<< モノノケダンス / 電気グルーヴ (モノノケダンス 収録) home THE ARCADE FIRE@新木場STUDIO COAST 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (〜2008)
  3. RAGE AGAINST THE MACHINE@幕張メッセ展示場ホール 感想&セットリスト

 再結成Rage Against The Machineレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)の来日公演の東京2日目@幕張メッセに行って来ました。(一番下にセットリスト有)

 幕張メッセに着くともう人がいっぱい。外国人率高!!野郎率も高いので背が余り高くない私(170cm)はちょい不安。(女の人はもっと見えないだろうなぁ・・・)

 開演時間18:30になっても始まる気配なし。BGMが1曲終わるごとに会場は沸くがいっこうに出てくる気配なし。ま、私は昨日の初日も押したことをネットで知ってたので、どうせ19時にしか始まんないだろうと高をくくって、流れるBeastie BoysN.W.A.Sugarhill Gangを聴きながら心の準備を。

 で、19時。ホントに予想通り客電が落ちメンバー登場!!最初の1音がなった瞬間から会場はモッシュの嵐、嵐、アラシ!!

 始まったはいいけど、やはり幕張の音は悪いし、モッシュはすごいし、一瞬何の曲かわからんかったけど、な、なんと1曲目から"Guerrila Radio"。ヤバイ、これ反則でしょう!!もちろん私もジャンプジャンプ、モッシュモッシュ、そして"Lights out!! Guerilla Radio!!!"と合唱。

 嵐の1曲目から"People Of The Sun"へ。トム・モレロのギターはやっぱりすごい。何でこんな音になるの!?って感じ。

 そして、お次は私の最も好きな曲の1つ"Bombtrack"。10年以上前に私が高校生の頃にレイジを初めて買って聞いたのが1stの『Rage Against The Machine』で、その中でも1曲目を飾るこの曲がとりわけ好きでした。イントロのギターのアルペジオ、そしてリフ、マジ最高!もちろん"Hardline, hardline, after hardline"と"Burn, burn, yes ya gonna burn!"は合唱です。

 もう最初の3曲だけで今日来て良かった!!と思いつつも、Bブロックのそこそこ前方にいたにもかかわらずメンバーがほとんど見えない上に、モッシュもきつい状況をなんとかしないと、と。で、ここで下がったらダメだと思い、モッシュにもまれつつ更に前方へ。
するとBブロックほぼ中央の前から2人目までするする行けた。すると、前方は開けてメンバー良く見えるし、空気もいっぱいあってサイコー!!というわけで以降、思う存分堪能。

 「ザック、アフロよりドレッドの方がかっこよかったなぁ」とか思いつつ、彼のラップに打ち抜かれ、「トム、帽子熱くないのかなぁ」とか思いつつ、1リフ1リフに痺れながら以降モッシュ、モッシュ。

 "Bullet In Your Head"で軽く休みつつ(もちろん合唱ポイントはちゃんと押さえつつ)、"Bombtrack"並に大好きな"Know Your Enemy"にヤラレ(最後の"All of which are American dream"の絶唱には泣きそうになりました)、"Sleep Now In Fire"の殺人的なリフと変態的なギタープレイに酔いしれ、本編最後は"War Within A Breath"で締め。

 この時点で大体1時間くらいか。短い。ほんとあっという間。

 もちろんアンコールもありました。アンコールは2曲。2曲とも1stから。まずは1曲目、"Freedom"。やはりこの曲の肝は、一瞬のブレイクの後にやってくるリフの嵐。そして、最後の"フリーダム"の絶叫。もう最高。

 いよいよ最後。"Killing In The Name"。政治的なバンドであるレイジの(解散の原因がメンバー間の政治思想の相違だったよね、たしか)、その歌詞の中でも特に過激な歌詞を持つ曲。

 1stをお持ちの方はわかると思うけど、この曲は歌詞カードに歌詞が記載されていません。日本盤の対訳には"インストゥルメンタル"とかかれる始末(なんとかしろよ、S○NY)そして、再結成ライブの一番最後に持ってくるって辺り(確か日本公演は全てこの曲が最後。他の国は知りません。)がこの曲の重要さを物語ってるね。

 とまぁそんなことを思いつつも、この圧倒的なサウンドと歌(ラップ)の前では我を忘れて。"Now you do what they told ya"と最後の"Fuck you, I won't do what you tell me"を合唱して、最後は完全燃焼。

 ステージ中央で、ザック・デ・ラ・ロッチャ、トム・モレロ、ブラッド・ウィルク、ティムの4人が肩を組み挨拶して帰っていきました。

 アンコールも含めて約75分。普通に考えて短い。でも満足。体力的にも限界。欲を言えば、『Renegades』からも聴きたかったなぁとか思うけど(他の日には"Renegades of Funk"やったみたいね)

 やはりこの4人が揃うと破壊力っていうかなんていうかもうヤバイね(語彙力なくてすみません)
 日本公演の後は何も予定が決まってないし、新作の予定もないって言ってるらしいけど、こんなライブを見せ付けといて、それはもったいない。

 ぜひ、新作を!!そして、もう一度来日お願いします!

以下、セットリスト。

2008.02.10 Rage Against The Machine@幕張メッセ Setlist

01. Guerrila Radio
02. People Of The Sun
03. Bombtrack
04. Testify
05. Vietnow
06. Bullet In Your Head
07. Down Rodeo
08. Bulls On Parade
09. Tire Me
10. Know Your Enemy
11. Sleep Now In Fire
12. War Within A Breath
----encore-----
13. Freedom
14. Killing In The Name

【サイト内関連記事】
GUERRILLA RADIO / RAGE AGAINST THE MACHINE (THE BATTLE OF LOS ANGELES 収録)
BOMBTRACK / RAGE AGAINST THE MACHINE (RAGE AGAINST THE MACHINE 収録)
Unfuck The World / Prophets Of Rage (Prophets Of Rage 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (〜2008) ・ comments(0)  
2008年02月10日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails