<< MOGWAI@恵比寿LIQUIDROOM(guest:Remember Remember) 感想&セットリスト home White Winter Hymnal / Fleet Foxes (Fleet Foxes 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. US Indie
  3. Handlebars / The Flobots (Fight With Tools 収録)

 コロラド州デンバー出身の6人組、The Flobotsフロボッツ)の全米15位を記録したデビューアルバム『Fight With Tools』に収録されている曲。この"Handlebars"のアニメーションPVはYouTubeで1300万回(2009年1月現在)という驚異的な再生回数を誇ってます。(ビデオは、前衛的なビデオ/アニメ・プロダクションDIRTY UKが制作)

・Flobots - Handlebars


 ヴィオラ奏者がメンバーにいるのがこのバンドの特徴ですが、この曲でも序盤はヴィオラのピチカートとドラムのみをバックにラップが進み、そして、ストリングスの盛り上がりと共にバックの演奏も激しくなります。ヴィオラのおかげか、演奏がどこかオーガニックな感じがして、ただ激しいだけのラップメタルのようなことにはなってないのがいいですね。トランペットのパートも哀愁があっていいですね。

 アメリカという国に対する愛憎入り混じる歌詞が秀逸。Bad Religionの"American Jesus"やBruce Springsteenの"Born In The USA"を彷彿させます。

 2008年8月、米デンバー州で行われた民主党コンベンションの中で行われた無料音楽イベント"Tent State Music Festival to End the War"にRage Against The Machine等と共に出演し1万7千人を集めたそうです。

 最後に彼らを評した記事をいくつか紹介。
・"I can ride my bike with no handlebarsは瞬く間にキャッチフレーズになった" -MTV.com
・"ファンク、ロックのリズム、ヒップホップの強い鼓動、グサリとくる社会的コメントがパックされた激しいアンセム" -USA Today
・"このアルバムは現在進行中の問題に焦点をあてた書物。企業強欲、キューバ問題、イラク戦争、グローバリゼーション、人種差別、政府公認の暗殺、弱者の窮状等。" -Los Angeles Times

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : US Indie ・ comments(0)  
2009年01月11日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails