<< TOMORROW NEVER KNOWS / THE BEATLES (REVOLVER 収録) home The Taste of Ink / THE USED (THE USED 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. Punk / Hardcore
  3. Piss Factory / Patti Smith (LAND 1975-2002 収録)

 I'm gonna get out of here, I'm gonna get on that train,
 I'm gonna go on that train and go to New York City
 I'm gonna be somebody, I'm gonna get on that train, go to New York City,
 I'm gonna be so big, I'm gonna be a big star and I will never return♪


 Patti Smithパティ・スミス)のベスト盤『LAND 1975-2002』の2枚目、レアトラック集に収録された、'74年発表の自主制作盤に収められた曲"Piss Factory"。日本語に訳すと"小便工場"って感じですかね。

・Patti Smith "Piss Factory"


 工場で働きながら貧しい暮らしをしていたパティのやり場のない思いと、そこから脱出する決意の現れた歌詞が秀逸。

 そして、なんといってもJazzyともいえるピアノのサウンドがとてもカッコイイ。そこにパティのポエトリー・リーディングともいえるヴォーカルがのるのがたまらないです。

 ギターではテレビジョントム・ヴァーラインが参加してるらしい。また、この曲を録音したときのスタジオ代は元恋人で著名な写真家ロバート・メイプルソープがだしているらしい。

 トム、ロバート、夫のフレッド・"ソニック"・スミス、レニー・ケイと彼女の周りには常に素晴らしい男性が集まるのも、彼女の魅力のなせる業なんでしょうね。

【サイト内関連記事】
Because The Night / patti smith group (EASTER 収録)
Frederic / Patti Smith Group (Wave 収録)
Gloria (In Excelsis Deo) / Patti Smith (Horses 収録)
When Doves Cry / Patti Smith (LAND 1975-2002 収録)
Smells Like Teen Spirit / Patti Smith (twelve 収録)
Pastime Paradise / Patti Smith (twelve 収録)
映画『パティ・スミス:ドリーム・オブ・ライフ』 Patti Smith: Dream of Life
PATTI SMITH AND HER BAND@SHIBUYA-AX 感想&セットリスト

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Punk / Hardcore ・ comments(0)  
2006年08月09日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails