<< Every Tongue Shall Tell / Horace Andy (Skylarking 収録) home 左の種 / downy (無題 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (1990年代以前)
  3. Why Does It Always Rain On Me / Travis (The Man Who 収録)

 Why does it always rain on me? Even when the sun is shining
 I cant avoid the lightning Oh, where did the blue skies go?
 And why is it raining so? It's so cold♪


 Travisトラヴィス)の2ndアルバムで大ヒットを記録した作品『The Man Who』(1999年5月24日リリース。全英1位・全米135位)収録曲"Why Does It Always Rain On Me"。UKシングルチャートで彼ら自身初のTOP10を記録した他、他国でもヒットしワールドワイドに人気のある曲。

・Travis - Why Does It Always Rain On Me? (Official Video)


 フラン・ヒーリーの澄んだ優しい歌声でこんな歌詞を歌われたらたまらないですね。何故いつも自分の上に雨が降ってくるんだと歌ってるわりには、だんだん晴れていくような感じのする不思議な曲です。

 ちなみにこの曲はフランが休暇を取ってイスラエルのエイラートという街に行った時にできたんだとか。彼の地元スコットランドのグラスゴーは雨の多いことで知られてるんだけど、気候の良いことで有名なエイラートにバケーションに行ったのに、そこでも雨に降られたんだとか。なんだかそのエピソードもほっこりしたものでいい感じですね。逆にトラヴィスが野外フェスに出ると、雨が降ることを期待しちゃいますね。

 プロデュースがナイジェル・ゴッドリッチだったからか、発表当時はレディオヘッドあたりと比べられてた気もするけど、どちらかというと、オアシスと今のコールドプレイあたりをつなぐ存在だったような気がします。ってまだ、終わったバンドではないんですけど・・・。


Travis -『The Man Who』収録曲リスト
1. "Writing to Reach You"
2. "The Fear"
3. "As You Are"
4. "Driftwood"
5. "The Last Laugh of the Laughter"
6. "Turn"
7. "Why Does It Always Rain on Me?"
8. "Luv"
9. "She's So Strange"
10. "Slide Show" (includes hidden track "Blue Flashing Light")
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
The Beautiful Occupation / TRAVIS (12 Memories 収録)
Writing to Reach You / Travis (The Man Who 収録)
Closer / Travis (The Boy With No Name 収録)
J. Smith / Travis (Ode to J. Smith 収録)
『Sunday Special』@Tokyo Dome City Hall (Travis、Ben Watt Band、John Grant、Lapsley) 感想&セットリスト

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : UK Rock (1990年代以前) ・ comments(0) K 
2006年12月09日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails