<< Sunrise / New Order (Low-life 収録) home SUMMER SONIC '06 2日目 >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (〜2008)
  3. SUMMER SONIC '06 1日目 #サマソニ

 フジロック、ロックインと続き、今年もSUMMER SONIC 2006サマソニ)@千葉に参加してきました。


 今年の東京公演は通し券・各1日券すべてが売り切れと言うことで人が多い。まず海浜幕張の駅について幕張メッセへ。チケットをリストバンドに引き換えるために。そこで大行列に遭遇。で、しばらく並んだ後やっとリストバンド交換完了。

 いよいよサマソニ開始!!とテンション上げて行きたいところですが、ここで苦言を。リストバンド交換所、明らかに人足りてない。混雑することくらい誰でも簡単に予想できるだろ。それと、リストバンドを客に渡して自分でつけさせればいいのに、わざわざスタッフが着けるのでそれも混雑の原因に。今時、そんなフェスないよ。どんだけ客を信用してないんだろ。後、タイムテーブルを渡すコンパニオンっぽい女の人達は必要ない。そんなとこに無駄に金使ってんじゃないよ。


 と、朝っぱらからイライラさせられつつやっとメッセ内へ。何から見ようかなぁって迷いつつも、ひとまず腹ごしらえということでタイラーメンを食す。それから、大学時代の友人と連絡が取れたのでMOUNTAIN STAGEへ。


 というわけで今年の1発目は65DAYSOFSTATICに決定。その友人曰く、「モグワイプロディジーを足して2で割った感じ」らしいので、期待して見る。なるほど、打ち込みをしたダンサブルなビートに爆音ギターって感じ。ドラムがちょっと単調すぎたのが今ひとつだったかな。ポストロックというよりもインダストリアルっぽいかも。


 ライブ終了後、友人の知り合いの人達とちょっと話をしたりしつつ、お笑いをやってるステージへ。ちょうど着いたときにポイズンガールズバンドが漫才中。で、終わって司会のイジリー岡田の紹介で猫ひろし登場。お決まりの先の読めるようで読めないギャグを連発。もうすっかり夏フェスの常連って感じですね。


 猫を見た後は友人とわかれSONIC STAGEへ。EL PRES!DENTEを。もっとファンキーな演奏を期待してたのに案外もっさりした演奏だなぁと思ってたとこに"Without You"。グルーヴがあってかっこいいなぁと思ったら、その後に演奏した曲も全部それまでより良かった気がします。日本語のMCしまくりで、客に笑われたときに「ナンデ、ワタシガシャベルト、ワラウンデスカ?」みたいなお茶目なことも言ってました。


 それから猫ひろしに続き、ワハハ本舗組の梅垣義明をちょっと見て、先ほどとは別の友人と合流し、マウンテンへPHOENIXを見に行く。まともに聴いたことがなくて勝手なイメージを持ってたんだけど、意外と普通のロックバンドでした。1曲「おっ!」って思う曲はあったけど。


 そんなフェニックスを途中で抜けソニックのTHE CARDIGANSへ。会場に着くとギュィ〜ンというギターの音が。カーディガンズってこんなバンドだったっけ?と思ったけど、歌が始まるとやっぱりあのカーディガンズでした。意外とロックな演奏するんだね。"Lovefool"が聴けたので満足かな。


 カーディガンズの途中で抜けマウンテンへ。と、その前に軽く腹ごしらえをしてTHE RAPTUREに臨む。3年前だったかのサマソニで一度ライブ見ててアルバムも良かったので期待してたんだけど、個人的にはイマイチだったかも。大好きな"House Of Jealous Lovers"もCDの方がカッコイイ気がするし。なんか肩透かし。期待が大きすぎたかな。

 
 ラプチャー終演後、寝ている友人を起こし、なんとなくマリンでも行こうかなと思いつつ外の連絡バス乗り場へ。が、列が長いのと天気が悪いのもあって断念。ということで、再びメッセへ逆戻り。するとロビーのとこで甘い香りが・・・。誘惑に負けカラメルのついたポップコーンを食べて一休み。


 あまり休んでいてもしょうがないのでソニックへ。朝別れた友人とその仲間たちと軽く合流しくるりを見る。なぜだかモルダウにのってメンバー登場。「京都出身のくるりです」といういまさらながらのMCもありつつ、2曲目にして"東京"を。くるりの中で、個人的に一番好きな曲。やっぱくるりは初期が好きです。さらに"ロックンロール"と立て続けに盛り上がったので、満足して次の曲の途中で1人移動開始。会場から出た後に"ばらの花"が始まったときは失敗したと思ったけど・・・。後からセットリストを見たら、フェス仕様なのか今回は豪華なセットリストみたいだったようです。


 くるりを途中で抜け、マリンでDEFTONESでも見ようかなと思いバスに乗る。さっきラプチャーを見ているときに、さらに別の友人から「サマソニきてるんだけど、タイミングが合えば会いましょ」って電話があったので、せっかくだからというわけで連絡とって合流することに。その友人とその仲間たちがPUFFY AMIYUMIを見るというのでISLAND STAGEへ。

 実は先ほど、カーディガンズ辺りの時間帯に雷雨があり、今年から外に移動したアイランドでは一時中断があってタイムテーブルに遅れが出てるとのこと。というわけで、ちょっとだけパフィ見れるかなと思ったのに、フルで見れました。しかも、開始直前に行ったのに前に行く友人についてってそこそこ前で。

 んで、パフィ。ライブ見るのは7,8年ぶりか。日本での人気は落ちたのは否めないし、曲はちょっとアメリカ仕様のが増えたのはしょうがないけど、やっぱ盛り上がるわ。ドラムの古田たかしも見れたし。民生の飛び入りとかあればいいなぁって期待はかなわなかったけど、ラストの"アジアの純真"はやっぱり変だけど名曲でした。


 パフィを見たので結局デフトーンズは見れず。次のトリまでも時間があったので、なんとなくビーチ行きたくない?って話になってBEACH STAGEへ。初めてきたけど、なかなか良い所ですね。ゆったりしてるし。人工の雪(氷?)も降ってるし。たまたま演奏中だったDEVENDRA BANHARTもゆるい空気を出してたしね。


 さぁいよいよ、ここからがヤマ。今年のサマーソニックは出演者全体を見るとかなり豪華だけど、後半の方で見たいのが同じ時間にかぶりまくり。というわけで、効率よく見れるだけ見ようと。ビーチで友人と別れまずはマリンへ。


 何気に今年初のMARINE STAGE。一応メインステージなんだけどね。。。てなわけで、初日トリのMETALLICAです。予定時刻よりも20分押しでライブ開始。音が重い。今時のヘヴィ・ロックバンドとはやはり何かが違う。客のノリも何かが違う(笑)。そんなに聞き込んでるわけではないけど知ってる曲多かったし。ブラックアルバム(通称)からもやってくれたのはうれしかった。

 んで、もうちょい前の方で見ようとおもい前方ゾーンに行こうとしたら、スタッフがクソで前にいけず。「ほんと運営者どうにかしろよ」と声を大にして言いたい。

 と、不満がありつつもライブは良かった。今年は名作「Master Of Puppets」(邦題:メタルマスター)から20周年ということもあり、そこから全曲演奏するという演出も。がしかし、さっきも書いたように見たいのが被りまくり。マスター〜の1曲目"Battery"でテンション上がるも泣く泣く次の"Master Of Puppets"の途中で移動。あー最後まで見たかった。。


 なぜにメタリカを途中であきらめたかというと、ビーチにて奥田民生を見るため。何度も見てるからいいだろうとは思いつつも、やっぱ見ておかないとと言うことで。ビーチで見る機会なんてめったにないもんね。後、何気に今のバンドメンバーになってライブ見たことなかったし。

 若干の押しもありつつ、ステージMCのブライアン・バートンルイスの呼び込みにてOT登場。「メタリカが見たい」というとぼけたMCの後に、1曲目はツェッペリンのカヴァーで"Black Dog"。次の"快楽ギター"は前々からツェッペリンぽいと思ってたら、やっぱり確信犯か。そして、いきなり「イージュ☆ライダー」。もう言うことなし。


 と、やっぱり民生は最高だ!と思いつつも、ほかにも見たいステージが。ということで、大好きな「CUSTOM」まで聴いて移動。URBAN/DANCE STAGEMATISYAHUを見に。マティスヤフはユダヤ教徒のレゲエシンガーっていう明らかに異質な空気を出してるアーティストでなんとしても一目見ようと思ってたので。

 アーバンステージに着くと、ジャムっぽい演奏を。レゲエといってもバックバンドはジャム系ってことでなんか途轍もないグルーヴを放ってました。見た目のインパクトも大。後半の20分くらいしか見れなかったけど、聞きたかった"Youth"や"King Without a Crown"も聴けたし、かなり満足。終わったあと、「マジすげぇもん見た!」って言ってる客がいたりしました。


 圧巻のステージの後、外にでるとメッセからDAFT PUNKの音がもれ聞えてきたので急いでマウンテンへ。急いだもののなかなかメッセが遠い。メッセについても会場入り口が遠い。なんだよこの入り口の作り方。ここにも運営の悪さが・・・

 んで、なんとかマウンテンに着くも入場規制。後ろのほうは空いてるので、入れてもいいのに頑なに入場規制。あまりのひどさにスタッフともめてる客もいたりして。はー、もう意味がわからん。この運営方針で誰が得するんだろ。客のことを待ったく考えてないな。

 ステージは見えなくとも音は十分聞えてくるので音だけ聞いてたら、だんだん単調で飽きてきたし、"One More Time"もあっさりとやっちゃったので、移動することに。ダフトにこないでメタリカに戻ればよかった。終わりのほうに"Nothing Else Matters""One""Enter Sandman"とかやったみたいだし。これが今回一番の後悔かな。


 DJブースであるK-SOUNDS STAGEにてポールを使って踊るセクシーな女の人のショーを見てサマソニ初日終了。

 なんだか今日は1日運営側の対応の悪さにイライラさせられる1日だったな。個々のライブは決して悪くなかったんだけど。こんなイベントじゃアーティストがかわいそうだとちょっと思った。明日は改善されてることを祈ろう。


 
・今日見たくて見れなかったアーティスト
HOOBASTANKDEFTONESTHE CHARLATANSTHE FLAMING LIPSグループ魂
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (〜2008) ・ comments(0)  
2006年08月12日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails