<< 大発表!!!! K's今年の1曲 2004 home 接吻 / ORIGINAL LOVE (The Very Best of ORIGINAL LOVE 収録) >>
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (1990年代以前)
  3. 紺碧の空 〜早稲田大学応援歌〜 / 2005年のカウントダウンに大隈講堂前に集まった人達

 こーんぺーきーのーそらー♪ あーおぐにーちーりーーん♪ 
 はーしゃ はーしゃ わせだー♪

 "紺碧の空"(こんぺきのそら)は、私立・早稲田大学の第一応援歌。下手すると校歌よりも良く歌われるかも。昨日、2005年12月31日、大晦日に高田馬場で飲んだ帰りに大隈講堂の近くを通ったら大勢人が集まって歌ってました。早稲田生はホントこの歌が好きですね。

・紺碧の空


(追記)2020年のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」の第8週(5月18日(月)〜5月22日(金))の放送は、この「紺碧の空」のエピソードになるそうなので注目が集まっていますね。

 この曲は応援部が学内で歌詞を募集し、当時高等師範部3年だった住治男による歌詞が選ばれた。それに、日本コロンビア専属の古関裕而が作曲し完成。昭和6年(1931年)に公開されています。

 歌詞はこんな感じ。

■歌詞

紺碧の空 仰ぐ日輪
光輝あまねき 伝統のもと
すぐりし精鋭 斗志は燃えて
理想の王座を占むる者 われ等
早稲田 早稲田
覇者 覇者 早稲田


青春の時 望む栄光
威力敵無き 精華の誇
見よこの陣頭 歓喜あふれて
理想の王座を占むる者 われ等
早稲田 早稲田
覇者 覇者 早稲田

 昭和2年(1927年)に発表されたライバル・慶応大学の応援歌"若き血"に対応して作ったというこの曲。個人的には"紺碧の空"の方が好きです。"若き血"の終わりの方のメロディがどうしても気持ち悪くて・・・。ちなみに、今では第一応援歌ですが、出来たときは第六応援歌だったそうです。

・慶應義塾大学応援歌/若き血/三色旗の下に(藤山一郎・歌唱)


 ついでに作曲をした古関裕而(こせき ゆうじ)さんについて調べてみました。元々クラシック畑の人で、1929年には国際的コンクールであったチェスター楽譜出版社の作曲コンクールに入選。それは日本人として初の快挙だったそうです。代表作としてはこの曲に関西ではだれでも歌える「六甲颪」こと「大阪タイガースの歌」(1936年、作詞:佐藤惣之助、歌:中野忠晴)、夏の甲子園の「栄冠は君に輝く」(1948年、作詞:加賀大介、歌:伊藤久男)などスポーツ関係に、「モスラの歌」(1961年、作詞:本多猪四郎・田中友幸・関沢新一、歌:ザ・ピーナッツ)など映画音楽なども数限りなく手掛けていて、実に5000曲以上だとか。1970年には慶應の応援歌「我ぞ覇者」も手掛けています。紺碧の空を作詞した住治男さんは27歳という若さで亡くなっていますが、古関さんは80歳で亡くなっています。

 それにしても、記念すべき2005年に初めて聴いた曲はこの曲でした。校歌ではなく「紺碧の空」ってとこが良いですね。ちなみに校歌は次に歌いました。年明け早々の大隈講堂前は熱かった!

・Apple Musicで試聴&ダウンロード




【同じカテゴリの最新記事】
カテゴリ : 邦楽 (1990年代以前) ・ comments(0) K 
2005年01月01日(土)

COMMENT
SUBMIT COMMENT








    
Related Posts with Thumbnails