<< The Red The White The Black The Blue / HOPE OF THE STATES (THE LOST RIOTS 収録) home マツケンサンバ / 松平健 (シングル 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. JAZZ
  3. Lover, You Should Have Come Over / Jamie Cullum (Twentysomething 収録)

 UKジャズ界期待の新人Jamie Cullumジェイミー・カラム)。100万ポンドというジャズ界の新人では破格の契約金でデビューを果たしたこのアルバム『Twentysomething』(2003年リリース。インディー時代も含めると通算3作目。全英3位、全米83位)では、自作の曲やジャズのスタンダードなどのカヴァーなどのピアノの弾き語りがメインのアルバムになってます。

・Jamie Cullum - Lover You Should Have Come Over


 この曲"Lover, You Should Have Come Over"はあのJEFF BUCKLEYのカヴァー。ジェフの透き通るような歌が最高なのは間違いないですが、ジェイミーのこのハスキーな歌声もなかなかです。

 オリジナルはこちら。
・Jeff Buckley- Lover, You Should've Come Over


 この曲の他にもジミ・ヘンドリックス("The Wind Cries Mary")やライブなどでもレディオヘッドなどをカヴァーしたりと、ロックの曲も積極的に演奏しています。

 ちなみにしっとりした曲も多いけど、自作のグルーヴィーな曲やライブでのピアノにのっかったりするパフォーマンス(去年のフジロックで見ました)など見せるとこは見せるパフォーマーとしても素晴らしいんじゃないでしょかね。


Jamie Cullum -『Twentysomething』収録曲リスト
1. "What a Difference a Day Made"
2. "These Are the Days"
3. "Singin' in the Rain"
4. "Twentysomething"
5. "But for Now"
6. "Old Devil Moon"
7. "I Could Have Danced All Night"
8. "Blame It on My Youth"
9. "I Get a Kick Out of You"
10. "All at Sea"
11. "The Wind Cries Mary"
12. "Lover, You Should Have Come Over"
13. "It's About Time"
14. "Next Year Baby"
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


【サイト内関連記事】
Catch The Sun / Jamie Cullum (Catching Tales 収録)
Get Your Way / Jamie Cullum (Catching Tales 収録)
WISM? 2008@恵比寿ザ・ガーデンホール (JAMIE CULLUM、Soil & Pimp Sessions、MEDESKI MARTIN & WOOD、CYRO BAPTISTA and B
Don't Stop The Music / Jamie Cullum (The Pursuit 収録)

【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : JAZZ ・ comments(0)  
2005年01月13日(木)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails