<< 火男 / 渋さ知らズ (渋旗 収録) home Banquet / BLOC PARTY (SILENT ALARM 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (〜2008)
  3. UBC-Jam vol.19@早稲田祭2005(渋さ知らズオーケストラ、トライセラトップス)

 今日は早稲田の記念会堂までUBC-Jam vol.19ってイベントを見てきました。

 今回の出演者は、渋さ知らズオーケストラロッカフラグーストライセラトップス曽我部恵一でした。
 

 出演順は中に入るまでわからなかったので、どうせ無名のロッカフラグースが一番手だろうって思ってゆっくり中に入ったら演奏が聞こえてきて、もしかしたらと思ったら渋さ知らズでした。中に入ると前のほうは俄然盛り上がってて、後から入った自分たちはちょっと出遅れた感じになっちゃいました。もちろん演奏や舞台上のパフォーマンス等はすばらしく、一見まとまりがないようなんだけど、エネルギーが一塊になって迫ってくるようないいライブでした。前の方で盛り上がったらもっと楽しかっただろうなぁ。


 二番手は、ロッカフラグース。ごめんなさい、実は見てないです。ちょっと腹ごしらえをしに外に出てました。


 そんなロッカフラグースの後はトライセラ。昔は好きでよく聴いていたのに、最近はちょっと聴いてなくて、ついていけるかなぁってかなり心配でした。ライブ自体も4,5年前にイベントで見たくらいだったので、どんなライブかわからなかったし。そしたら1曲目から「ロケットに乗って」。うぉー知ってる曲だよって思ってかなり盛り上がってたら2曲目も「Going To The Moon」。これはヒット曲メドレーか?って思ったら、3曲目は曲名知らないんだけど、ロック賛歌みたいな曲でした。で、その曲の途中で、ビートルズの「Day Tripper」、ストーンズの「Satisfaction」、Creamの「Crossroad」、ツェッペリンの「Immigrant Song」、エアロスミスの「Walk This Way」、クイーンの「Bohemian Rhapsody」をメドレーでやってました。てか和田昌ギターうめぇ!!で、この曲で終わり。うーん、もっと聴きたかった。盛り上がったけど、3曲って(メドレーはあったけど)短すぎ。


 トリは曽我部恵一。サニーデイ時代からライブは一回も見たことなかったし、イメージ的にまったりした演奏になるんじゃないかと思ってました。ところが、まず登場から派手(?)。会場後方からバンドメンバーとともにチャリに乗って登場。ステージに上がってからはロックンロール・ショーでした。MCもノリノリ。「Telephone Love」では会場の電気を消させて携帯でペンライトみたいなことさせたり、盛り上げてライブ終了。アンコールが鳴り止まず。すると、会場中腹に突然現れ、アコギで生声で弾き語りして去っていきました。うん、かなりいいライブだったな。CDとライブが違うっていいケースと悪いケースがあるけど、これはいいほうでしたね。


【サイト内関連記事】
火男 / 渋さ知らズ (渋旗 収録)
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (〜2008) ・ comments(0)  
2005年11月05日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails