<< Pour Some Sugar on Me / Def Leppard (Hysteria 収録) home Spiralling / KEANE (Perfect Symmetry 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (〜2008)
  3. WHITESNAKE / DEF LEPPARD@日本武道館 感想&セットリスト

 イギリスの生んだハード・ロック/ヘヴィー・メタル系の大御所バンド、WHITESNAKEホワイトスネイク)とDEF LEPPARDデフ・レパード)のジョイントライブという、なんかすごいものを観に日本武道館に行って来た。(セットリストは下部に)
(初日のセットリスト

 最初に書いちゃうけど、出演順は昨日の初日と同様、WHITESNAKE ⇒ DEF LEPPARDの順。バンドの格としてはどちらが上かの判断は難しいとこですが、売り上げ的にはデフ・レパードの方が上だから仕方ないか・・・(ま、ホワイトスネイクもかなりのもんですが。Vo.のデヴィッド・カヴァーデイルが元DEEP PURPLEと考えると、ホワイトスネイクのほうが格上かな?)

 会場に流れていたSEがTHE WHOの"MY GENERATION"で大きくなって(UDOさん宣伝しすぎ)、それが終わった後、客電が落ち、ホワイトスネイク登場。

 今回のステージは、客席中ほどまで延びている特殊な形で、そこまでデヴィッド・カヴァーデイル(還暦間近の57歳!!)が歩いてって、マイクスタンドを使っていきなりエロエロ全開のパフォーマンス。PVとかで観たあのデビカバさんが、そこに。

 そして1曲目は、今年でた通算10作目となる最新作『Good To Be Bad』の1曲目を飾る"Best Years"。おお、声ちゃんとでてるじゃん。というのが最初の感想。やっぱね、歳には勝てないもんなんで、ある程度は覚悟してたんですが。数年前にDEEP PURPLEを観たときにイアン・ギランが顔を真っ赤にして声を振り絞ってたのを憶えてますが、デビカバさんは結構普通に出てましたね。ま、バックコーラスに助けられてる面もありましたが。

 そんな感じで始まったライブは、新作から3曲で、後は基本グレイテストヒッツなセットリスト。ここで告白してしまうと、白蛇もデフレパードもどちらも熱心なリスナーではない(というか、ほとんど曲知らない)私にとっては、なかなかありがたいセットリスト。あ、もちろんちゃんと予習して臨みましたよ!

 というわけで、曲に対する思い入れは少ないですが、ちょい悪を通り越して、たぶん激悪であろうカヴァーデイルさんの一挙手一投足と、他のメンバーの熱い演奏を楽しんできました。あ、アコースティックセットのたびに出てくる椅子をデヴィッドが"This is Whitesnake Chair"と紹介するのがウケた。

 個人的には"Love Ain't No Stranger"と"Is This Love"と"Here I Go Again"と"Still Of The Night"が聴けて満足。ラスト2曲はデビカバの高音シャウトが聞けたし、会場の大合唱もあって、かなり盛り上がりました!最後は"We Wish You Well"が流れる中、せり出しにみんな集まって大団円。

 約90分のセットが終わり、セットチェンジ。セットチェンジは20分ちょいかな。で、今度は、AC/DCの新曲(?)が大音量で流れた後(AC/DCって来日するの?)、客電が落ち、今度はデフ・レパードです。

 いきなりバックのスクリーンに凝った映像が流される。白蛇のときとのこの待遇の差はなんだ・・・。白蛇の時は画質の悪いアルバムジャケットが映し出されただけだったのに。これじゃ完全に、ホワイトスネイク=前座、デフレパード=メイン、みたいじゃん。。

 ま、気を取り直してレップス。って、さっき書いたようにどちらも熱心なリスナーといえない私は、Def Leppardの愛称がLeppsであることも最近知りました。。。すみません、こんなんでライブきちゃって。

 いやぁ、それにしても出てきたときの盛り上がりを考えると、やはりメインはこっちな感じが若干したのが、ちょっと悲しい。まぁ個人的にはどっちかに思い入れがあるわけではないのですが。とりあえず、見た目で言えばジョー・エリオットよりはデヴィッドの方が保ってて勝ちだなって感じはしたけどって、あんまり関係ないですが。

 で、ライブ。こちらも新作『Songs From The Sparkle Lounge』を今年発表したばかりですが、こちらはブリティッシュな映像が流れる中、『ヒステリア』収録の往年のヒット曲"Rocket"からスタート。

 ま、声が出てないような感じもしますが、こちらはコーラスがある曲が多いので、あまり気になりませんね。音のほうもCDとかだと若干ペナペナですが、ライブではなかなかしっかりしてるし。

 白蛇同様、セットリスト的にはベストを抑えておけば大丈夫な感じの初心者に優しいもので、すごく楽しめた。最新作もなかなか力作だったので、そこからの曲ももっと聴きたかったような気もしますが。でも、最新作のなかでも一番気に入ってた、"Go"が聴けたのは良かった。昨日はやらなかったみたいだし。この曲、すごくモダンなロックにも近いのに、無理してる感じがなくて好きです。

 そんな感じで、会場も合唱&手拍子で応えながら終始盛り上がって進んでたんですが、やはりこのバンドでみてみたかったのは、ドラムのリック・アレンです。正直昔は、デフレパード=片腕のないドラマーがいるバンドって言うくらい、それを知ったときのインパクが大きかったもので。結論から言うと、ほんとに耳だけで聴くとほんと片腕なの?って思うくらいすごかった。あれどうなってるんでしょうね。片腕で叩くリックとその状況を受け入れたバンドはやはりカッコイイ!

 セット後半は『炎のターゲット』と『ヒステリア』という超大ヒット2作からのヒット曲の嵐。本編最後の"Pour Some Sugar On Me"と"Rock Of Ages"(←OFFSPRINGの"Pretty Fly"のイントロで使われてるアレね)連発には大盛り上がり。

 そんな感じで本編は終わり、ちょっとしてから、白蛇にはなかったアンコール。アンコールは2曲。最後の"Let's Get Rocked"はライブの最後にやるべくしてできた曲というほど盛り上げて終了。うーん、おなかいっぱい。

 ここまでで白蛇のことを忘れかけてる人が結構いるのではないでしょうか。。なんかこの順番て罪ですね。やはりシンガロング系の曲が多いレップスのほうがライブでは有利ってことでしょうか。

 とまぁ、曲もろくに知らないのに、しっかり楽しめた良いライブでした♪
 これで歌詞まで覚えて、一緒に合唱したらもっと楽しいだろうな。

2008.10.24 WHITESNAKE@日本武道館 Setlist

01. Best Years [*1]
02. Fool For Your Lovin' [*6]
03. Can You Hear The Wind Blow [*1]
04. Love Ain't No Stranger [*4]
05. Lay Down Your Love [*1]
06. The Deeper The Love (acoustic) [*2]
07. Is This Love [*3]
08. Guitar Duel (Doug Aldrich vs Reb Beach)
09. A Fool In Love [*1]
10. Ain't Gonna Cry No More [*6]
11. Ain't No Love In The Heart Of The City [*7]
12. Give Me All Your Love [*3]
13. Here I Go Again [*5]
14. Still Of The Night [*3]

[*1] album『Good To Be Bad』('08)
[*2] album『Slip of the Tongue』('89)
[*3] album『Whitesnake (1987)』('87)
[*4] album『Slide It In』('84)
[*5] album『Saints & Sinners』('82)
[*6] album『Ready An' Willing』('80)
[*7] album『Snakebite』('78)



2008.10.24 Def Leppard@日本武道館 Setlist

01. Rocket [*5]
02. Animal [*5]
03. C'mon C'mon [*1]
04. Foolin' [*6]
05. Make Love Like A Man [*4]
06. Go [*1]
07. Love Bites [*5]
08. Mirror, Mirror
09. Bringin' On The Heartbreak [*7]
10. Switch 625 [*7]
11. Hysteria [*5]
12. Armageddon It [*5]
13. Photograph [*6]
14. Pour Some Sugar On Me [*5]
15. Rock Of Ages [*6]
encore
16. Bad Actress [*1]
17. Let's Get Rocked [*4]

[*1] album『Songs From The Sparkle Lounge』('08)
[*2] album『Yeah!』('06)
[*3] album『Retro Active』('93)
[*4] album『Adrenalize』('92)
[*5] album『Hysteria』('87)
[*6] album『Pyromania』('83)
[*7] album『High 'N' Dry』('81)



ツアーはこの後、27日(月)大阪・大阪城ホール、28日(火)名古屋・ガイシホールと続きます。

今回のツアーメンバーはこんな感じ。
・Def Leppard
Joe Elliott/ジョー・エリオット − Vocals
Phil Collen/フィル・コリン − Guitar
Vivian Campbell/ヴィヴィアン・キャンベル − Guitar
Rick"Sav"Savage/リック・サヴェージ − Bass
Rick Allen/リック・アレン − Drums

・Whitesnake
David Coverdale/デイヴィッド・カヴァデール − Vocals
Doug Aldrich/ダグ・アルドリッチ − Guitar
Reb Beach/レブ・ビーチ − Guitar
Timothy Drury/ティモシー・ドゥルーリー − Keyboards
Uriah Duffy/ユーライア・ダフィー − Bass
Chris Frazier/クリス・フレイジャー − Drums

【サイト内関連記事】
Pour Some Sugar on Me / Def Leppard (Hysteria 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (〜2008) ・ comments(2)  
2008年10月24日(金)

COMMENT
K    (2008.11.19 Wed 23:03)
>カエルさん
初めまして。コメントありがとうございます。
WSもDLもどちらも初心者の状態でライブ行っちゃった者の感想をリンクしてもらっちゃってすみません。。

デヴィッドさん良かったですね。
あの年齢であのパフォーマンスはすごい!
カエル    (2008.11.19 Wed 21:44)
はじめまして!
カエルと申します。

洋楽大好き、フェス大好きなものです。
今回、WHITESNAKE とDEFの記事を書いていたのですが
Kさんの記事がすごく良くって、リンク貼らせて戴きました…。

これから、時々お邪魔します。
どうぞよろしくお願いします。

私は、ブッチで
WHITESNAKE派です!!!
エロパフォもですが、声が音がたまりませんでした!!!
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails