<< The Very Best of Neil Diamond / Super Furry Animals (Dark Days/Light Years 収録) home Sorrow's Army / Graham Coxon (The Spinning Top 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2000年代)
  3. No Time For Tears / The Enemy (Music For The People 収録)

 UKはコヴェントリー出身のスリーピース、The Enemyジ・エナミー)大ヒットしたデビュー作『We'll Live and Die in these Towns』に続く2ndアルバム『Music For The People』からの1stシングル。全英シングルチャート16位。アルバムは全英チャート初登場2位(その週の1位はBob Dylanの『Together Through Life』)。

・The Enemy - No Time For Tears


 この"No Time For Tears"は、2ndアルバムの制作で一番最初にできた曲だから1stシングルに選んだそうですが、デビューから2年がたち、成長したバンドの力量を見せ付けるに十分な力作になっていると思います。1stのようなパンキッシュなサウンドやシンガロングできるような曲ではなく、どっしりしたボトムのリズムとグルーヴに支えながら、力強いヴォーカルを聞かせる壮大なロックナンバーです。イントロとアウトロを飾るピアノのフレーズもいいですね。

 ちなみにアルバムのプロデュースはマイク・クロッシーですが、この曲は1stの"40 Days and 40 nights"を手がけたマット・テリーによるプロデュースとなっています。

 アルバム全編を通してアナログテープでの録音にこだわったという今作。それも手伝ってか、70年代の古のロック黄金時代を髣髴とさせるダイナミズムを感じさせる音作りになってますね。

 1stのときのがむしゃらなエネルギーを感じる曲と、この2ndの曲群も加わったライブをぜひ体験したいですね。きっと構成に広がりが出ていいライブになりそうな気がします。

【サイト内関連記事】
Away From Here / The Enemy (We'll Live and Die In These Towns 収録)
40 Days And 40 Nights / The Enemy (We'll Live And Die In These Towns 収録)
BRITISH ANTHEMS LIVE SHOW 2007@新木場STUDIO COAST (THE ENEMY、Blood Red Shoes、THE PIPETTES 他) 感想&セットリスト


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : UK Rock (2000年代) ・ comments(0)  
2009年05月14日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails