<< スカイハイ / ユニコーン (シャンブル 収録) home ユニコーン ツアー 2009 蘇る勤労@日本武道館 5月20日 セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. ユニコーン
  3. ユニコーン@日本武道館 ツアー 2009 蘇る勤労 5月20日 感想

私が最も愛してやまないバンド、UNICORNユニコーン)、再結成ツアー『ツアー 2009 蘇る勤労』の日本武道館公演の2日目に行ってまいりました!

4月1日の"横浜アリーナ"改め"義晴アリーナ"公演以来2度目。
(参考)
ユニコーン@横浜アリーナ ツアー 2009 蘇る勤労 4月1日 感想
ユニコーンツアー2009"蘇える勤労" ツアースケジュール&セットリスト集

ちなみに今日のセットリストはこちら→セットリスト

しかもしかも、義晴アリーナでは天井桟敷シートでの参戦でしたが、今回はツバかぶりシート!!!
オークションとかダフ屋とかではなく、きちんと一番最初のオフィシャル先行の抽選で当てたものです!!
(あのころはこんなにチケットが取れないものだとは思いもよりませんでした・・・)

はい、前置きが長くなりましたが感想行きます。
とりあえず若干の間違いや思い込みがあるかと思いますが(とくにMCは大体の雰囲気でこんな感じくらいで見てください)、ご容赦ください。後、たぶん長文になりますので悪しからず。

武道館に入場し、席に向かうとステージに向かいだいぶ横のほうだったので、ちょっと観にくくて残念。
まぁ気を取り直して、RCサクセションの"ドカドカうるさいR&Rバンド"等が流れた後、定刻ちょい過ぎにライブスタート。

ステージには幕がかかったまま、『シャンブル』でも1曲目を飾る"ひまわり"が始まる。
曲の途中で幕が落ち、会場の熱気は一気にヒートアップ。
なにより、さすがツバかぶり、メンバーが近い!!
・・・が、先述のとおりだいぶ横だったせいで、阿部Bがモニターアンプで見切れてほとんど見えない。。。
うちらよりさらに横のブロックとかほとんど見えてないんじゃないの?

ちなみにメンバーは全員ブレザーの学生ルック。
EBIみたいな高校生いるよねぇ。。

"ひまわり"に続いて、次もアルバムの曲順どおり"スカイハイ"へ。
この辺は予測済み。
ユニコーンの5人ならではのグルーヴ。

そして、次の曲のイントロで、文字通り武道館が揺れた!!」
"スターな男"。
この曲の見所はなんつっても最後のソロまわし。
民生の「OK カモン、よっちゃん」の掛け声で阿部Bのキーボードソロ。
そこからテッシーのギターソロ、民生のギターソロと続き、一番最後には川西さんのドラムが鳴り響き終了。

ここで今ツアー恒例となっているMCコーナー。
お決まりの「この3曲のために練習してきた」的な話のあと「後はアンコールです」って言ったとたん会場には「アンコール」コールが響き渡る。
民生が「普段のアンコールのときよりも大きな声出してる。アンコールなんて当たり前に出てくると思ってるでしょ」的なこといってました。

後は、「武道館は当時(解散前)は小さいぜとか調子に乗ってたけど、やっぱ広いですね」的なことも言ってましたね。

続いては、阿部Bが前に出てきて(やっと全身見えた!)アコギ(エレアコ?)に持ち替え、始まったのは、EBIのヴォーカルナンバー、"ボルボレロ"。
で、EBIはハンドマイクなのでステージ横のほうまで歩いてきてくれました。
超近いんですけど!!
ま、昔ARBのライブを見たときに近くで観てはいるんだけど、ユニコーンでは格別ですね。
指揮者のような身振り(指揮しながら「ブドーカン」とか言ってましたね)やスマートな歌声にメロメロ。
若干マイクの調子が悪かった気がするけど、武道館なのでしかたないですね。

"ボルボレロ"が終わり、会場には水の流れる音が・・・
ということは、そう"働く男"。
いちおうUNICORNの最大のヒット曲です。
ん?若干音がずれてる様な・・・って思う瞬間がありましたが、まぁ気にしない気にしない。
小学生のころ、「夢で逢えたら」(ダウンタウンやウッチャン・ナンチャンの出てた伝説のコント番組)のオープニングで使われているのを聴いて、頭の中で何度もリピートしてた記憶が蘇ります。
その後同番組に使われた"スターな男"と両方同じ日に聞けるなんて!

ここから『シャンブル』3連発。
まずは"水の戯れ〜ランチャのテーマ〜"。
バックのスクリーンの映像とぴったり。

そして、次はある意味『シャンブル』で一番盛り上がる曲"オッサンマーチ"。
テッシーが前に出てきて歌が始まる・・・と思ったら、なんとテッシー歌詞を度忘れ。
(しかも、それをマイクのせいにして誤魔化そうとしたのを後々メンバーに突っ込まれてましたね!!)
この曲はなんといってもコーラスが楽しい。
バックのスクリーンにも文字がバーーンとでるし。
私の隣の席の女性がばっちりコーラス歌ってた。。
テッシーの歌はダメでも、ライトハンド奏法はばっちりキマった!

ここでテッシーのMCコーナー。
テッシーのオナカには「夢」がいっぱい詰まってるそうです。
(テッシーがおなかをたたいた時、客席から「夢をたたくなー」と掛け声が飛んだのにはウケた)

ここでテクノチックな音が流れ始める。
で、テッシーのMCに気をとられて気づかなかったけど、川西さんがステージ袖(うちらの目の前)に立ってて、始まったのが"キミトデカケタ"。
川西さんの新定番。Perfumeの100倍はイケてると思います!
今年で50歳とは思えない若々しさ。
最後はマリオと効果音。テッシーとの絡みが横アリと一緒だったけど、楽しい♪

『シャンブル』3連発のお次は、そのまま川西さんとテッシーのヴォーカルが絡む"ロック幸せ"。
この曲のサビのところでは会場の方にカメラが向いてスクリーンに映し出されるんだけど、チラっとだけ私も映りました!!

つづくEBIナンバー、"AUTUMN LEAVES"では民生がベースを弾き、テッシーがキーボード。
EBIがいすに座って朗々と歌い上げる。

しっとりした後は、テッシー作の妖しい魅力をビシバシ放つ超名曲"自転車泥棒"。
イントロのギターの上昇する感じとか、おもいっきりシュールっつうかなんつうかよくわからない歌詞がたまらない。
多少、武道館ならではのこもったような音響が曲の良さを損ねてたけど、横アリではやらなかったので、聴けただけで良しとします。

次の"ザギンデビュー"も横アリではやらなかった曲ですね。
前半にやった"水の戯れ〜ランチャのテーマ〜"も横アリではやらなかったので、この2回で『シャンブル』から聴けなかったのは"パープルピープル"だけですね。
バックの映像は銀座っぽい映像で、そこに映るタクシーの屋根の上についてるライトに「Uc」ってさりげなく書いてあるのが気になりました!

そして、今ツアーでほぼ毎回ハイライトになってるであろう曲、"PTA 〜光のネットワーク〜"。
もうね、民生のTMNを真似した歌い方がたまらなく好き。
後は、ライブ後半に差し掛かって、阿部Bがどんどん加速度的にライブの中心になっていくきっかけの曲ですね。
今回はなぜかポニョのぬいぐるみ持って歌ってました。
(しかもそのポニョの手にはピックが付いてた!)
後半はもちろん、EBIちゃんと川西さんのラッパー2人が登場!
曲の途中で着替えるためステージ袖に引っ込んでくとこもツバかぶりならではでバッチリ見えました!

1つ残念だったのは、横アリの時は出てきた2人がツアーグッズを客席に投げ込んでたのに、今回はそれがなかった。
ツバかぶりだったので、かなーり期待してたのに。。。

最後はラッパー2人が阿部Bのライトセーバーで切り捨てられた挙句、阿部Bが自分自身を刺して終了(笑)

その間、ステージ脇ではフライングVが用意されている。
ということは、次は再結成第1弾シングル"wao!"ですね。

川西さんのドラムが鳴り響く中、民生と阿部Bがひたすらデ・ニーロポーズをやったりしつつ、カウベルを探すというネタ(?)が。
しかも、ダミーでダンボールかなんかで作った大きなカウベルが登場したのには笑った。
最終的にはちゃんとしたカウベルを持ち、曲スタート。
阿部Bのリードヴォーカルも、それに絡む民生のコーラスもいいけど、やっぱり見所はテッシーのギターソロ。
ここでもライトハンドが炸裂!
上のスクリーンには「GO! テッシー GO!」って出たり、「SOLO」って出たり。

続く"BLACKTIGER"の始まる前のEBIのベースソロが激カッコよかった。
もちろん、犬声も炸裂!
そして、次の阿部Bによる壮大なロックナンバー"R&R IS NO DEAD"では火柱が立ち上る。
ステージに近いため、火が上がるたびにこちらまで熱気が伝わってきました。
それにしても、この曲のツェッペリンを髣髴とさせる("Rain Song"あたり?)曲展開が溜まらない。
なにより、阿部の声に絡む民生のコーラスがしびれるほどカッコイイ。

"サラウンド"でゆったりとしたおおらかなロックサウンドを聴かせて、ここから一気にクライマックスへ。

ここでMCだったかよく覚えてないけど、
「もうすぐツアーも終わり」
っていう民生の話に川西さんが
「後はもう沖縄だけ?あ、武道館はもう一日あるのか、良かった」
って言ったのに対し、
「一生の中で今日しか見れない人もいるんだよ」
てなやり取りがありましたね。
てか、今ツアーはチケット争奪戦で、1日も観れなかった人も多いと思うので、2回見れた私は幸せです。(ほんとはもっと観たい。誰か22日のチケット譲って!!)

後は、これもここだったか忘れたけど、夏フェスにいろいろ出るって話も。
そこで、客席から「フジロック出てー」って声が。
もうほんと激しく同意!
フジロックのために一年が回っていて、ユニコーンも愛してる私にとってそれは夢です。

話をライブに戻して、「ここからが盛り上がりどころ」的なMCの後、いよいよあのギターリフが鳴り響く。
そう!"大迷惑"。
よく考えると、民生が楽器を持たずハンドマイクで歌うのは今日はここが初です。
(横アリでは3曲目に"おかしな二人"でいきなり披露したしね)

ということは、ステージ横まで民生が来る!ってことです。
いやぁ、これにはアガった。
てか、曲が始まるときの爆破の音ですでに心臓がドキドキしてましたが。
(音が大きすぎて、民生もしばらくステージに倒れてましたね)
そして「大迷惑」ってとこでは会場は割れんばかりの合唱でした。

大興奮の"大迷惑"が終わり、畳み掛けるように"ヒゲとボイン"のイントロのキーボードが!
この曲は以前もどこかで書いたかもしれませんが、なんと言っても川西さんのドラム。
もう大好き。
CDでは確か民生とのダブルドラムですけどね。
さらに年月を重ねた骨太なロックサウンドになってて、解散前よりもさらにかっこよくなってると思います(ま、解散前はライブ見たことないので知らないけど・・・)
ちなみに、途中で一瞬民生が歌詞間違えたような気がするけど、気のせい?

"大迷惑"〜"ヒゲとボイン"の流れに興奮しつつも、ライブがもう終盤に来ているのはヒシヒシ感じ、切ない気持ちになってるところに、さらにその気持ちを倍増させる"車も電話もないけれど"。
サビのメロディの展開とかもうたまらん。
最後は、民生が指揮者のように各メンバーや会場の拍手などを操って終了。

そして始まってしまった、アルバム最後を飾る曲にして、今ツアーで本編最後に演奏される"HELLO"が。
CDで聴くだけでも名曲なのに、ライブで聴くこの曲のカッコよさはなんだ?
しかも、横アリで聞いたときよりもさらに数段かっこよくなってるし。
正直、今年はこの曲を越えられる曲に出会えそうもありません。
曲の最後のほうで、スクリーンが5等分されメンバー5人それぞれの映像が並んで映し出された瞬間、なぜかウルっときちゃいました。

そして、メンバーが去ってゆき、本編終了。
ここで、さっきの民生のMCに触発されたか、アンコールのコールが大きく起こる。
ま、ドンドン疲れて小さくなってったのはご愛嬌。
みんな16年という月日で、夢だけでなく、いろんなものが体にたまっちゃってるからね(笑)

5分ちょっとでメンバー再登場でアンコール。
5人ともバッチリ、やっさんルックに着替えて。

で、ここから阿部Bオンステージ。
お決まりの"人生は○○"だネタ。
今回は、
・人参は棒状だ
・仁丹は粒状だ
・野球は球場だ
・ブログは炎上だ
・お帰りの際はお勘定だ
・反則は退場だ
・商売は繁盛だ
等々。

まぁいろいろあって始まった"人生は上々だ"。
これで阿部Bもステージ横まで来てくれたのので、全員近くで拝めました!
そして、曲の山場のところでお決まりの中断。

今日は何をやるんだ?と身構えたとこで阿部の口から「CSA」という言葉が。
あー、"CSA"は横アリで聞けたから、他のところでやってた"忍者ロック"が聴きたかったのに・・・
まぁ仕方ない。
で、お決まりの「SMアナル」ネタ。
(さっきからよく「お決まり」とか書いてますけど、何度見ても面白いので全然オッケー)

後、なんでも昨日の公演に、あの『服部』収録の"ジゴロ"でソプラノボイス(ってかただの子供の声ですね・・)を聞かせてた人が見に来てたそうで、その方の写真がスクリーンに。
当時7歳で、現在30歳だって。
てか、私とほぼ同年代。。。

さらに、SMAのビルを映すとか言いながら、スクリーンには武道館の写真が。
よく見ると、上のたまねぎの部分にオニギリくわえたテッシーが映ってるし。。
横アリでも別の写真と合成されてたけど、鉄板ですね。

さらにさらに、まだまだ続く阿部義晴ショー。

なんだかんだあって"CSA改めSMA"スタート。
客のSMAってコールが決まらず、メンバーそれぞれに見本を見せさして、最後にテッシーをいじったり。(ネッシーとかベッキーとか)

「考えるな、感じろ」
って連呼してると思ったら、なんと衣装の下はブルース・リーの格好してるし!
手込んでるなぁ。
おまけにヌンチャクの腕を披露。
バッチリ決まってたけど、その後カウベルを倒そうとしてグダグダになってましたね。

で、再び"人生は上々だ"に戻り、銀のテープ(?)が会場を舞ってアンコール1発目終了。
阿部Bが舞台から降りてきてくれることを期待したんですが、「武道館は鳥かごだ」(←降りちゃいけない規則になっているって意味?)って言って降りてくれなかったのは残念でしたが。

アンコールの間に、さきほど降ってきたテープ(UNICORNってかかれてて結構凝ってます)を隣の席の人や前の席の人が拾ったものを分けてもらったりしてるうちに、アンコール2発目。

メンバーはドクロのツアーTを着て登場。

そして、"開店休業"が始まる。
出だしの部分の演奏で「ん?」って思うところもあったけど、ドラムが入ってきたところから一気にグルーヴが増してがっしりとシメて大団円。
そんな日には 二人で そうね 武道館にでも♪」

横アリに続いて今回も、興奮させられ、ウルっとさせられ、そして終始ニヤニヤさせられたすばらしいライブでした。
ほんと、音楽を好きになるきっかけがユニコーンでホント良かったなぁと、RCサクセションの"スローバラード"が流れる会場を後にしながら思いました。

欲を言えば"すばらしい日々"を聴きたかったとこだけど、"すばらしい日々"って解散前のラストシングルという印象が強いからかも知れないけど、なんかこれを聴くと「もう最後」って感じがして、今後もう観れないんじゃないかって気になるんだよね。

というわけで、夏フェス等々、まだまだユニコーンのライブを見たいので、またの機会にってことで。

【同じカテゴリの最新記事】
【サイト内関連記事】
すばらしい日々 / UNICORN (SPRINGMAN 収録)
スターな男 / UNICORN (ケダモノの嵐 収録)
働く男 / UNICORN (ケダモノの嵐 収録)
雪が降る町 / UNICORN (The Very Best Of Unicorn 収録)
デーゲーム / 坂上二郎とユニコーン (THE VERY RUST OF UNICORN 収録)
与える男 / 吉井和哉 (UNICORN TRIBUTE 収録)

奥田民生 [email protected] LEAGUE 『TRIPLEHEADER SPECIAL!!!』@Zepp Tokyo (guest:木村カエラ、B-DASH)
愛のために / 奥田民生 (29 収録)
ギブミークッキー / 奥田民生 (comp 収録)
快楽ギター / 奥田民生 (comp 収録)
ベビースター / 奥田民生 (comp 収録)
custom / 奥田民生 (E 収録)
トリッパー / 奥田民生 (トリッパー 収録)
トリッパー(one light club mix) / 奥田民生 (「カスタムメイド10.30」オリジナル・サウンドトラック 収録)
サプリメン / 奥田民生 (LION 収録)
手紙 / 奥田民生 (LIVE SONGS OF THE YEARS 収録)
遺言 / 奥田民生 (股旅 収録)
無限の風 / 奥田民生 (無限の風 収録)
奥田民生愛のテーマ / 奥田民生 (29 収録)
明日はどうだ / 奥田民生 (Fantastic OT9 収録)
カテゴリ : ユニコーン ・ comments(4)  
2009年05月20日(水)

COMMENT
K    (2009.05.30 Sat 17:21)
>としこーんさん
コメントありがとうございます。
管理人のKです。

Zepp行かれたんですね!
ライブハウスで観れるなんてうらやましぃ!
特に大阪はホールとゼップで違う曲を結構やってましたね。

ネットで今回のツアーをずっとおっかけてきていると、生で見たくてたまらなくなります。

ちなみに今回の情報は基本的にネット上でさがしてきてます。
それを見やすいようにまとめてるって感じです。
夏フェスもできるだけセットリストだけでも追っかけて行きたいと思ってますので、またいらしてくださいね。
K    (2009.05.30 Sat 17:15)
>tomokoさん
コメントありがとうございます。
管理人のKです。

ブレザーは5人のおっさんたちを若づくりに貢献しててなかなか良かったです。
夏フェスではどんなコスプレを見せてくれるのか楽しみですね♪
解散当時は中学生だったのに、自分ももう30歳になると考えるとすごく感慨深いものがあります。。。

oasisも行かれたんですか?
東京と福岡で同じアーティストをみてるってのもなんか面白いですね!
tomoko    (2009.05.21 Thu 13:48)
はじめまして。
いつも楽しみに拝見しています。

私もKさんと同世代で、解散前はライブに行けなかった年代です。

私は福岡勤労に行きましたが、Kさんのライブレポを読んでいたらあの日のステージがバーッと蘇ってきて、何故だか目頭が熱くなりました。

武道館2日目は学生風ブレザーだったみたいですね。
福岡もブレザーでしたよ!
個人的には今回のコスプレの中で一番好きです♪

ジゴロの男の子が30歳になって現れるなんて!スゴイ!
そして同世代だったなんて、ビックリです。

私もすばらしい日々を聞くのはちょっと苦手です…
Kさんが言われるように、どうしても「これで終わり」という感じがして、いつもウルウルしてしまいます。
開店休業もVeryRustのDVDで流れた映像の印象が強くて、悲しくなってきます。

両曲ともすごくいい曲なのに、どうしても悲しさが消えませんね。

夏フェスは福岡のHigherGroundに行きます。

まだまだユニコーンを楽しみましょう!

追記;oasisのレポもうれしかったです!ありがとうございました。
としこーん    (2009.05.21 Thu 02:30)
初めまして
いつも楽しく拝見しております。
ユニコーン最高ですよね、私はブログはしていないのですが…ここ数ヶ月の思いを誰かに聞いてもらいたい!と思いながら過ごしております(笑)
大阪ホール&Zepp大阪に参戦しましたが、やはりその場所によって少しずつ変えてるのがとても気になります。 ほんとパソコンはステキです。
全ての曲が鳥肌モンですが、大迷惑の一体感は嬉しすぎです。
ライブでアンコールを聞くと、あぁ終りか…という感じになるのですが
今回は、ユニコーンが帰ってきた…と胸いっぱいになりました。

毎回思うのですが、その迅速な情報は何処からくるのですか?
ツアー初めはセットリストを参考にiPodに音をおとしてました。
夏フェスは行けないので、情報ありましたらお願いします。
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails