<< フジファブリック×FUJIFABRIC@赤坂BLITZ 感想&セットリスト home R&R IS NO DEAD / ユニコーン (シャンブル 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. BECK@Zepp Tokyo (support act:ゆらゆら帝国) 感想&セットリスト

BECKベック)のジャパンツアー追加公演のZepp Tokyo公演に行ってまいりました。
今回のツアーは正直、行こうか迷ってたんですが、追加公演でなんとゆらゆら帝国がサポートに決定で、しかもゼップなんで行ってまいりました。
(NHKホールじゃイマイチね・・・)

それにしても何故ゆら帝なんでしょう?
ベックが望んだのか(逆はないだろうな)、SMASHの陰謀か。
ま、なかなかない面白い組み合わせでしょう。

というわけで、まずは前座のゆらゆら帝国。
いやぁ相変わらず妖しぃ。。
ベックのセットなのか後ろには裸の男のマネキンが数十体ずらりと並んでて、怪しさをさらに倍増。

顔が見えないくらい髪の毛が伸びた坂本慎太郎のあの赤いパンタロンでくねくねとギターを弾きまくったり、マラカス振りながら踊る姿にやられ、
柴田一郎のシンプルなのにやたら腹に来るドラムにやられ、
亀川千代のグイグイくるベースと髪型にやられた(笑)
(あれが似合うのは他に灰野敬二くらいしか知りません)
てか、3人でなんであんな音が出せるんでしょう。。

個人的には"夜行性の生き物3匹"が聴けたのはアガったな。
"タコ物語"〜"ロボットでした"もヤバかったな。

ちなみにBECK目当ての人だとゆら帝はきついんじゃないかなぁと思ってたけど、なかなか
盛り上がってるようで良かった良かった。
(って思ってるのは私だけ?)

30分ほどでゆらゆら帝国が終わり(短かった・・・)、セットチェンジ。
(ゆら帝のセットリストも下に載せときます)


で、ベック・ハンセン登場。
・・・とは行かず、50分くらい待たされた。
こんなに待たされたのはかつてないかも。
軽くブーイングしてる人も出てきたり、フライヤーかなんかで紙飛行機作ってステージに向かって飛ばしてる人まで居ましたね。

と、軽く雰囲気が悪くなってきた頃に満を持してBECK登場!
そして、始まったのが、いきなり"Devils Haircut"。
てっきり『Modern Guilt』の曲から始まると思ってたからビックリ。

バンド編成としては、ベックがギターで、後はギター・ベース・ドラム・キーボードの5人編成。
ギタリストの女性が美人さんでした。
ちょっとPJ Harveyっぽかった。
てか、BECKの髪が短くなってたんだけど、前髪だけやたら長くてグラサンを掛けてて、なんかX-JAPANのYOSHIKIに見えた。。。

そんなことはおいといて、ギターロック的なステージ。
ベックもギター弾きまくりでした。
というかその女性ギタリストあんまり弾いてなかったような・・・
ちょっと被ってるフードを気にしすぎだし。。

そうそう、そういや今回のステージセットは先述のマネキンのほかには、何もないかと思ったら、後ろの黒い幕に実はLEDかなんかのライトがたくさんついてて、それがスクリーン代わりになってて、なかなか面白かったです。

4曲目の"Soul of a Man"から最新作『Modern Guilt』モードへ。
個人的にはこのアルバムはちゃんと聴いてなくて、ライブ行くって決めてから改めて聞きなおしたんだけど、結構ツボだということに気づいた。
派手さはないんだけど、メロディとか曲展開とかなかなかカッコイイのがそろってて。
その中でもお気に入りの"Youthless"も聴けた♪

アフリカ・バンバータかよ!って言うくらいゆるゆるなエレクトロ・ヒップ・ホップな"Youthless"の後は、ベックがギターを持たずにハンドマイクで"Que Onda Guero"を。
これまでの流れだとHIP HOP色が薄かったので、待ってました!って感じ。

で、再びギターを手にし、"Where It's At"。
やっぱ『odelay』あたりの曲は盛り上がるよねぇ。
ご多分に漏れず私もコール・アンド・レスポンスに軽く乗ってみました!

その後も新旧織り交ぜたなかなか豪華なセットリストでライブは進行。
メンバー全員がステージ前に並んでサンプラーやらドラムパットでピコピコ演奏し、ベックがヘッドマイクをつけて歌う"Hell Yes"なんかもよかったなぁ。

そして、本編最後、ベックがスライドギターを弾いてブルースを奏でる。
この時点でまぁ何やるかバレバレだったけど、"Loser"のあのイントロへ。
ま、ベックちゃんの声があんまり出てなくて、若干コーラスのほうが大きくなりすぎてたりしたけど、やっぱ盛り上がる。
集団で「俺は負け犬。なぜ殺さないんだ?」って歌う光景ってなんだかすごいよね。。

で、アンコール。
ベックがアコギを抱えて登場し"Debra"を披露。
歌詞の一部を「テンプラ」だとか「スシ」だとか日本語に変えて歌ってました。

それから"Sexx Laws"へ。
やたらピコピコいうアレンジだったんだけど、演奏と歌が若干アレでした・・・
なので、これで終わりだったら微妙だなって思ってたらもう1曲。

最後は"E-Pro"。
結構へヴィな演奏になってて、ライブの最後にはもってこい。
ナーナーナナナナーナというわかりやすいコーラスがあるのもいいよね!

てなわけで、最初に待たされたのを忘れるくらい、いい感じで終演に向かったライブでした。

以下、セットリスト。

2009.03.26 ゆらゆら帝国 Setlist
01. できない
02. ハチとミツ
03. 夜行性の生き物3匹
04. あえて抵抗しない
05. タコ物語
06. ロボットでした

2009.03.26 Beck Setlist
01. Devils Haircut
02. Minus
03. Leopard-Skin Pill-Box Hat
04. Soul of a Man
05. Orphans
06. Gamma Ray
07. Chemtrails
08. Modern Guilt
09. Youthless
10. Qué Onda Guero
11. Where It's At
12. Beercan
13. Mixed Bizness
14. Timebomb
15. Girl
16. Hell Yes
17. Black Tambourine
18. Clap Hands
19. Paradisco
20. Walls
21. Replica
22. Profanity Prayers
23. Broken Drum
24. Soldier Jane
25. Nausea
26. Loser
---encore---
27. Debra
28. Sexx Laws
29. E-Pro

【サイト内関連記事】
Loser / BECK (MELLOW GOLD 収録)
E-Pro / Beck (Guero 収録)
Wow / Beck (Wow 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(0)  
2009年03月26日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails