<< Fuji Rock Festival '06 2日目 home Fuji Rock Festival '06 帰路&総括 >>
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '06
  3. Fuji Rock Festival '06 3日目 #フジロック

 ついに最終日。外は晴天。空気も澄んでて気持ちいい!!

 いつものように朝飯をしっかりと食べて出発。WHITE STAGEでのENVYに照準を合わせて出発する予定がいつものようにダラダラしてたら間に合わず。しかも、リストバンドを付け忘れてために(ほんとはよくないけど、いつも緩めにつけて夜ははずしてます)宿に取りに帰ってさらにロス…。それからフジに来てるという友人と連絡を取ってグリーンでちょっとだけ立ち話。


 そんな感じでゆっくりしてたので、最終日一発目はホワイトでISISの途中からスタート。快晴のお昼の野外でアイシスってのもなかなかオツなもので、重いグルーブが心地よかった。


 それからGREEN STAGEへ移動しKT TUNSTALLを。心地よい風とともにKT登場。爽やかでいて、さらにどっしりとした演奏にやられた。一人で音を重ねていく"Black Horse & the Cherry Tree"や、誰もが口ずさめる名曲"Suddenly I See"など素晴らしいライブを見せてくれました。


 KTにしびれた後は、またまた女性アーティスト、Likkle Maiを見にFIELD OF HEAVENへ。ヘブンといえばレゲエがよく似合う。ドライ&へヴィ時代とはまた違った緩やかなレゲエに身を委ねる野外の昼下がり、まさにヘブンですね。

 
 SNOW PATROLとか見たいなぁとかおもいつつも、グリーンまで戻るのがめんどくさかったので、さらに奥地ORANGE COURTへ。またまた女性アーティストで小野りさ。あんまりゆっくり見る時間はなかったけど、一番前のほうまで歩いていってボッサに聞き惚れる。

 
 が、すぐまた移動。BROKEN SOCIAL SCENEをちょっとだけでも見ようと思いヘブンを通過し、急いでホワイトへ。…行こうと思ったら混雑しててなかなか前に進めない。しかも、途中で今回すぐ売切れてしまったこの3日券を譲ってくれた方に遭遇したので、しばらく立ち話を。


 で、結局ヘブンに居座ることに。なぜなら次はFishmans。今回のフジの目玉といっても過言ではなく、それを証明するかのように人がどんどんヘブンに流れ込んでくる。

 
 メンバー自身によるサウンドチェックを終え、いよいよその時はやってきた。"Go Go Round This World"によってライブ開始。この曲大好きだー。ドラムの欣ちゃんによるヴォーカルは佐藤伸治が乗り移ったかのような声。「今日のフジロックのライブは、彼も喜んでいると思います」という欣ちゃんのMCに泣けた。

 その後も曲ごとにクラムボン原田郁子bonobosの蔡、キセルUApocopen(誰?)と豪華なヴォーカル陣を迎えフィッシュマンズの名曲たちを歌って行き、最後はハナレグミ永積タカシによる"ナイト・クルージング"でラスト。本音を言えばもちろん佐藤の歌が聴きたいってのがあるけど、それは無理なので、今日のこのライブは現在できる最高のライブだったのではないかと思います。


 フィッシュマンズを聴いて夢見心地のままホワイトへ。TRANSIT KINGSをチラッとみる。オーブのアレックス・パターソン、元KLFのジミー・コーティによって結成されたプロジェクト。っていう前知識もなく、普通に楽しんですぐに移動。


 グリーンにてTHE RACONTEURSを。ブレンダン・ベンソンWhite Stripesのジャック・ホワイトによって結成されたバンド。フジでは以前、ホワイト・ストライプスの圧倒的なライブを見たことがあるけど、このバンドではまたそれとは違った所謂クラシックロック的な大らかな音を聴かせてくれてました。David Bowieの"It Ain't Easy"のカヴァーもやってました。


 聴きたかった"Steady, As She Goes"も聴けたので、満足してRED MARQUEEに移動。KILLING JOKEを見る。フジロックってこういった伝説のバンドが見れるのがまたいいよね。

 で、レッドに入ると爆音のインダストリアル・サウンドが。ヴォーカルのジャズは太ってしまってるのは残念だけど、顔は白塗りで異様な雰囲気を発しててなかなかイイ。何を言っているかはちゃんと聞き取れなかったけど、政治的/社会的なメッセージを発していることはわかりました。正直どれも同じ曲に聞こえなくもないけど、むちゃくちゃカッコよかった。


 キリング・ジョークで盛り上がった後は、もうフジも終盤、グリーンのメインであるTHE STROKESを。まぁ、「フジのトリでストロークスってのものなぁ」ってのが見る前はあったんだけど、やっぱり曲がいいので素直に楽しめました。メインステージのトリなのにこんな感想ですいません。決して嫌いじゃない(むしろ好き)ので悪しからず。


 ストロークスを途中で切り上げ、いそいそとレッド。レッドの大トリ大江慎也をみる。ってなんかここ数年、毎年のように大江を見てる気がする…。で、昨日のジプシーズのときに宣言してたように、ギターは花田裕之。ドラムは池畑潤二だし、期待するのはもちろんThe Roostersのナンバーですね。そして、期待にこたえるように"SAD SONG"とか"恋をしようよ"とか惜しげもなく披露。マジ最高!!

 "C'MON EVERYBODY"でいったん締めたあと、アンコールで"C.M.C."を。もう狂ったような盛り上がり。個人的には今日一番の沸点を記録しました。で、"テキーラ"、"キング・ビー"で最後までテンションを切らすことなくライブは終了。「後、"ROSIE"さえ聴ければ最高だったのに」と思ったら、なんと1曲目にやったらしくて、これだけが悔まれるとこだけど。

 圧巻のライブ終了後、サイン会があるとのことでオアシスエリアにあるブースに移動。CDを買うと整理券をもらえるんだけど、結局ゲットならず。でも、すごく近くで大江を見ることができたのでぜんぜん満足でしたけど。なんか年季の入ったファンが多かったのもよかったね。


 そんな興奮の余韻に浸りつつ、軽く腹ごしらえしてからグリーンへ。先ほど大トリはストロークスといったけど、フジの定番のクロージングとしてVery Special GuestのHAPPY MONDAYSが出演。「ハピマンとか客少ないだろうなぁ」とか思いつつ、グリーンに向かうと、そんな心配は無用でした。多くの人がフジが終わるのを名残惜しむように楽しんでた。しかも、"Kinky Afro"とかやっちゃってるし。

 俄然テンションがあがり、「Yippee-ippee-ey-ey-ay-yey-yey」って口ずさみながら、今年最後のモッシュピットへ。ヴォーカルのショーン・ライダーはどっからどうみても酔っ払ってるし、ダンサーのべズの動きも怪しすぎ。もう、まさにイメージどおりのマンデーズ。

 "Step On"、"24 Hour Party People"、"Hallelujah"とか、激ファンキーでダンサブルでもうなんだかわからないくらい陽性なヴァイブを放ってた。フジの最終日の日曜を終え、「幸せな月曜」を迎えるには最高のバンドだったのではないでしょうか。

 
 初日のマッドネス同様、Trojansのギャズ・メイオールが出てきてアンコールを煽るも、結局酔っ払いすぎたハピマンの面々は出てこず、ライブは終了。これでFuji Rock Festival '06のメインステージのライブはすべて終了です。


 毎年のようにフジが終わるのを名残惜しむように騒ぐ客と、終演後すぐにステージを解体しだすスタッフとの対比がなんか寂しい…。が、メインのグリーンが終わったからといってフジが終わるわけではありません。夜はこれから。


 グリーンを後にし、レッドに向かっていると苗場食堂の周りに多くの人だかりが。見るとキセルの2人が演奏してた。狭いスペースに人がぎっしり。レッドからもれ聞こえる爆音のダンスビートに音がかき消されてしまってはいたけど、山の寒い夜に暖かい空気の流れるライブでした。


 キセル終了後はレッドへ。DIGITALISMをチラッとみて、お目当てのNIGHTMARES ON WAX SOUND SYSTEMを。UKの先鋭的なレーベルWarpの古株であるNIGHTMARES ON WAXがついに初来日。今回は、セレクター、DJ、シンガーを引き連れてのステージ。なので、イメージとはちょっと違ったけど、ダビーなレゲエを中心としたサウンドで、深夜ってのもあっていろんな意味で意識が飛びそうになりました。


 で、さすがに体力の限界!!ってことで、途中で切り上げ宿へ。これでフジロック終了ですわ。うーん、寂しい。


 そして、3日間(前夜祭も入れると4日間)の思いを胸に就寝。


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Fuji Rock Festival '06 ・ comments(0) K 
2006年07月30日(日)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails