<< Grace Kelly / Mika (Life in Cartoon Motion 収録) home 真夏のダンスホール / GO!GO!7188 (569 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (1990年代以前)
  3. 光について / Grapevine (Lifetime 収録)

何もかも全て受け止められるなら
何を見ていられた?
誰もがうかれて理解りあったつもりなら
それだけでいられた
いつも♪


 今年で結成10年目を迎えたGrapevineグレイプバイン)の1999年発表の2ndアルバム『Lifetime』収録の代表曲"光について"。発表当時、TBS「新ウンナンの気分は上々。」に使われていたみたいですね。あまり記憶にないですが・・・

・GRAPEVINE - 光について


 イントロのスライドっぽいギターの音が印象的。Dr.亀井による作曲のこの曲、ミドルテンポですごくメロディアス。サビの部分のVo.田中の高音がすごく切なくて好きです。また、ジストニアのため脱退してしまったリーダーの西原誠のベースラインがミドルテンポの分、際立ってますね。ほんと脱退が惜しまれます。詩的な田中の歌詞も注目。

 この頃プチブレイクって感じでヒットしましたが、結局大ブレイクはできませんでしたね。でも、今でも作る曲はどれもクオリティが高いし、ライブもかっちょいいです。今年のサマーソニックに出演が決まってるんだど、なんか洋楽メインのフェスに合わないと思いがちかもしれません。でも以前フジロックでも素晴らしいライブを見たことあるし、サマソニに来る洋楽ファンにこそ聴いてもらいたいバンドだと思います。

【サイト内関連記事】
その未来 / GRAPEVINE (déraciné 収録)
GRAPEVINE@Shibuya-AX「tour 2005 sweet home adabana」 感想&セットリスト
Grapevine@赤坂BLITZ 感想&セットリスト
長田進 presents bar MALPASO@品川ステラボール (guest:GRAPEVINE、奥田民生、KUMI&NAOKI (LOVE PSYCHEDELICO)、他)
真昼の子供たち / GRAPEVINE (真昼のストレンジランド 収録)


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 邦楽 (1990年代以前) ・ comments(0)  
2007年07月12日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails