<< Summertime In Wintertime / BADLY DRAWN BOY (ONE PLUS ONE IS ONE 収録) home WITHOUT YOU / EL PRESIDENTE (EL PRESIDENTE 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. Progressive Rock
  3. IN THE BEGINNING / Genesis (from genesis to revelation 収録)

 That is a sound of a new born world, And the light from a curious sky it has begun You're in the hands of destiny♪

 PETER GABRIELピーター・ガブリエル)率いるGENESISジェネシス)の'69年発表の記念すべきデビューアルバム『from genesis to revelation』収録曲"IN THE BEGINNING"。ブースト音から始まりギターのフィードバックとアコギのカッティングが絡まって勢いがあってかっこいい。バックで聴こえるピアノもよいです。

・In The Beginning - Genesis


 ジェネシスといえばピーター・ガブリエルのシアトリカルなパフォーマンスやコンセプト性が特徴のプログレバンドなんだけど、しかし、このデビューアルバムのほとんどの曲はプロデューサーであるジョナサン・キングの趣向が優先されどちらかというと当時のブリティッシュ・ポップ的な音が目立つ作品になってます。この曲はむしろかなりアルバムでは異色な方でしょうか。

 その後ジェネシスはあのフィル・コリンズをドラムに向かえプログレッシブな方向へ向かってスーパーバンドの仲間入りをし、ピーター・ガブリエル脱退後はフィル・コリンズがVo.に代わり(ピーターと声が似てたかららしい)ポップ色を強めてアメリカでも大成功を納めていきます。そんなバンドの原点が分かるって意味では重要なアルバムかもしれませんね。
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : Progressive Rock ・ comments(0)  
2006年03月27日(月)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails