<< Lesson Learned From Rocky To Rocky / CORNERSHOP (HANDCREAM FOR A GENERATION 収録) home BOTANICAL ROOTS / BLACK UHURU (ANTHEM 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2000年代)
  3. Club Foot / KASABIAN (KASABIAN 収録)

 ウッ アー アア アー アァー♪

 UKはレスター出身の4人組、Kasabianカサビアン)の2004年リリースの3rdシングル"Club Foot"。UKシングルチャートで19位。同年リリースのデビューアルバム『KASABIAN』(全英1位・全米94)収録。

・Kasabian - Club Foot


 不穏な空気を醸し出すシンセの音にディストーションのかかったベースが切り込んでくるイントロですでにノックアウト。ラッドなボーカルに、あの思わず一緒に叫びたくなるコーラス。バンドのフロントを張るトム・ミーガンとセルジオ・ピッツォーノの出で立ちや、布で顔を覆った人物とバンド名だけがシンプルに描かれたネガポジ反転のシングルとアルバムジャケットのイラストも相まって、なんかすごい新人が現れた!って感じで一気に心を鷲掴みされました。

 ミュージックビデオがまた曲の雰囲気に合ってていいんですよね。モノクロの映像で何か戦争を想起させる内容。マニックスを始め、UK・US問わず数々のビデオを手がけてきた映像作家・W.I.Z.によるもので、1956年の「ハンガリー動乱」やいわゆる「プラハの春」で1969年にソ連に抗議して焼身自殺したカレル大学の学生ヤン・パラフがモチーフになっています。

 カサビアンは去年のサマソニに出演。まだアルバムリリース前だというのに入場規制がかかるほどの大入りでした。特に最後に演奏されたこの曲の盛り上がりは半端なかったな。ちょうど最近、去年のの映像をテレビで放送してたんだけど、やっぱかっこいいわ。そして今年もサマソニ登場。アルバムを聴いた後のライブも見てみたいですね。

 そういやアルバムが最近全米チャートに初登場してました。いまさらだけど、アメリカでも人気出始めたか??オアシスのアメリカツアーのオープニングをつとめるらしいので、うまくいけばブレイクするかも。


KASABIAN -『KASABIAN』収録曲リスト
1. "Club Foot"
2. "Processed Beats"
3. "Reason Is Treason"
4. "I.D."
5. "Orange"
6. "L.S.F. (Lost Souls Forever)"
7. "Running Battle"
8. "Test Transmission"
9. "Pinch Roller"
10. "Cutt Off"
11. "Butcher Blues"
12. "Ovary Stripe"
13. "U Boat"
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


【サイト内関連記事】
Shoot The Runner / KASABIAN (Empire 収録)
Me Plus One / KASABIAN (Empire 収録)
Empire / KASABIAN (Empire 収録)
KASABIAN@ZEPP TOKYO (Guest: CSS) 感想&セットリスト
Vlad The Impaler / KASABIAN (West Ryder Pauper Lunatic Asylum 収録)
KASABIAN@新木場STUDIO COAST (support act:BELAKISS)
eez-eh / Kasabian (48:13 収録)



(2018.01.19最終更新)
【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : UK Rock (2000年代) ・ comments(0)  
2005年03月23日(水)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails