<< WHY? 「Japan tour 2009」@渋谷O-nest (chanson sigeru、kuruu crew) home 曽我部恵一BAND@代官山UNIT 七福星ツアー☆ 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2009)
  3. ERIC CLAPTON@日本武道館 感想&セットリスト

日本武道館ミスター・スローハンドこと、ギターの神様ERIC CLAPTONエリック・クラプトン)の来日公演を観にいってまいりました。

以下、2009年の来日公演のライブレポです。2016年のセトリを知りたい方はこちら
↓↓↓

ERIC CLAPTON@日本武道館 2016年4月13日(水) セットリスト

先週、Jeff Beckジェフ・ベック)を観に行ったばかりですが、同じ月に3大ギタリストのうち2人観れるなんて幸せです。
参考:Jeff Beck@NHKホール 感想&セットリスト

それでは、クラプトン。
今回の来日メンバーは、
・Doyle Bramhall II - Guitar, Vocals
・Chris Stainton - Keyboards
・Willie Weeks - Bass
・Abe Laboriel Jr. - Drums
・Michelle John - Backing Vocals
・Sharon White - Backing Vocals
以上の6人を引き連れて。

開演時間より10分ほど遅れて場内の電気が落ち、バックメンバーが登場。
その後、ギターを弾きながら神様クラプトン登場。

1曲目は、Derek & the Dominos時代の"Tell The Truth"からスタート。
この曲結構好きな曲なので、1曲目から盛り上がりますね。

御大クラプトンは黒の半そでシャツに紺のジーンズにスニーカー(?)というラフな格好。
とても60歳を超えてるおっさんとは思えないくらいオシャレカジュアル。

次もドミノス時代の曲で、"Key To The Highway"。
ブルースな感じとカントリーっぽいフィーリングもあってなかなかこの曲も好き。
左利きのサポートギタリストのドイルのスライドギターもキマってた。

そしてブルースナンバー"Hoochie Coochie Man"をやって、クラプトンの唯一の全米No.1曲"I Shot The Sheriff"。
レゲエのゆったりしたリズムを刻むクラプトンのギターカッティングに見とれてしまいました。
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズのオリジナルバージョンで、ダブ処理されてエコーがかかる部分のクラプトンのシャウトもカッコよかった!

それから2曲ほど進み、アコースティックセットに突入。
まずはクラプトン1人による"Drifitn'"。
エレキを弾いてるときより、アコギを弾いてるのを聴いてるほうが、ギターってすごい楽器だなぁって思う。
これだけ弾けたら楽しいだろうなぁ・・・って神様相手に何思ってんだか。。。

その後は他のメンバーも加わって続行。
"Running on Faith"とか良かった!

再びエレクトリックセットに戻って、"Motherless Children"。
そしてセットリストはクライマックスへ。

本編最後を飾る怒涛の3曲。
"Wonderful Tonight"〜"Layla"〜"Cocaine"。

個人的には"Wonderful Tonight"は特に思い入れはないので、あれですが、次の"いとしのレイラ"は盛り上がった。
正直、この曲を聴きたくて今日来たようなものなので。
お客さんもこの曲で総立ち。
やはり一番盛り上がった。
まぁ原曲のデュアン・オールマンのパートが実は一番の聴き所だと個人的には思ってるので、完全に満足できるものは一生聞くことは出来ないけど、あの有名なイントロが聴けただけで良しとします。

本編最後は"Cocaine"。
ロックだねぇ。
というか今更だけどすごいタイトルだよね。

クラプトンの弾くギターっていわゆる"泣きのギター"にならないとこがいい。
ディストーションかかってもなんかすごく上品。
ま、そこがたまに物足りないと思うときもあるけど・・・

アンコールはロバート・ジョンソンの"Crossroads"。
この曲はCream時代のスピードがあって勢いのあるバージョンの印象が強いので、今回のようなミドルテンポのは新鮮でした。
(ま、こっちのバージョンの方が今は主流みたいですが・・・)


正直、私はソロになってからのクラプトンにはそんなに思いいれがないので(クリームやドミノスは好きでよく聴いてたけど)、盛り上がれるか若干心配だったけど、やっぱいいものは良いということを実感したライブでした。

さいたまスーパーアリーナでのベックとの共演ライブは、仕事で行けませんが、どんなライブになるか気になりますね。
(第一部ジェフ・ベック、第二部エリック・クラプトン、第三部エリックとジェフの共演という構成が正式に決定したそうです)

後は、ジミー・ペイジを観れれば本望です。
確か2000年にジェフ・ベックが来日したときに観にいって、同じ月にジミーもブラック・クロウズと来日予定でチケットとったのに、腰痛かなんかで中止になった苦い思い出が・・・

ま、2,3年後とかでいいので、3大ギタリスト共演ライブとかを企画してくださいウドーさん!!

以下、セットリスト。



2009.02.19 Eric Clapton@日本武道館 Setlist

01. Tell The Truth
02. Key To The Highway
03. Hoochie Coochie Man
04. I Shot The Sheriff
05. Here But I'm Gone
06. Why Does Love Go To Be So Sad
---Acourstic Set start---
07. Drifitn'
08. Travelin' Alone
09. That's Alright
10. Motherless Child
11. Running on Faith
---Acourstic Set end---
12. Motherless Children
13. Little Queen of Spades
14. Before You Accuse Me
15. Wonderful Tonight
16. Layla
17. Cocaine
---encore---
18. Crossroads

【サイト内関連記事】
I Shot the Sheriff / Eric Clapton (461 Ocean Boulevard 収録)
I Feel Free / Cream (Fresh Cream 収録)
Jeff Beck@NHKホール
Happening Ten Years Ago / THE YARDBIRDS (Roger The Engineer 収録)
BECK'S BOLERO / Jeff Beck (Truth 収録)
Psycho Sam / Jeff Beck (Who Else! 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (2009) ・ comments(0)  
2009年02月19日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails