<< Fuji Rock Festival '06 1日目 home Fuji Rock Festival '06 3日目 #フジロック >>
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '06
  3. Fuji Rock Festival '06 2日目

 フジロック06、2日目。朝は今日もまったりと。ドライカレーをいただきつつ飲んだり。


 そんなこんなでお昼頃出発。GREEN STAGEでのMO'SOME TONEBENDERにあわせて。まぁ到着した頃にはすでに始まっていたけど・・・

 モーサムがグリーンって?!って思ったけど、そんなことは全然なかった。ギターばりばりのロックナンバーから打ち込みを多用したダンサブルなナンバーで圧倒。「古い曲をやります」といって始まった"ペチカ"。個人的に今年にはいって一番よく聴いた曲で、これが聴けただけでも満足です。夏の野外にてこの冬の曲を聴けるとは思わなかっただけにうれしかったな。「第1回目のフジのときに、勇(藤田)と一緒に観に行って、やめようと思っていたバンドをまたやろうという気になった」というエピソードとかもありつつ、最後は「このステージにふさわしい曲」ということで"GREEN&GOLD"をやってシメ。


 お次はWHITE STAGEに移動しeastern youth。もうライブのほうは終盤で2曲ほど。「ここに集まったお客さんの半分でも東京でのライブにきてくれれば、かなり(経済的に)助かります」的なMCにウケタ。もっと観たかったなぁ。


 お次はFEILD OF HEAVENに移動。ヘブン名物のオーガニック・ビール(4種類あります)を大学の先輩と飲みつつ、座りながらROCK'N'ROLL GYPSIESを鑑賞。うーん、大人のロックって感じ。渋い!カッコイイ!!花田が「明日のレッドにも出演します」って言ったので、明日のタイムテーブルを確認すると、あのお方の名前が。こりゃ期待できるぞ。とか思ってたら、雨がぱらつきだしました。


 ジプシーズ終了後、雨も強くなってきたので100均のカッパを着込みグリーンへと、その前にグリーンを横切ってトイレに行って、そこで先輩と別れ1人グリーンへ。グリーンではTHE HIVESが演奏中。でも、なにか違和感が・・・と思ったら、Vo.が金髪になってるし。黒髪じゃなかったっけ?あ、でも北欧の人だから元々が金なのかな?と、どうでもいいことを考えたりしてたけど、ライブの方は相変わらずキレててカッコ良かった。


 雨も強くなってきたので避難もかねて屋根のあるRED MARQUEEへ。そこでなんとなく観たTHE LIKEがこれまたよかった。女性3人組でそれぞれがセレブを親に持つっていう前情報だけで甘いポップソングをイメージしてたけど、これまた力強いロックバンドでびっくり。イメージだけで決め付けるのはよくないですね、やっぱ。


 ライク終了後も雨は降り続き、ちょっと疲れも溜まってたので、レッドにて座って軽くねたりしつつ、次のJINNY LEWINSまで。Clap You Hands Say Yeahのキャンセルが出てその代役で出演した彼女。まったく知らないアーティストだけど、なかなか良かった。双子のゴスペル・シンガー、ワトソン・ツインズをコーラスに、カントリー風味のロックソング。キラキラした衣装にダンスもあって楽しいライブでした。自分同様に雨のおかげでたまたま見た人の心をつかんだことでしょう。


 雨も弱まったので外へ。でも雨で地面はぬかるんでしまったので、サンダル履きの自分は足を保護するために、朝入り口でもらったゴミ袋を両足に巻いて。これ意外と快適。なんとなく思いついたけど、毎年これやればよかった・・・


 完全防備が完了したとこでSONIC YOUTHをみにグリーンへ。オルタナの伝説(というには現役バリバリだけど)、ソニックユースを観るのは実に6年ぶりとかそれくらい。すごい期待感を持ってみたけど、やっぱよかった。最新作「Rather Ripped」がストレートなロック色の強い作品(ソニックユースにしてはって話だけど)だったので勢いがあったし。その分、お得意のノイズは控えめだったけど・・・。後は"Teenage Riot"や"Dirty Boots"あたりが聴けたら最高だったかな。


 ソニック・ユースの貫禄のライブの後はレッドに戻ってJUNIOR SENIOR。かなりの人数。おっさんの方(実年齢は知りません・・)でけぇ。となりの若い方でも180近くあるのに、それより全然でかい。そんな巨体を揺らしつつ演奏される曲はどれもファンキーで踊れる。"MOVE YOUR FEET"とか大いに盛り上がりました。


 ジュニア・シニアで盛り上がった後は、さらに盛り上がるべくグリーンで電気グルーヴに臨む。ちょっと腹ごしらえしつつ、グリーンへ移動中にすでに"Shangri-La"が遠くから聞えててテンション上がる。やっぱ電気いいわぁ。へたくそな歌なのになんでこんなに盛り上がるんだろ。映像もよくわからんけど、楽しいし。次に観たいのがあったので、長くは観れなかったけど、とてもよかった。近くで見てた外国人のグループも踊りまくってたしね。


 電気を早めに切り上げた理由はレッドにて再結成KULA SHAKERを見るため。皆考えることは同じなのか、予定時間前からかなりの人が。メンバー登場とともに大歓声が起こりライブ開始。キーボード(現Oasisのサポート)以外はオリジナル。過去に1度Jeevasのライブをフジでみて、その時にもクーラの曲はやったんだけど、やっぱ本物はちゃうね。やっぱオルガンの音がなきゃ。

 新曲や2ndからの曲等々の後、ついにきました、"Grateful When Your're Dead"。ちょっと焦らしつつ始まって会場は興奮の渦へ。「パ、パ、パー♪」と合唱。その後も"Tattva"であのクーラ特有のインド趣味全開。お得意のカヴァー"Hush"で盛り上げ、トドメとばかりに"Hey Dude"へ。多分、レッド的にも個人的にもこの日最大の沸点を記録したのではないかと思うくらい盛り上がりました。もちろんフルに合唱。そこで終わらずに"I'm Still Here"、"Govinda"をやって終了。聴きたかった曲をすべてやってくれて大満足でした。この日のベストアクト決定。


 クーラの余韻に浸りつつ今年のフジロックの一番の目玉、RED HOT CHILI PEPPERSを見るためグリーンへ移動。と、いいつつも、レッチリはすでに単独でもフェスでもライブ見たことあるし、最新作をほとんど聴いてないってのもあってそこまで期待せずに臨む。

 ちょうどグリーンにつくと1曲目"CAN'T STOP"が始まったところでした。そんなことよりも、グリーンを埋め尽くした人の数に圧倒されました。自分は過去7回フジに参加してるけど、こんなに人が集まってるのをみたのは初めてです。その状況に若干萎えつつも、なんとか前方のステージが良く見えるとこまで移動し観戦。

 2曲目に現在ヒット中の"DANI CALIFORNIA"が始まり会場は大盛り上がり。でも、アルバム「CALIFORNICATION」が最高傑作だと信じて疑わない自分は次の"SCAR TISSUE"にグッときつつも、何か物足りない。相変わらずフリーは頭おかしいし、ジョンのギターとコーラスは冴え渡るし(ビー・ジーズの"HOW DEEP IS YOUR LOVE"をカヴァーしたり)、アンソニーもチャドも貫禄のステージングなんだけど。

 どこか集まってる人達の中に「とりあえず見ておくか」的な空気があったような気がしたからかな。まぁ、ただ単に自分が最新作をそんなに聴いてないからかもしれないけど・・・。そんなイマイチ盛り上がれないまま、アンコールで"GIVE IT AWAY"をやってレッチリ終了。


 レッチリ終了後、いそいでホワイトへ。SCISSOR SISTERSを見る。レッチリに人が集まりすぎたためか、客の入りはかなり寂しいものでした。でも少ないからこそ、そこに集まった人の盛り上がりはすごかった。ここにレッチリの客との違いを見た気がします。ライブのほうも昨年UKで最もアルバムを売り上げたバンドだけあって、とても楽しいライブでした。レッチリ途中で切り上げてきても良かったかなと思えたくらいかな。


 シザー・シスターズでシメて会場を後に。帰りにちょっとTHE PALACE OF WONDERへ寄り道。毎年恒例の鉄でできた大きなオブジェとかを鑑賞し、今年からできたCRYSTAL PALACE TENTの中もちょっと覗いてきまいた。DJがスカとか流してていい感じ。で、外に出ると軽く入場規制がかかってた。それをみて、ここで深夜2:45から予定されてるTHE RUDE PRESSURESをちょっと見たいなぁと思ってたけど、諦めることに。昨日のマッドネスの時にもゲスト出演してたRico Rodriguezが出演予定だったんだけど。あー見たかったなぁ。


 つーわけで、宿にもどって就寝。明日はいよいよ最終日。やっぱなんだかんだで早い。今日はついにフジロック恒例の雨が降ったけど、明日はどうなることか。



2日目のタイムテーブル
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Fuji Rock Festival '06 ・ comments(0) K 
2006年07月29日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails