<< 働く男 / UNICORN (ケダモノの嵐 収録) home Last Stop: This Town / eels (Electro-Shock Blues 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (〜2008)
  3. Sigur Ros@Shibuya-AX 感想&セットリスト

 渋谷AXにてSigur Rósシガー・ロス)の来日公演を観てきました。若干遅れ気味で会場に着くと、GuestのAMINAのライブが始まってました。それにしてもすごい人の数、まだオープニング・アクトなのにすごい熱気。

 そんな熱気の中、ほのぼのした日本語のMCを挟んでAMINAのライブ終了。いいね、シガー・ロスへの期待が高まる高まる。

 セットチェンジ後、ステージには薄い幕がかかる。そして遂にシガー・ロス登場し、幕の後ろで演奏が始まる。最新作Takk...より「Glósóli」。うわぁやばい、メンバーのシルエットが次々と幕に映し出される。

 ヨンシーの弓で弾かれるギターの音、何よりその美しい声、これぞシガー・ロス。そして、曲後半、盛り上がりと共に入ってくるドラム。超爆音。フジでの自然で聴くシガー・ロスと、今日のような小さなハコで観るシガー・ロスは全然違う。どっちも良いけど、小さいハコでこそ感じる圧倒感。

 それから幕が開き、メンバーが出てくる。もちろんAMINAのメンバーも演奏に参加。Takk...からの曲を中心に過去の代表曲も。「Svefn-g-englar」と「i Visrar vel til loftarasa」等次々と。最新作で個人的に一番好きな「Saeglopur」とか、その美しさに気が遠くなりました。

 アンコールでは再び幕が閉まり、前作「()」の最終曲を。暴力的なまでの美というか、ドラム、ベース、ギターのアンサンブルが、そしてヨンシーの天使の声、爆音なのにここまで美しい。そして圧巻のライティング。あっという間の2時間、全てが完璧でした。

 アンコールの拍手が鳴り止まず、シガー・ロスAMINAのメンバーが2度も出てきて肩を組んでお辞儀をしてライブ終了。そして、スクリーンにはアイスランド語で「ありがとう」を示す「Takk」の文字が浮かび上がってました。

以下、セットリスト

2006.04.04 Sigur Ros@Shibuya-AX Setlist

01. Takk...
02. Glósóli
03. Ný Batterí
04. Sæglópur
05. Njósnavélin
06. E-bow
07. Gong
08. Andvari
09. Olsen Olsen
10. Hoppípolla
11. Með Blóðnasir
12. Viðrar Vel Til Loftárása
13. Svo Hljótt
14. Heysátan
15. Happy Birthday [Mildred J. Hill]
16. Popplagið

【サイト内関連記事】
Glosoli / Sigur Ros (Takk... 収録)
Saeglopur / Sigur Ros (Takk... 収録)
Meo Blodnasir / Sigur Ros (Takk... 収録)
untiled track 8 / Sigur Ros (( ) 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (〜2008) ・ comments(0)  
2006年04月04日(火)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails