誌)

 SUMMER SONIC 09 8/8(土)東京、8/9(日)大阪 出演決定!

・Little Bootsの楽曲を試聴&ダウンロード⇒Little Boots


【サイト内関連記事】
Just Dance / Lady GaGa (The Fame 収録)
Chasing Pavements / Adele (19 収録)
Tired / Adele (19 収録)
Mercy / Duffy (Rockferry 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
・little boots NEW IN TOWN official video


・Little Boots 'New In Town' live track


・DEAD DISCO - AUTOMATIC
カテゴリ : Pop ・ comments(0)  
2009年06月19日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails