<< ROOT DOWN (AND GET IT) / JIMMY SMITH (JIMMY SMITH LIVE! 収録) home ズーディザイア / 電気グルーヴ (J-POP 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. Hip Hop / R&B / Soul
  3. Amerykahn Promise / Erykah Badu (New Amerykah, part 1: 4th World War 収録)

Promise I'll love you till the day I die♪

 ネオ・ソウルの旗手ERYKAH BADUのデビュー10周年、前作『Worldwide Underground』からは4年ぶり、通算4枚目として彼女の誕生日2月26日にリリースされた最新作『New Amerykah, part 1』(『ニュー・アメリカ パート・ワン(第4次世界大戦) 』)の1曲目。この曲のプロデュースはRoy Ayers(HIP HOPではしばしばサンプリングネタとして使われるヴィブラフォン奏者)

 "more action, more excitement, more everything"という低音ナレーションの後一気に雪崩れ込むように始まるファンキーなサウンド。往年のSLY & THE FAMILY STONEか!って突っ込みたくなるほどの激ファンクサウンド。ホーンもギターも、もちろんエリカ・バドゥの歌も最高!そこで歌われるのは自分のBABY(赤ちゃん?彼氏?)への愛。『無償の愛』ってとこでしょうか。

 このアルバムは各楽曲の後半にインタールード的な部分があったりとかアルバムを通して聴いて楽しめるような作りになってる気がします。このファンキーな1曲目から、どこか静謐でアフリカン・チャントのような2曲目"the Healer"に続くとことかもいいですね。ファンキーな曲とクラシックソウル的な曲の配置のバランスもいいですね。先述のロイ・エアーズをはじめ、Madlib・Shafiq Husayn・Karriem Riggins・Taz Arnold ・Om’Mas Keith・James Poyser・Questloveと楽曲ごとにプロデューサーが違うけど、1つの作品としてまとまってるし。

 ちなみにタイトル『New Amerykah, part 1』もわかるように、パート2のほうもあるそうです。また4th World War(第4次世界大戦)をみて3次は?と思うかもしれないけど、3次はエリカにとって2001年の『9・11』同時多発テロをさしているそうです。

 アルバムからの先行シングルとなった9th Wonder(ナインス・ワンダー)プロデュースの"HONEY"もボーナス・トラックとして収録(ボートラだから、前曲の後少しブレイクがありますね)。この曲のビデオは様々なアルバムのジャケットをパロったものがたくさん出てくるのですが、そこに出てくる元ネタを最後に紹介。
Rufus / Chaka Khan『Featuring Chaka Khan』(裏ジャケ)
Diana Ross『Blue』
Funkadelic『Maggot Brain』
Eric B. & Rakim『Paid In Full』
Ohio Players『Honey』
Minnie Riperton『Perfect Angel』
Labelle『Chameleon』
De La Soul『3 Feet High and Rising』
Beatles『Let It Be』
Nas『Illmatic』
Olivia Newton John『Physical』
Grace Jones『Nightclubbing』
Outkast「Hey Ya」(Video)
Earth Wind & Fire 『Head to the Sky』
Rolling Stone(John Lennon/Yoko Ono)(雑誌)




【サイト内関連記事】
You Got Me feat. Erykah Badu / THE ROOTS (things fall apart 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
・Amerykahn Promise


・Honey
カテゴリ : Hip Hop / R&B / Soul ・ comments(0)  
2008年04月18日(金)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails