<< FLEET present's EXVISION vol.1@渋谷O-nest(FLEET、miaou、Keishiro iwatani Band) home 雨曝しなら濡れるがいいさ / eastern youth (雲射抜ケ声 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2000年代)
  3. Tired / Adele (19 収録)

I'm tired of trying your teasing aint enough♪

 イギリス・メディアに「トラフィック・ストッパー」(立ち止まらずにいられない声)と評されるロンドン出身の19歳Adele(アデル・アドキンス)の全英1位を獲得したデビュー作『19』収録曲。

 しっとりとしたミドルテンポの曲が多いデビュー作ですが、この"Tired"は比較的アップテンポな曲。後半に入ってくるストリングスがドラマチック。軽快なリズムにのって軽快に歌われるのは、やはりこのアルバム全体を通して歌われる"失恋"に関する歌詞。しかも、そのすべての体験は彼女が体験した1人の男性に対する恋愛について。アデル曰く『今までもこれからも、自分の知ってる人の中で、あそこまで私の心をかき乱すようなことをする人が出て来るとは思えない』とのこと。

 アルバムからの次のシングルは"Cold Shoulder"に決定。こちらもアップテンポでリズミカルな曲です。そして、ついにアメリカ上陸決定。アメリカでは先ごろあの名プロデューサー、リック・ルービンが取締役に就任したコロンビアとの契約が決定。しかもリック・ルービン直々のオファーだったらしい。アメリカでもブレイク間違いなしか!?

 そしてそして、ついに初来日が決定。今年初頭にあったジャック・ペニャーテの来日ライブのオープニングアクトが決定してたのが中止になりお預けになってましたが、SUMMER SONIC 08で来日します。サマソニではビーチステージで予定されているようです。海でアデルってなんか想像できないけど、楽しみですね。



【サイト内関連記事】
Chasing Pavements / Adele (19 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
・Adele - Tired
カテゴリ : UK Rock (2000年代) ・ comments(0)  
2008年05月26日(月)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails