<< 遺言 / 奥田民生 (股旅 収録) home REACTOR PARTY / SHITDISCO (Kingdom Of Fear 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. British Rock
  3. KASHMIR / LED ZEPPELIN (PHYSICAL GRAFFITI 収録)

Oh, father of the four winds, fill my sails, across the sea of years
With no provision but an open face, along the straits of fear♪


 レッド・ツェッペリン、'75年発表の6作目。2枚組の大作となった今作のなかでも群を抜く完成度と知名度を誇る名曲。8分を超えるこの曲は、ベースのジョン・ポール・ジョーンズによる中近東風のストリングスアレンジが印象的。

 そしてなんと言ってもジミー・ペイジのギターリフと、圧倒的なジョン・ボーナムのドラム。そこにロバート・プラントの歳をとって、タダ高いだけではなく凄みの増したハイトーンボイスで歌われる神話的な歌詞。ただのハードロックとも違うし、彼らの得意としたブルースでもフォークでもない、正にツェッペリン以外の何者でもない音を作りあえげた一つの到達点のような曲だと思います。

 そういやPuff Daddyによるカヴァー"Come with Me"なんてものもありましたね。ベタなアレンジでカヴァーしてたけど、意外と好きでした。

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : British Rock ・ comments(0)  
2007年08月06日(月)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails