<< テレ東 / 相対性理論 (ハイファイ新書 収録) home GARY GILMORE'S EYES / THE ADVERTS (CROSSING THE RED SEA WITH 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2000年代)
  3. 人鳥哀歌 / tacica (人鳥哀歌e.p. 収録)

いつか僕等も色褪せるのなら 自らの選択に 成功を祈って泳げる歌 
水に潜る方を選んだ日 選んだ日♪


 北海道出身の3人組、tacica(タシカ)のメジャーデビューシングル『人鳥哀歌e.p.』収録の表題曲。"人鳥哀歌"と書いて"ペンギンエレジー"と読むらしい。10000枚完全限定生産盤で5000枚は白×黒ケースで、残る5000枚は黒×白の2種類の特殊仕様。

 ちょっとマーチングっぽい感じのドラムから始まりサビにかけてスピードが上がっていく疾走感のある楽曲。鳥なのに「飛ぶ方」ではなく「水に潜る方」を選んだペンギンに、自らの選択に成功を祈って迷わず進む姿を重ねた歌でしょうか。

 タワレコやHMV等で頻繁にアルバム『parallel park』のジャケットを見ていたけど、音をちゃんと聴くのはこの曲が初。一聴して「Bump Of Chickenじゃん」って思った。・・・のは私だけではないはず。タワレコ辺りが『北のバンプ』とか言ったとかなんとか。

 まぁ曲の感じとか、歌い方とかがモロな感じがしますが、あんまり「バンプ、バンプ
」言われるのは本人達も不本意でしょう。ま、バンプってあれだけ2000年代以降の日本のロックシーンに与えた影響は大きいのに、バンプっぽいって言われて人気の出たバンドって意外と浮ばないもので、やはりtacicaの人気は実力のなせる業なんじゃないかと思いますけど。

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 邦楽 (2000年代) ・ comments(0)  
2009年01月22日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails