<< ユニコーン ツアー 2009 蘇る勤労@Zepp Osaka 5月12日 セットリスト home No Time For Tears / The Enemy (Music For The People 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2000年代)
  3. The Very Best of Neil Diamond / Super Furry Animals (Dark Days/Light Years 収録)

 UKはウェールズ出身のバンド、Super Furry Animalsスーパー・ファーリー・アニマルズ)の2007年の『HEY VENUS』以来約2年ぶりとなる9thアルバム『Dark Days/Light Years』。レコーディングはカーディフにある自身のスタジオにて。アルバムは2009年3月16日の午後8時に彼らのWebサイト(www.superfurry.com)にてまずデジタルリリースされ、4月21日にラフ・トレードよりCD等でリリースという発表方法をとっています。全英アルバムチャート21位を記録(デジタル分は含まず)。

・Super Furry Animals - The Very Best of Neil Diamond


 今作を通して聴いてて、個人的に一番「カッコイイ!」と思ったこの曲のタイトルを見ると"The Very Best of Neil Diamond"なる文字が。あれ?スーファリ聴いてたはずなのに・・・。ってな感じで、曲にだけでなくタイトルにも唸らされました。オリエンタルな雰囲気をかもし出すギターサウンドとヴォーカルエフェクトが何度聴いてもかっこよくクセになりますね。ちなみに私はニール・ダイアモンドとこの曲の関連性については良く知りません。。

 アルバム全体を通して、一聴してポップでありながら、サイケデリックであったり、NEU!やCANを連想させるようなクラウトロックがあったり、チルな雰囲気もしたりとヴァラエティにとんでます。"Inaugural Trams"にはFranz FerdinandのNick McCarthyがドイツ語の語りで参加。この部分だけを聞くとKRAFTWERKのような雰囲気もありますね。アルバムのジャケットのイラストもサイケでグッド(CDとLPで違う)。デザインを手がけたのは前作や、日本のSUPERCARの『Answer』等でも有名なKeiichi Tanaami田名網敬一)。

【サイト内関連記事】
Isi / NEU! (NEU!75 収録)

Ulysses / Franz Ferdinand (Tonight: Franz Ferdinand 収録)

FRANZ FERDINAND JAPAN 2009@Zepp Tokyo


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : UK Rock (2000年代) ・ comments(0)  
2009年05月13日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails