<< Syrup16gのチケット取ったどー! home I F A SURFER / MASS OF THE FERMENTING DREGS (MASS OF THE FERMENTING DREGS 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2000年代)
  3. 歌うたいのバラッド / Bank Band (沿志奏逢 2 収録)

 本当のことは歌の中にある いつもなら照れくさくて言えないことも♪

 プロデューサーの小林武史Mr.Children桜井和寿櫻井和寿)を中心に結成されたバンド、BANK BANDの2ndアルバム『沿志奏逢 2』収録曲。このアルバムのほとんどを占めるカヴァー曲の中の1つで、この曲は斉藤和義97年リリースの15thシングルとなった屈指の名曲(オリジナルは『Because』収録)のカヴァー。先日放送されたテレビ朝日のミュージックステーションでご覧になった方も多いのではないでしょうか。

 原曲のシンプルなアコギサウンドからストリングスがかぶさってくるドラマチックな手法を基本的には踏襲しつつもさらに音に厚みを加えたようなアレンジになってますね。桜井が歌うとミスチルの新曲って言われても信じてしまいそうですが・・・

 正直、原曲が大好きでかなり聞き込んでるので、桜井節な歌い方にちょっと違和感がなくはないですが・・・。ぜひ、オリジナルも聴いてください。このカヴァーが斉藤和義を聴く入り口になってくれるといいなと思います。

 以下、収録曲。

01. 何の変哲もないLove Song (KAN)
02. ひとつだけ (矢野顕子)
03. 昨日のNo, 明日のYes (GAKU-MC)
04. to U (Bank Band with Salyu)
05. スローバラード (RC サクセション)
06. 遠い叫び (仲井戸麗市)
07. 休みの日 (JUN SKY WALKER(S))
08. イロトリドリノセカイ (JUDY AND MARY)
09. 煙突のある街 (真島昌利)
10. はるまついぶき
11. MR.LONELY (玉置浩二)
12. evergreen (MY LITTLE LOVER)
13. 歌うたいのバラッド (斉藤和義)
14. よく来たね

()内は原曲のアーティスト

・K's今日の1曲内関連記事
彼女 / 斉藤和義 (Golden Delicious 収録)



【同じカテゴリの最新記事】


・斉藤和義(原曲)

カテゴリ : 邦楽 (2000年代) ・ comments(0)  
2008年01月27日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails