<< EVERYTHING MUST GO / MANIC STREET PREACHERS (EVERYTHING MUST GO 収録) home The Importance Of Being Idle / oasis (Don't Believe The Truth 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (〜2008)
  3. SUMMER SONIC 05 Tokyo1日目

 今日はSUMMER SONIC 2005サマソニ2005)東京初日に行きました。どちらかというと2日目の方が見たいの多かったけど、売り切れちゃったので初日だけ。
 
まずは初っ端のTHE SUBWAYS目当てに早めに会場入り。そんな混雑もなくリストバンドと交換し、幕張メッセのMOUNTAINステージへ。

 軽く前の方で見ようと思ったら、人がどんどん押し寄せ、気づいたら最前列近くに。で、ライブ開始。ベースのシャーロットの目の前あたり。ライブが始まるとモッシュ、ダイブ、そして周りが合唱始める。とりあえず曲はほとんど知らんけど、ボウッとしてたら倒されそうになるので、がんばってより前へ行って盛り上がる。ベースの子は予想以上にカワイイかったなぁ。近くで見れて良かった。

 予定外の盛り上がりでいきなり汗だく、体力を奪われちゃったので、次はライブを見るのをやめてお笑いをやっているSIDE SHOWステージへ。この時間の出演者は、まちゃまちゃ、サカイスト、佐久間一行、ヤンさんとゆかいな工作員たち、西麻布ヒルズ、殿方充、ハマカーン、猫ひろし、インスタントジョンソンでした。テレビには出れないようなネタをやる人達や面白くなかったのもいたけど、ついつい1時間以上そこに居てしまいました。ライブ見にきたのに何やってんだか。それにしても猫ひろし最高!!ポーツマス、ポーツマス!!

 とりあえず軽く飯食って、ライブ復帰。再びMOUNTAINステージへ。THE DEPARTUREを見る。ガレージっぽいのをイメージしてたんだけど、結構ダンサブルな曲がありました。で、うしろの方で見てると、目の前を今日の出演者LOUIS XIVのヴォーカルがウロウロしてたので、握手してもらいました。ライブ見ずにお笑い見ててごめんなさい。

 デパーチャー後はSONICステージでBOYをチラ見してからまたSIDE SHOWへ行って猫ひろし。生はヤバいね。何回見ても面白い。

 猫ひろしだけ見てまたライブ。またまたMOUNTAINに戻ってTV ON THE RADIO。でもなんだか眠くなったので、後ろの方でごろ寝しながら見る。なのでどんなサウンドだったかよく覚えてないや、ごめんなさい。んでそこで友達のへしとM下さんと連絡を取り合流。ちょっと話すもまたすぐ別れました。

 そろそろ真面目にライブを見うと、SONICステージに移動しTHE ARCADE FIREを見る。なんだかメンバー多いっ!!ステージに所狭しといました。なんかベルセバみたい。サウンドもちょっと近いけど、もうちょっと激しめって感じ。全員バラバラに動いてるようだけど音はバッチリ。パーカッションのメンバー2人の動きが面白かったなぁ。

 しかし、次見たいのあったので途中で移動。今度はURBANステージに移動して、今日の個人的お目当てM.I.A.を見る。バンドはM.I.A.本人とサポートの黒人シンガーとDJという構成。のっけからチープなダンスビート炸裂。去年のフジで見たストリーツの時みたいにちょっとサポートシンガーが目立ちすぎだけど、大盛り上がり。音もCDよりも低音が効いててよかったし、去年のサマソニで見たピーチズ(M.I.A.とピーチズは仲良し)同様ちょっと単調な感じではあったけど、それは動きと勢いでカヴァーしててとても楽しめました。

 M.I.A.を堪能した後はSONICでMEWをチラ見してから、へしとM下さんと一緒に千葉マリンスタジアムに移動。メインステージなのに実は今日初。幕張メッセ内でウロウロしてるほうがいっぱいライブ見れるし、快適なんだけど、やっぱメインもいっとか無きゃって事で。

 マリンスタジアムに着くと、DEEP PURPLEが丁度始まるとこでした。全盛期のメンバーで残ってるのはヴォーカルのイアン・ギランとベースのロジャー・グローパー、ドラムのイアン・ペイスで、あのギターのリッチー・ブラックモアもキーボードのジョン・ロードも居ないわけで、まぁ言ってしまえば偽者ですよ。イアン・ギランがいるだけでもまだましか。とりあえず1曲目から「Highway Star」。前半から飛ばしまくり、イアン・ギランも顔を赤くしながらも高音のオリジナルキーで歌ってたので結構盛り上がる。でもやっぱ途中のギターソロとかキーボードソロは微妙だったなぁ。やっぱディープ・パープルってリッチーとジョンのバンドだもんなぁ。てかなんで自分はこんなにディープ・パープルに詳しいんだろう?CD1枚も持ってないくせに。。。んで飽きてきたとこで「Smoke on the Water」「Blacknight」と名曲をやったので満足してへし達と別れ再び幕張メッセへ。

 URBANステージにて個人的今回最大のお目当てTHE ROOTSを見る。単独で来日した時もとっても行きたかったんだけど、チケット代がクソ高くて行かなかったので今回はかなり楽しみにしてました。基本はもちろんHIP HOPなんだけど、バンドって事もありかなりフレキシブルにサウンドを変えていっててむちゃかっこいい。曲の合間にレッド・ツェッペリンエイメリーボブ・マーリーなどの曲のフレーズを挟んだりして思わずニヤっとさせられたり。最後のパーカッション合戦も最高でした。

 ルーツの期待以上のライブの後はSONICステージに移動してIAN BROWN。SONICに着くと丁度イアン登場。パッと見動きも格好もオアシスのリアムっぽい。ま、もちろんリアムの方がパクりなんだけど。んでなんとなんと1曲目からもはや伝説のバンドと言ってもいいTHE STONE ROSESの「I Wanna Be Adored」ですよ。ローゼスの曲をやるって話は聴いてたけど、まさか1曲目から、しかもこの大名曲からとは。しかも3曲連続ローゼスの曲。反則過ぎるけど客大盛り上がり(自分もテンション上がりまくり)。オッパイをモロだししてる女性客までいました。でもやっぱギターのパートになると「アレッ??」って感じは否めなかったな。あのジョン・スクワイヤのキラキラしたギターとは程遠かった。2年位前のフジロックでのジョンのソロライブで披露したローゼスの曲を思い出した。そんときはやっぱ「ヴォーカルがなぁ」って思ったよなぁ。解散以来10年近く一言も話してないって噂だけど、ヨリ戻して再結成してくれよ。

 ローゼスの曲で盛り上がるもソロ曲に突入し、だんだん中だるみしてきたのでMOUNTAINステージに移動してDURAN DURANを見る。2,3曲くらいしか聴ける時間なかったのでとりあえず近くにいけるだけ行けるだけ行こうと思って前へ。結構いい年なのにヴォーカルのサイモン・ル・ボンとベースのジョン・テイラーかっこいいね。足むちゃくちゃ長いし。メンバーのルックスも確認したし、「Hungry Like The Wolf」とかも聴けたし満足し、マリンスタジアムに移動することに。

 今日のメインステージのトリNINE INCH NAILSです。開始予定時間よりちょっと遅れてマリンに着いたけど、予想通り押してて、着いてしばらくしてライブ開始。短髪のトレント・レズナーがスクリーンに映し出される。長髪の方がいいなぁって思ったり。なんかムキムキしててブルース・スプリングスティーンみたい。ライブは1曲目から「Wish」。ヤバイ。やってほしいと思ってたら1曲目。その後も「march of the pigs」「the hand that feeds」「closer」と聴きたかった曲ほとんどやってくれた。生「hurt」とかむちゃ良かった。後は「Perfect Drag」とかやってくれたらうれしかったんだけど。でもアンコールなしの1時間半以上のライブでもう大満腹。ライブ終了後に花火が打ちあがりサマソニ初日終了。

 フジロック派の自分としてはサマソニはやっぱりなんだか物足りない感はあるけど、今年はなんだか去年、一昨年より快適だった気がする。これといった混雑も無かったし。明日の2日目はチケット売り切れてるからわからないけどね。やっぱなんだかんだでオアシス見たかったなぁとは思うけど。今日もなかなかでした。


【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : LIVE (〜2008) ・ comments(0)  
2005年08月13日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails