<< All is full of love / Bjork (Homogenic 収録) home Edge Of The World / Reach (Trichromatic 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (1990年代以前)
  3. Writing to Reach You / Travis (The Man Who 収録)

 Maybe then tomorrow will be Monday And whatever's in my head should go away
 Still the radio keeps playing all the usual And what's a wonderwall anyway♪


 oasisのノエル・ギャラガーがお気に入りと言っていたTravisトラヴィス)が大ヒットを放った2ndアルバム『The Man Who』(1999年5月24日リリース。全英1位・全米135位)の1曲目"Writing to Reach You"。UKシングルチャート14位。PVが意味不明なのはご愛嬌。なんか冬!!って感じがして好きです。

・Travis - Writing To Reach You (Official Video)


 聴いた瞬間、オアシスの"Wonderwall"じゃんって思った(ちなみにフラン自身もそこから取ったことを認めています))。歌詞にも出てくるし。でもワンダーウォールよりも透明感が上。リアムとの声質やアレンジの違いがあるから当たり前だけど、ワンダーウォールっぽくて透明感があって悪いはずがない。もう、反則です。

・Oasis - Wonderwall (Official Video)


 もう1つこの曲に影響を与えた曲はこちら。
・The Connells - '74-'75


 と、なんかオアシスとの比較ばかりになってしまったけど、似てるのはこの曲だけ。後は全然オリジナル。そもそもの目指すとこが違うような気もしますね。


Travis -『The Man Who』収録曲リスト
1. "Writing to Reach You"
2. "The Fear"
3. "As You Are"
4. "Driftwood"
5. "The Last Laugh of the Laughter"
6. "Turn"
7. "Why Does It Always Rain on Me?"
8. "Luv"
9. "She's So Strange"
10. "Slide Show" (includes hidden track "Blue Flashing Light")
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
The Beautiful Occupation / TRAVIS (12 Memories 収録)
Why Does It Always Rain On Me / Travis (The Man Who 収録)
Closer / Travis (The Boy With No Name 収録)
J. Smith / Travis (Ode to J. Smith 収録)
『Sunday Special』@Tokyo Dome City Hall (Travis、Ben Watt Band、John Grant、Lapsley) 感想&セットリスト

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : UK Rock (1990年代以前) ・ comments(0) K 
2006年12月03日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails