<< ROCK IN JAPAN FES 2009、出演アーティスト第1弾発表!! home A NIGHT IN TUNISIA / ART BLAKEY & THE JAZZ MESSENGERS (A NIGHT IN TUNISIA 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. Brazil / Latin America
  3. PANIS ET CIRCENSES / MUTANTES (OS MUTANTES 収録)

 1965年にブラジルはサンパウロにて、アルナルド・バチスタセルジオ・ヂアスのバチスタ兄弟とアルナルドの恋人リタ・リーの3人によって結成されたロックバンド、MUTANTESムタンチス)の'68年発表のデビュー作『OS MUTANTES』の1曲目を飾る曲。

 この"PANIS ET CIRCENSES"は、60年代後半にブラジルで巻き起こった芸術運動『トロピカリアTropicália)』ムーヴメントの中心人物であったCaetano Veloseカエターノ・ヴェローゾ)とGilberto Gilジルベルト・ジル)による共作曲。

 ファンファーレ的なホーンで賑やかに始まったかと思ったとたん、スローテンポになり意表をつかれたところで、リタ・リーのアンニュイなポルトガル語の歌が始まり、その後もリコーダーが入ったり、ファズギターが入ったりして、最後にはまたテンポが速まったりと1曲の中で目まぐるしく表情を変えるサイケデリックでありながらもカラフルでポップな曲です。初期のMercury Rev(マーキュリー・レヴ)にも通じるサイケ感がある気がします。

純度100%のステンレスで ぴかぴかのナイフを作らせた 愛する相手を殺そうと
 そして 殺した 午前五時 セントラル・アヴェニューの真ん中で
 が 人々は茶の間で 生まれたり死んだりするのに忙しい

 という歌詞が痺れますね。

 アルバム全体を通しても、まさに「おもちゃ箱をひっくり返したような」と表現されるような何でもありなサウンドが面白いです。個人的にはロックなギターが聴ける"A Minha Menina"やいかにも南米なリズムを刻むパーカッションとロックをあわせた"Bat Macumba"、"Trem Fantasma"等がお気に入りです。

 The Beatles(ザ・ビートルズ)の 『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』からの影響をよく指摘されますが、「サージェント・ペッパーズ」が今聞くともはやロックの標準サウンドになってるのに比べ、このアルバムは今聴いてもかなり変わっててインパクトのある作品だと思います。イメージとしてはサージェントよりなんかVelvet Underground(ヴェルヴェット・アンダーグランド)辺りを個人的には想起させられます。

 ちなみに現代のロックシーンで、さまざまな音楽を取り込んでカラフルなサウンドを聞かせているBECK(ベック)にも多大な影響を与えているのも有名ですね。('98年のアルバム『ミューテイションズ』なんて、まんまだもんね)

 ムタンチスの他、カエターノ・ヴェローゾ、ジルベルト・ジル、ガル・コスタナラ・レオントン・ゼー等のトロピカリズモ(Tropicalismo)を代表するアーティストの楽曲を収録した、コンピレーション・アルバム『Tropicalia: ou Panis et Circenses』も要チェック。

ムタンチス・メンバー
Rita Lee (フルート、パーカッション、ヴォーカル)
Arnaldo Baptista (キーボード、ベース、ヴォーカル)
Sérgio Dias Baptista (ギター、ヴォーカル)

バンド名を英語表記するとTHE MUTANTS(ザ・ミュータンツ)
バンド名は、SF小説の『O Planeta Dos Mutantes』が由来。

『OS MUTANTES』収録曲 ()は曲の製作者
1. Panis et Circenses - パニス・エ・シルセンセス
  (Caetano Velose, Gilberto Gil)
2. A Minha Menina - 可愛いあの子
  (Jorge Ben)
3. O Relógio - 時計
  (Os Mutantes)
4. Adeus Maria Fulô - さよなら、マリア・フロー
  (Humberto Teixeira, Sivuca)
5. Baby - ベイビー
  (Caetano Veloso)
6. Senhor F - セニョールF
  (Os Mutantes)
7. Bat Macumba - バッチ・マクンバ
  (Gilberto Gil, Caetano Velose)
8. Le Premier Bonheur du Jour - 朝一番の幸せ
  (Jean Renard, Frank Geraid)
9. Trem Fantasma - 幽霊列車
  (Caetano Velose, Os Mutantes)
10. Tempo No Tempo (Once Was A Time I Thought) - テンポ・ノ・テンポ(悲惨な過去)
  (J.Philips/versão: Os Mutantes)
11. Ave Genghis Khan - ジンギスカンに祝福を
  (Rita Lee, Arnaido Baptista, Sérgio Dias)

・OS MUTANTESの楽曲を試聴&ダウンロード⇒Os Mutantes



【サイト内関連記事】
Os Outros Romticos / caetano veloso (Antologia 67/03 収録)
HELP / Caetano Veloso (CAETANO SINGS 収録)
Minha Mulher / Caetano Veloso (Joia 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
・Os Mutantes - Panis Et Circenses


・Os Mutantes - Live Ipiranga - Panis Et Circenses
カテゴリ : Brazil / Latin America ・ comments(0)  
2009年04月18日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails