<< SUMMER SONIC 08 行動予測 二日目編 #サマソニ home Eyes Wide Terrified / Johnny Foreigner (Waited Up til It Was Light 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. US Indie
  3. What Sarah Said / Death Cab For Cutie (Plans 収録)

But I'm thinking of what Sarah said that "Love is watching someone die"♪

 シアトルを拠点に活動する4人組、death cab for cutieデス・キャブ・フォー・キューティー)。最新作、『Narrow Stairs』が全米チャート初登場No.1を獲得した彼らが、2005年に発表したメジャー・デビュー作『PLANS』収録曲"What Sarah Said"。

・Death Cab For Cutie - What Sarah Said


 美しいピアノの旋律が印象的。病院の待合室の雰囲気を題材に書かれた歌詞。ベン・ギバードの透明感のある歌声とメロディで泣き、歌詞を見て泣き(最後の2行That love is watching someone die So who's gonna watch you dieはやばい)、秀逸なビデオを見て泣ける名曲です。

 先述の全米を制したデス・キャブ・フォー・キューティーの新作『Narrow Stairs』はこの『Plans』をイメージして聴くとかなり意表をつかれる作品になっています。ハードになったというか、なんといか。『Narrow Stairs』については、また別の機会に改めて紹介したいと思います。

 あー、それにしてもSUMMER SONIC 08での来日が楽しみです。サマソニで個人的にはCOLDPLAYより注目だと思います。

【サイト内関連記事】
Soul Meets Body / death cab for cutie (PLANS 収録)
Crooked Teeth / death cab for cutie (PLANS 収録)
The Sound of Settling / Death Cab For Cutie (Transatlanticism 収録)
DEATH CAB FOR CUTIE@新木場STUDIO COAST(support act:ストレイテナー) 感想&セットリスト
Black Sun / Death Cab For Cutie (Kintsugi 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : US Indie ・ comments(0)  
2008年08月04日(月)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails