<< WHAT IF / COLDPLAY (X&Y 収録) home LIVE WITH ME / MASSIVE ATTACK (Collected 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (〜2008)
  3. ROCKIN'ON PRESENTS JAPAN CIRCUIT - vol.32 -@SHIBUYA-AX(GRAPEVINE、スネオヘアー、音速ライン、NICO Touches the Walls)

 今日はSHIBUYA-AXにロッキングオン主催のイベント、『ROCKIN'ON PRESENTS JAPAN CIRCUIT - vol.32 -』(ジャパンサーキット)に行ってきました。

 出演はGRAPEVINEスネオヘアー音速ラインNICO Touches the Wallsの4組。

 いつの間にロッキングオン・ジャパンの編集長になったんだか山崎洋一郎によるMCの後ライブ開始。

 トップバッターはNICO Touches the Walls。以前別のイベントでライブを見たことあって、その時は「なんだかなぁ」って感じだったんだけど、今日はなかなか良かった。なんだろ、音の違いか。会場のせいか前見たときは音悪かったからな。「梨の花」(←あってます?)とか最後にやった曲とか気になる曲です。

 2組目は音速ライン。2人組みってことを、終わって家に帰ってきてから知った。。。ライブでは4人だったのにね。ルックスは若手お笑い芸人みたいね。しゃべりも独特の空気感だし。でも曲はポップで個人的に結構好きです。

 そして、これからがお楽しみ、3組目はスネオヘアー。イベント仕様なのか1曲目に「てっぺん」をやったのみで、後はもうシングル曲のオンパレード。「ウグイス」、「ワルツ」ときて新曲「ヘッドフォンミュージック」相変わらずのニヤっとさせられるMCも冴え渡る。

 そして、スネオを好きになった切っ掛けの曲「訳も知らないで」。前回行った単独公演の時にはやらなかったので、今回聴けてよかったなぁ。でも、過去にも何度かライブで聴いたけど、やっぱりライブでのアレンジはテンポを落としたやつでした。個人的にはもっと早い方がすきなんだけどなぁ。そして「セイコウトウテイ」、「悲しみロックフェスティバル」で終了。

 そしてトリはグレイプバイン。スネオとは対照的にいつもどおりのこだわった選曲。フェスとかでもっとシングル曲やった方がバイン目当ての人にもアピールできるのに、っていつも思うけど、これもバインらしさなのでしょう。

 とか言ってる自分も1曲目から知らない。。。まぁそんなことよくあるよくある。んで「その未来」とか「白日」とかライブ栄えする曲を。「白日」いつ聴いてもカッコええのー。そしてまたまた知らん曲が続いて新曲。

 そしてライブのクライマックス「KINGDOM COME」へ。実はこの曲、個人的にはCDで聴いてもあんまりピンと来ない曲。でも、前回単独を見たときにも思ったけど、ライブだとなんでこんなにいいんだろうと。ライティングの素晴らしさもあり、音圧の違いもあってライブでは映える映える。

 「Good bye my world」(←この曲かなり好き)、「GRAVEYARD」で本編終了。そして「僕らだけあんまりやってもなんなんで1曲だけ」ってMCのあとアンコールで「放浪フリーク」をやって終了。相変わらず演奏上手いしいいライブでした。

 途中で田中が「ジャパンサーキット、常陸中でやるやつ、年末のやつと今年もジャパンにお世話になります」的なMCをしてたけど、さぁいくつ見れるのだろうか。

【サイト内関連記事】
Arma / Grapevine (Roadside Prophet 収録)


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (〜2008) ・ comments(0)  
2006年04月22日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails