<< Love Will Tear Us Apart / Joy Division (The Best of Joy Division 収録) home ゆきこさん / ミドリ (あらためまして、はじめまして、ミドリです。 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2000年代)
  3. 飾りじゃないのよ涙は / GO!GO!7188 (虎の穴2 収録)

きれいなだけならいいけど ちょっと悲しすぎるのよ涙は♪

 2002年の第1弾に続いて発表されたGO!GO!7188によるカヴァーアルバム『虎の穴2』収録。原曲はいわずと知れた中森明菜の名曲(作詞・作曲は井上陽水

 このカヴァーを初めて聴いたときは笑った!もうモロにイントロからKISSの"Detroit Rock City"なんだもん。しかも歌とその音がズッパマリなのがすごい。ヴォーカルを取るのはVo.&Gt.のユウじゃなくて、Ba.&Vo.のアッコで、アッコのちょっと低い声も曲にあってていいです。

 『虎の穴2』全収録曲はこちら。
1. 渚のシンドバッド(ピンク・レディー)
2. ジェニーはご機嫌ななめ(ジューシィ・フルーツ)
3. 飾りじゃないのよ涙は(中森 明菜)
4. アタックNo.1(大杉久美子)
5. 恋の季節(ピンキーとキラーズ)
6. ギンギラギンにさりげなく(近藤真彦)
7. スパイダー(スピッツ)


 歌謡曲的なメロディをロックで鳴らす彼らにぴったりな曲ばかりですね。ターキーの歌うマッチの"ギンギラギンにさりげなく"もなかなか。そして、"飾りじゃないのよ涙は"と同じくらい聴いたとたん笑ったのは、スピッツの"スパイダー"のカヴァー。これ、ギターがまんまThe La'sの"There She Goes"なんだもん。SPITZとラーズを組み合わせるっていうありそうでなかったアイディアに脱帽です。後、ちょっと分かりにくいけど、"恋の季節"はJIMI HENDRIXの"PURPLE HAZE"かな。

 今度の日曜6月22日には、豪華ゲストと全国を巡る『GO!GO!7188 2マンTour 徹子のHair』ツアーの締めくくりとして『徹子のHairファイナル公演』が、その前日の土曜6月21日にはワンマンライヴ『六・二一事件』を日比谷野外音楽堂で行います。

 2003年の台風直撃の嵐の『九・二一事件』野音公演に行ったのが懐かしい思い出です。今回の『六・二一事件』には参加しませんが、『徹子のHairファイナル公演』には行くので楽しみです。

 ちなみに、他の出演者は、The Back Hornミドリフラワーカンパニーズ凛として時雨となっています。

【サイト内関連記事】
青い亀裂 / GO!GO!7188 (竜舌蘭 収録)
考え事 / GO!GO!7188 (竜舌蘭 収録)
バイオレットの空 / GO!GO!7188 (竜舌蘭 収録)
月と甲羅 / GO!GO!7188 (鬣 収録)
近距離恋愛 / GO!GO!7188 (パレード 収録)
真夏のダンスホール / GO!GO!7188 (真夏のダンスホール 収録)
GO!GO!7188@六本木ヒルズアリーナ(TOKYO M.A.P.S)
【同じカテゴリの最新記事】


●オリジナル(中森 明菜)


●Detroit Rock City / Kiss



●There She Goes / The La's
カテゴリ : 邦楽 (2000年代) ・ comments(0)  
2008年06月17日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails