<< 今週の気になる音楽ニュース(08/02/08) home RAGE AGAINST THE MACHINE@幕張メッセ展示場ホール 感想&セットリスト >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2000年代)
  3. モノノケダンス / 電気グルーヴ (モノノケダンス 収録)

暗い闇の中 物の怪がダンス 暗闇の奥で 物の怪のダンス♪ 

 石野卓球ピエール瀧からなるテクノ・ユニット、電気グルーヴが8年ぶりの新曲となった"少年ヤング"についで、2月14日にリリースする新曲"モノノケダンス"。PVのエンディングが衝撃的(笑)。曲後半のバックトラックのメロディがすごいかっこよくてツボです。ふざけてるようで、ちゃんと作ってるとこがさすがです。

 この曲は、フジテレビ系列の深夜アニメ枠『ノイタミナ』他で放送されている『墓場鬼太郎』(原作・水木しげる)のオープニングテーマになっています。ピエール瀧自身も、劇中にトランプ重井という役の声優として登場します。この曲のカップリングには、そのトランプ重井が歌い上げる昭和歌謡“有楽町で溶けましょう”が収録されています。CDのジャケットは水木しげるによる書き下ろし。

 ちなみに『墓場鬼太郎』のエンディングテーマは、しょこたんこと中川翔子による"snow tears"。(同じく"君にメロロン"は挿入歌)。ピエール同様に、劇中に寝子(ねこ娘)として登場。

 一応『墓場鬼太郎』の説明。少年誌で『ゲゲゲの鬼太郎』として連載される前の貸本版の『墓場鬼太郎』を原作とし、内容・キャラクターデザイン共に当時のものを踏襲した怪奇漫画。『ゲゲゲの鬼太郎』のイメージで見ると、そのダークな世界観に衝撃を受けます。

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 邦楽 (2000年代) ・ comments(0)  
2008年02月09日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails