<< WEAR RED SHOES Vol.4@SHIBUYA O-EAST (FRICTION、THE BAWDIES、鮎川誠&シーナ、奥田民生 他) home Suburban Knights / HARD-Fi (Once Upon a Time in the West 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (〜2008)
  3. FACTORY 1020@湾岸スタジオ(PUFFY、TRICERATOPS、シュノーケル、DOES)

今日はフジテレビの深夜のライブ音楽番組FACTORYの収録観覧に行ってきた。
場所は新しく出来たばかりのフジテレビの湾岸スタジオにて。

出演はMC:谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)
PUFFY, TRICERATOPS, シュノーケル, DOES

いつもはパフィの由美がMCを務めてるんだけど、今回はライブ側で出演。
でも、最初はスカパラの谷中さんと一緒に登場してバンドを呼び込み。


まず1組目はDOES(ドーズって読みます)
ライブみるのはお初。
名前は最近よく聴いてたけど、まともに音楽を聴くのも初でした。
が、曲を知らないことが全然気にならず、素直に楽しめた。
若干地味目なのはご愛嬌ですが・・・


2番手はシュノーケル
1曲目は"solar wind"から。
メンバーのMCがあって「今日はニューアルバム『EQ』から中心にやります」とのこと。
すでにベースの人のメガネがどっか飛んでってなくなってたし。。。
相変わらずMCも含め飄々としてて好きです。
最後は1stから"波風サテライト"をやり、盛り上がって終了。
もっと1stの曲も聴きたかったかな。

谷中さんの、「すごくさわやかでポップだよね」と言というシュノーケルを評したMCをはさんで3組目。


トライセラトップス
1曲目からいきなり"ロケットに乗って"からスタート。
実はトライセラは好きでイベント等で何度もライブは観てるんだけど、単独は未だ観たことがない。
なので、イベントのときしか知らないけど、必ず代表曲を惜しみなくやってくれるところがいいといつも思います。
潔いし、皆に楽しんでもらいたいという気持ちが伝わってくるし。

今日も「皆を踊らせたい」とか「Factoryに久々に呼んでもらってすごく嬉しかった」っていうMCどおりに、2曲目以降も"FEVER"(この曲めっちゃ好き)、"僕らの一歩"、"Warp"、"Going To The Moon"とグイグイと飛ばして、
最後は"トランスフォーマー"でシメ。
"トランスフォーマー"初めて聴いたけどカッコイイね。


そしてトリはPUFFY
1曲目は"Boom Boom Beat"。
モード学園のCMの曲ね。
結構年齢はいってるはずなのに相変わらずかわいらしい2人に注目しつつも、今回どうしても目を奪われてしまったのがドラムです。
ドラムがこれまでのPuffyのバンマスを努めていた古田たかしから、元UNICORNで元Vanilla、現ジェット機の川西ジェット(川西幸一)に変わってたから。

そういや、この日のセットチェンジの合間にずっと今度発売される『ユニコーン・トリビュート』の楽曲が流れてました。
今日の出演者であるトライセラトップスシュノーケル、もちろんパフィ、そしてそれ以外にも吉井和哉スカパラなどのカヴァーが流れた。
で、Puffyのライブではドラムが西川さんでしょ。
もうユニコーン好きの自分にとっては最高の組み合わせ♪

そんな川西さんのドラムに導かれ、パンキッシュな演奏を。
新作『honeycreeper』からの曲を中心に"渚にまつわるエトセトラ"とか懐かしい曲もやってくれた。
そして、何より個人的に盛り上がったのが"働く男"のカヴァー。
そりゃドラムが本物ですもの!
ユニコーンを生で見れなかったユニコーンファンとしては感涙物でした。

"ジェット警察"で本編を閉めて(ジェット警察ってどう聞いてもThe Whoの"Won't Get Fooled Again"のパク・・・いやトリビュートだよね・・・さすが民生!!)、アンコールで待ってましたとばかりに"アジアの純真"をやってライブ終了。

曲間のMCも普段のFactoryではありえないくらい長く、ゆる〜い感じでパフィらしさ満開でした。

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (〜2008) ・ comments(0)  
2007年10月20日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails