<< Fill Me In / Craig David (Greatest Hits 収録) home 2009年のSUMMER SONICは3日間開催決定!! >>
  1. K's今日の1曲
  2. British Rock
  3. BECK'S BOLERO / Jeff Beck (Truth 収録)

 イギリス・サリー州出身、元Yardbirdsにして、同じくヤードバーズ出身のEric Clapton(エリック・クラプトン)、Jimmy Page(ジミー・ペイジ)と並び日本ではUKロック3大ギタリストと称されるうちの1人、Jeff Beckジェフ・ベックが結成した第1期Jeff Beck Group(正式なクレジットは"Jeff Beck"のみ)の英国ロック史上に残る'68年の1stアルバム『Truth』(トゥルース)収録曲"BECK'S BOLERO"。また、ベックがヴォーカルを取ってイギリスでヒットしたシングル"Hi-Ho Silver Lining"のB面の曲としてもリリースされています。

・The Jeff Beck Group - Beck's bolero


 第1期ジェフ・ベック・グループといえば、Dr.にMicky Wallerミック・ウォーラー)、Ba.は後にFaces(フェイセズ)で活動し、さらにThe Rolling Stonesに加入することになるRon Woodロン・ウッド)(←元々ギタリストだけど、このバンドにジェフ以外のギタリストは必要ないとのことでベースに)、そしてVo.は、この後ソロ・ロック・ヴォーカリストの頂点に立つことになる若きRod Stewartロッド・スチュアート)という豪華なメンツで有名です。

 そんなすごいメンツで作られたこの『Truth』は、ブリティッシュ・ハードロックの雛形を作り出し、あのLed Zeppelinにも多大な影響を与えています。ツェッペリンの1stを聴いて、「これは俺のパクリだ!」とジェフ・ベックがキレたって話は有名です。(ホントかウソか解かりませんが・・・)

 そして、この"BECK'S BOLERO"の参加メンバーは、さらにすごい。インストゥルメンタルのためロッドのヴォーカルは聞くことはできないけど、ドラムにThe WhoのKeith Moon(キース・ムーン)、ベースは後にLed Zeppelinを結成することになるJohn Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)、ピアノが60年代の多くの名曲に参加しているセッションマンのNicky Hopkins(ニッキー・ホプキンス)、そしてギターにはジェフ・ベックに加え、Jimmy Pageが参加。作曲もペイジが担当しているそう(ジェフ説も有)。

 曲の方はタイトルからも分かるようにクラシックの名曲、Maurice Ravel(モーリス・ラヴェル)の"ボレロ"からインスパイヤされて作られているそうです。ニッキーのピアノとペイジの12弦ギターの3連のリズムの上を、自由奔放に流れるベックのスライドギターと荒れ狂うフィードバックで凄まじく盛り上がっていきます。そして、中盤「ア”−−−」という(キースの?)叫びとともに絶頂へ。ベックのギターは唸りを上げ、ニッキーの鍵盤が激しく打ち鳴らされ、そして叫びと共にマイクを倒したらしく、シンバルの音だけがやたらと大きく聴こえる凄まじいドラムという、なんかもうエネルギーの塊みたいな曲です。

 この曲は、最近のライブでも演奏されているようで、2007年11月27〜12月1日の5日間、計6回行われた、ロンドンにある伝説的なジャズ・クラブ、ロニー・スコッツ・クラヴにでのライヴ・パフォーマンスを厳選した作品『Jeff Beck Performing This Week...Live At Ronnie Scott's』でも1曲目に収録されています。

・BECK'S BOLERO - Jeff Beck Live At Ronnie Scott's



Jeff Beck -『Truth』収録曲リスト
1. Shapes Of Things
2. Let Me Love You
3. Morning Dew
4. You Shook Me
5. Ol' Man River
6. Greensleeves
7. Rock My Plimsoul
8. Beck's Bolero
9. Blues Deluxe
10. I Ain't Superstitious
---bonus track---
11. I've Been Drinking
12. You Shook Me
13. Rock My Plimsoul
14. Beck's Bolero
15. Blues Deluxe
16. Tallyman
17. Love Is Blue (L'Amour Est Bleu)
18. Hi Ho Silver Lining

・Apple Musicで試聴&ダウンロード


 そんなジェフ・ベックは来年2009年2月に来日することが決定。私はNHKホール公演に参加予定。2000年の来日も観たので、8年ぶりです。楽しみ!ちょうど同じ2月にエリック・クラプトンが来日するけど、共演とかしないかな・・・。てか、3月に来日するロッド・スチュワートとの共演の方が見たかったりして。

以下、来日公演のメンバーとツアー日程。

・メンバー
Jeff Beck - Guitar
Vinnie Colaiuta - Drums
Tal Wilkenfeld - Bass
David Sancious - Keyboards

・日程
2/6(金) 東京国際フォーラム ホールA
2/7(土) 東京国際フォーラム ホールA
2/9(月) NHKホール 
2/11(水・祝) パシフィコ横浜 
2/12(木) 愛知県芸術劇場 大ホール
2/13(金) ウェルシティ金沢 (石川厚生年金会館)
2/16(月) Zepp Fukuoka
2/18(水) 大阪厚生年金会館 大ホール
2/19(木) 大阪厚生年金会館 大ホール

Zeppみたいなハコで観れる福岡の人がうらやましい・・・

【サイト内関連記事】
Happening Ten Years Ago / THE YARDBIRDS (Roger The Engineer 収録)


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : British Rock ・ comments(0)  
2008年12月28日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails