<< Hamburger Lady / THROBBING GRISTLE (D.o.A THE THIRD AND FINAL REPORT OF 収録) home The Age Of The Understatement / The Last Shadow Puppets (The Age Of The Understatement 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2000年代)
  3. パラレル / 安藤裕子 (パラレル 収録)

悲しみが隙を見て 顔をのぞく日もある 喜びも気がつけば いつも隣にいたよ
君が好き♪


 安藤裕子、前作"海原の月"から約5ヶ月ぶりとなった2008年最初のリリース曲。映画『自虐の詩』の主題歌にもなった"海原の月"では彼女の持ち味であるしっとりとしたバラードだったけど、今回のシングル"パラレル"は彼女のシングル曲では最速となるBPMという疾走感のあるナンバーになってます。

 ピアノを主体とし、軽快なのに重いドラムのリズムと、ストリングスが絡みあいながら疾走しながら舞い上がっていく感じがします。真っ白な部屋で背後にドラムだけを配して安藤裕子ねえやんが自由奔放に歌いまくるPVも良いです。(動きが若干怪しいですが・・・、ちょっとBRAHMANのtoshi-lowっぽい・・・)

 この曲のカップリングは、"元祖アンニュイの女王"とも言われる早瀬優香子の"セシルはセシル"。正に80sのCity Popsみたいな仕上がりになってます。

 2008年は5月21日に4枚目となるアルバム『Chronicle』(クロニクル)もリリースされます。
【同じカテゴリの最新記事】
http://jp.youtube.com/watch?v=d_k27JLzwqg

カテゴリ : 邦楽 (2000年代) ・ comments(0)  
2008年04月26日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails