<< SUMMER SONIC 08@千葉マリンスタジアム、幕張メッセ 2日目 8月10日(日) Part3 #サマソニ home Wild International / One Day As A Lion (One Day As A Lion 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (〜2008)
  3. LITTLE TEMPO 『真夏のワイワイ祭りスペシャル!』@日比谷野外音楽堂(Guest:EGO-WRAPPIN'、こだま和文 他)

LITTLE TEMPOの結成15周年を記念した『真夏のワイワイ祭りスペシャル!』というライブを見に、日比谷の野外音楽堂に行ってまいりました。

野音リトル・テンポって考えただけでも間違いなく気持ちいいシチュエーションなのに、今回はゲストがヤバイ。
そんなゲストは以下の通り。(実際はもっといたような・・・)

GUEST :
EGO-WRAPPIN' (中納良恵 , 森雅樹)
大野由美子(Buffalo Daughter)
Kenji Suzuki (A.K.A. Kenji Jammer)
こだま和文(DUB STATION)
dj KENTARO(Ninja Tune / DMC World Champ)
RANKIN TAXI
Likkle Mai & The K
PUSHIM

DJ:
HEMO+MOOFIRE

以下、感想を簡単に。

今日はあいにくの雨。
相変わらず私と野音との相性の悪さが露呈。
(野音行くと8割方雨降ります・・・)

ポンチョを着込み臨む。
まずはランキン・タクシーが司会のような形で登場。
ラガバンダリ(ラジバンダリのパクリ)を推しつづけ会場を盛り上げる。
そして、本編の前にHEMO+MOOFIREという女性2人組みのDJ(間にダンサーとかも出てきた)があり、いよいよリトテン登場。

まずは第1部。
第1部はリトル・テンポのライブ。
おー、やはりイイ。
雨は残念だけど、スティール・パンの音が空に抜けていく感じは野外ならでは。
最新作『山と海』からの曲をやったり。
よく見ると、バッファロー・ドーターの大野由美子もスティール・パンでずっと出てたし。
ゲストというかメンバーみたいな感じ。


1部が終わり、またDJがちょっとあった後(トイレタイム)、第2部。

第2部はいよいよ豪華ゲスト陣の登場。
まずはエゴ・ラッピン。いやぁ久々に観た。
今年のフジロックでは見逃したし。。
Little Tempoをバックに中納良恵の伸びる声で"蘇州夜曲"を。

1組当たりは短め。

次はこだま和文
こだまさん、前から一度観たかったんだよねぇ。
MUTE BEATの伝説の一夜限りの再結成はチケット取れなかったし。。
そんなこだまさん1曲目は"夏の思い出"。
普通に良すぎる・・・
そして、"ゴッドファーザーのテーマ"
ヤベ・・・カッコイイ・・・

その後もLikkle Mai & The K、Kenji Jammerが出てきたり、
PUSHIMが雨が止んだ後はって"Over the rainbow"をやったり。

そして、サプライズゲストとしてブリティシュレゲエの大御所、Eddie "Tantan" Thorntonが出てきたり。
豪華すぎる。

そして、最後はDJ Kentaroでシメ。

でもここからがクライマックス。
これまでのゲストが出てきて(まずはインスト組)、スカタライツの超名曲"Guns Of Navarone"で、トロンボーン⇒トランペット⇒トランペット⇒ギター⇒ギター⇒ギター⇒ターンテーブルとソロ回し。
なんじゃ、この豪華なリレーは!

それだけでは終わらず、次はLikkle Mai、中納良恵、プシンと歌姫3人が登場。
そんな揃い踏むことなどまずありえない3人で歌うは、"東京ドドンパ娘"。
その選曲はなんだ(笑)

元デタミネーションズの人が出てきて、リトル・○ンポを連呼した後は、最後の大トリとして、RANKIN TAXI。

おー、そういや最初に観たきりだなぁと思ったら、最後の最後に歌うは"マリファナ音頭"
こんな歌でこのイベント締めちゃっていいの?(笑)

そんな感じで、まさに""な感じのイベントでした。


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (〜2008) ・ comments(0)  
2008年08月17日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails