<< Strength In Numbers / The Music (Strength In Numbers 収録) home My Friend John / The Fratellis (Here We Stand 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. Hard Rock / Heavy Metal
  3. ONE / METALLICA (...AND JUSTICE FOR ALL 収録)

Hold my breath as I wish for death Oh please God, wake me♪

 1988年にリリースされたMETALLICAの4thアルバム『...And Justice For All』(邦題:メタル・ジャスティス。全米6位・全英4位)収録曲"ONE"。全米ビルボードHOT100で35位、UKシングルチャート13位。

・Metallica - One [Official Music Video]


 サビで"僕は死を望み息を止める ああ、神よどうか僕に復活を"と歌われるこの曲は、哲学的でいて宗教的、重厚感あるミドルテンポの前半から後半にかけて一気に畳み掛けるように盛り上がって行く曲構成を持つ、メタリカ屈指の名曲として、彼らの名を世に知らしめた曲です。正にスラッシュメタルというヘヴィメタルの急先鋒からロックの大物への第一歩を踏み出した曲だとおもいます。

 この曲はMetallicaが初めてミュージックビデオを作成した曲としても知られています。そのプロモーションビデオは名作映画『ジョニーは戦場へ行った』('71)の映像がコラボレートされた構成になっています。また1990年のグラミー賞を、ヘヴィメタル部門で受賞しています。

 『And Justice For All』は、『ヘヴィメタル史上屈指の名盤』とも称される前作『Master Of Puppets』(邦題:メタル・マスター)発表後の'86年にベーシストであるクリフ・バートンをツアー中の交通事故により失うという悲劇を乗り越え、新ベーシストにジェイソン・ニューステッドを向かえ制作された最初のアルバム。

 アルバム全体としてよく言われるのが、ベースの音が聞こえないということ。新ベーシストのジェイソンへのイジメともいわれてますね。実際にベースを弾いてるのはVo.のジェームス・ヘッドフィールドだと言う説もあります。

 後は、やはりドラムの音がペナペナした軽い音になってますね。でもバスドラの音だけはバシバシ伝わってくるとこが逆に面白い。ラーズ・ウルリッヒのドラムはやはり独特でカッコイイ。全体的に長い曲が多くてダレそうになりそうなところをドラムのリズム一つで変えてしまうところはさすが!って感じです。


METALLICA -『...AND JUSTICE FOR ALL』収録曲リスト
1. "Blackened"
2. "…And Justice for All"
3. "Eye of the Beholder"
4. "One"
5. "The Shortest Straw"
6. "Harvester of Sorrow"
7. "The Frayed Ends of Sanity"
8. "To Live Is to Die" (Instrumental)
9. "Dyers Eve"
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
METALLICA@さいたまスーパーアリーナ 「World Magnetic Tour」 (guest:FEAR FACTORY、THE SWORD) 感想&セットリスト
Metallica@SUMMER SONIC 2013
Hardwired / Metallica (Hardwired…To Self-Destruct 収録)


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Hard Rock / Heavy Metal ・ comments(0)  
2008年07月03日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails