<< Burning Fence / Asian Dub Foundation (Punkara 収録) home 奥田民生愛のテーマ / 奥田民生 (29 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (〜2008)
  3. Asian Dub Foundation@新木場STUDIO COAST (guest:THA BLUE HERB) 感想&セットリスト

今日はASIAN DUB FOUNDATIONエイジアン・ダブ・ファンデーション)の来日公演最終日の新木場のSTUDIO COASTに行ってきました!

セットリストは最下部に。

まずは今回の来日ツアーのゲスト、Tha Blue Herb
日本語HIP HOP。

'00のフジロックで、一緒に行った人と、「ブルー・ハーブ?ブルー・ハーツじゃねえの(笑)」とか言いながらチラ見して以来。
確かそのときはWhite Stageだったんだけど、その日のホワイトのトリはADFだったような・・・

で、初めてガッツリ見たけど、カッコよかった♪
一つ一つの言葉がガツンと響く感じ。
リリックをその場のノリや状況によって変えていけるのは、やはりヒップ・ホップならではの強みでしょう。

一部、ウザいファンがいたのが気になった。
あんなに素晴らしいメッセージを発してるのに、きちんとそのメッセージを受け止められない人がファンを気取ってるのが残念でなりませんでした。


そんなTha Blue Herbの後は、ついにエイジアン・ダブ・ファウンデイション
3年前に来日したときは、たしか今の会社の入社試験を受けたその足でShibuya-AXに見に行ったんだよなぁ。
懐かしい。。

今回のメンバーは
・チャンドラソニック:Steve Chandra Savale (aka Chandrasonic)  - ギター・・・バンドリーダー
・サンJ: - プログラミング
・プリトパル・ラジプット:Prithpal Rajput (aka Cyber) - ドール、ドラム
・アクターベイター:Aktarv8r - ボーカル、MC
・アル ラムジェン:Al Rumjen - ボーカル、MC
・マーティン:Martin Savale(aka Babu Stormz) - ベース
の6人。

ブルー・ハーブ終了後10分くらい経った頃に暗転し、最新作『PUNKARA』の“Bride Of Punkara”に乗ってサンJが登場しターンテーブルを回し、しばらくしてメンバー全員登場。

ほぼ最前列の上手側(現リーダーのチャンドラソニック側)にいたからか、もう初っ端から盛り上がりが半端なかった。
前半のうちに一度ステージから客の方に降りたりするし。

で、セットリストのほうも最新作中心かなと思っていたら"Rise To The Challenge"と"Take Back The Power"と『Enemy of the Enemy』と『TANK』の曲を連続でやって盛り上げてから最新作モードに持ってくるとこもなかなか。

ちょっとヴォーカルパートの音量が小さくて聞き取りにくかったけど、このグルーヴがあればそんなに気にならなかったかな。

その後は『PUNKARA』の曲を中心にエネルギッシュでアグレッシブなライブを。

先攻シングルとなった"Burining Fence"ももちろん盛り上がったし、インストナンバー"S.O.C.A."もロックでカッコイイし、『TANK』の"Flyover"もダイヴが続出するほど盛り上がった。

しかし、個人的には、
Free Satpal Ram」と「Buzzin'
という、初代MCディーダー時代の名曲が聴けたのが最高でした。
もう感無量!!!
もしディーダー出てきたら泣いてたかも・・・

ディーダー脱退から7年。まさかライブで聴ける日が来るとは。
約10年前に初めて"Buzzin'"のPVをMTVで見たときの衝撃ったらなかったね。

"Buzzin'"の歌詞にある"Chandrasonic you're mad"ってとこでチャンドラソニックがギター弾きながら狂ったようにおどける姿とか超よかった!

そしてもちろん、今日の最大の沸点を記録したのはアンセム「Fortress Europe」。

しかも、今日はMCのアクターベイターの誕生日らしく、特別な感じで。

"Fortress Europe"で盛り上がった後は、メンバーが下がり、アンコールの声&足踏みがなり続け、メンバーが三度登場。

最後は最新作『PUNKARA』からSTOOGESのカヴァー"NO FUN"。
もちろん、イギー・ポップは出ては来なかったけど、今日はもうそんなこと些細なことです。


とにかく、今日は楽しすぎた。
そして、汗かきすぎた。

Tシャツが1着軽くダメになりました。
家帰って、靴を脱ごうとしたら脚攣りました。


ロック筋を鍛えねば・・・

MCでも言ってたようにフジロックでの来日も決まってます。
「フジロックで来日して10年目だ!」と彼らも言ってたし、きっと素晴らしいステージを見せてくれることでしょう。


以下、セットリスト。

2008.06.01 Asian Dub Foundation@新木場STUDIO COAST Setlist

01. Bride Of Punkara (登場SE) (p)
02. Rise To The Challenge
03. Take Back The Power
04. Living Under The Rader (Ghostplane) (p)
05. Target Practice (p)
06. Riddim I Like
07. Ease Up Caesar (p)
08. Burining Fence (p)
09. S.O.C.A. (p)
10. Flyover
11. Superpower (p)
12. Ta Deem
13. Awake / Asleep (p)
14. Free Satpal Ram
15. Oil
---encore1---
16. Buzzin'
17. Fortress Europe
---encore2---
18. No Fun (p)

ライブ終了後に客席に投げ込まれたセットリストの紙をゲットしました♪




【サイト内関連記事】
BUZZIN' / ASIAN DUB FOUNDATION (RAFI'S REVENGE 収録)
FLYOVER / ASIAN DUB FOUNDATION (TANK 収録)
FREE SATPAL RAM / ASIAN DUB FOUNDATION (RAFI'S REVENGE 収録)
TANK / ASIAN DUB FOUNDATION (TANK 収録)
ASIAN DUB FOUNDATION@SHIBUYA-AX (Opening Act:African Head Charge)
BURNING FENCE / ASIAN DUB FOUNDATION (PUNKARA 収録)
Asian Dub Foundation@Shibuya O-EAST (Special Guest:THE QEMISTS) 感想&セットリスト

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (〜2008) ・ comments(0)  
2008年06月01日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails