<< Spaz / N*E*R*D (Seeing Sounds 収録) home 満月の夕 / Soul Flower Union (Electro Asyl-Bop 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. Alternative Rock
  3. Gobbledigook / Sigur Ros (Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust 収録)

 アイスランドはレイキャヴィク出身の4人組Sigur Rosシガー・ロス)の2005年の前作『Takk...』以来、間に未発表&ライブ集『Hvarf/Heim』をはさんで3年ぶりとなる新作『Með Suð Í Eyrum Við Spilum Endalaust』(邦題『残響』の1曲目を飾る曲。"Gobbledigook"は"ゴーブルディグーク"と読み、「わかりにくい言葉」とか「ちんぷんかんぷん」的な意味だそうです。

・Sigur Rós - "Gobbledigook"


 この作品を初めて聴いたとき、シガー・ロスではなく他のアーティストの作品を間違って掛けたのかと思うほど、これまでの彼らのイメージより数倍リズミカルで開放的で祝祭感溢れる曲でビックリしました。アイスランドの広大な大地というより、熱帯雨林のジャングルなイメージ。ラララってコーラスなども楽しくてよいですね。

 今回の作品は、プロデューサーにU2等でおなじみのFLOODを迎え、初めて故郷アイスランドを離れ、ロンドン・NY・キューバ等で録音されたというのもその一因かもしれませんね。アルバムジャケットに至っては解放されすぎな気もしますが(笑)

 もちろんこれまでの作品のような壮大な曲や、静謐な曲もあります。"Ára Bátur"の最後のコーラスが盛り上がって行くとことか泣きそうなくらい美しいです。

 10月に2006年以来の来日公演も決定。日程は、
 【SIGUR ROS JAPAN TOUR 2008】
・10月22日(水)名古屋 愛知芸術劇場大ホール
・10月24日(金)大阪 厚生年金会館
・10月26日(日)東京 国際フォーラム・ホールA

 私も過去に、前回2006年のSHIBUYA-AX公演とその前のFUJI ROCK FESTIVAL 05で観たけど、フジロックの野外に響き渡る壮大なサウンドとAXの密室で凝縮された感のどちらも圧倒的だったのを憶えてます。ホールクラスだとまたどんな感じになるのか楽しみですね。

 ちなみに良く知られてるけど、アイスランド語で『勝利の薔薇』を意味するSigur Rósのバンド名の由来は、バンド結成した日に生まれたヨンシーの妹「Sigurros」にちなんでるそうです。

【サイト内関連記事】
Glosoli / Sigur Ros (Takk... 収録)
Saeglopur / Sigur Ros (Takk... 収録)
Meo Blodnasir / Sigur Ros (Takk... 収録)
Sigur Ros@Shibuya-AX 感想&セットリスト
untiled track 8 / Sigur Ros (( ) 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Alternative Rock ・ comments(0)  
2008年06月29日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails