1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2020年代)
  3. Carousels / Doves (The Universal Want 収録)

 英マンチェスターの3人組、Dovesダヴズ)、2010年のバンド休止後初となるシングル"Carousels"。前作『Kingdom of Rust』(2019年、全英2位)から11年ぶりのアルバム『The Universal Want』(2020年9月1日リリース。全英1位)収録。

・Doves - Carousels


 ヴォーカルのジェズ・ウィリアムズがポルトガル旅行中に着想を得て書かれた曲。ブレイクビーツにメランコリックなギターとジェズの歌声が交互に押し寄せてくる感じが良い。フェラ・クティとともにアフロビートを生み出したと言われる伝説的ドラマー、トニー・アレン(惜しくも今年4月に亡くなってしまいました。合掌)のビートがサンプリングされています。

 「子供の頃に、休暇で北ウェールズなどに行った時の思い出だ。そこで初めてサウンド・システムを経験したり音楽を大音量で聴いたんだ」とこの曲についてジェズが語っています(ユニバーサルミュージックのオフィシャルページより)。「Carousels」ってのはいわゆるメリーゴーラウンドのことですかね。欧米によくある移動式遊園地を思い浮かべた。遊園地に設置された大きなスピーカーから音楽が流れる中、周るキャラセルを見ているイメージなのかな。

 広告映像やグラフィック・デザインなどを手掛けるYoni Weisbergによるアニメーションビデオもいい感じです。メンバーが演奏している↓のビデオも良いです。

・Doves - Carousels (BT Sport Video)


 本作を聴いて「いやぁ待ってました!」という人がどれくらい日本にいるかはわかりませんが、ダヴズいいですね。前のアルバムから10年以上経つけど、もともと派手な活動をしていたバンドではないのであまりブランクは感じませんね。まぁアルバムは当然のようにUKナンバー1になったし、待ってた人は多いんだろうな。その期待に応えるようないい曲が詰まっててこれはなかなか良いアルバムなんじゃないでしょうか。このコロナ禍の状況が治ったらまた来日してほしい。フジロックで2度ライブ見たことあるけどめっちゃ良かった。


AC/DC -『Power Up』収録曲リスト
1. "Carousels"
2. "I Will Not Hide"
3. "Broken Eyes"
4. "For Tomorrow"
5. "Cathedrals of the Mind"
6. "Prisoners"
7. "Cycle of Hurt"
8. "Mother Silverlake"
9. "Universal Want"
10. "Forest House"
・Apple Musicで試聴&ダウンロード
Listen on Apple Music


【サイト内関連記事】
Jetstream / Doves (Kingdom Of Rust 収録)
Kingdom Of Rust / Doves (Kingdom Of Rust 収録)



カテゴリ : UK Rock (2020年代) ・ comments(0) K 
2020年10月10日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2020年代)
  3. Reach Out I’ll Be There / The Jaded Hearts Club (You’ve Always Been Here 収録)

 スーパーバンド、The Jaded Hearts Clubザ・ジェイディッド・ハーツ・クラブ)が2020年10月2日にアルバム『You’ve Always Been Here』をリリース。"Reach Out I’ll Be There"はアルバムに収録予定曲で、フォー・トップスの1966年の全米・全英1位を獲得した大ヒット曲のカバー。

・The Jaded Hearts Club - Reach Out I'll Be There (Official Video)


 オリジナルを聴いてもらえればわかると思うけど、メインボーカルももちろんながらコーラスが激カッコいい曲で、それを見事によりロックアレンジでカバーしてるのが最高です。↓がオリジナル。

・The Four Tops- (Reach Out) I'll Be There (1966)


 さてさて、スーパーバンドって冒頭で書いたけど、誰がメンバーかと言うとこんな感じ。

■The Jaded Hearts Clubとは
・メンバー
Matt Bellamy (bass, backing vocals, production)
Graham Coxon (lead guitar, backing vocals)
Miles Kane (lead vocals)
Nic Cester (lead vocals)
Sean Payne (drums, backing vocals)
Jamie Davis (rhythm guitar, backing vocals)

 Museのマシュー・ベラミーに、Blurのグレアム・コクソンなんて豪華なメンバーなのに、マシューがボーカルじゃなくて(しかもギターでもなく)ベースってところが豪華さを際立たせますね。そんなマシューを押しのけてボーカルをとるのはこの"Reach Out I’ll Be There"でもボーカルをとるJetのニック・セスターやThe Last Shadow Puppetsなどで知られるマイルズ・ケインだったりします。元々The Beatlesのカバーをするために結成されたってことなので、マシューのボーカルよりもよりロックンロールな声をもつ2人の方が適任ですね。

 ちなみにバンド名はビートルズの「Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band」をもじって「Dr. Pepper's Jaded Hearts Club Band」と名乗ってたらしい。サージェント・ペッパーのアルバムジャケットのようにわいわい人が集まる感じでメンバーも固定ではないのかも。一応、オフィシャルサイトに載ってたメンバーを書いたけど、この曲ではThe Zutonsのショーン・ペインではなくMuseのドミニク・ハワードがドラムを叩いています。

 しかし、この曲がレコーディングされたのはコロナ禍でロックダウンの真っ只中。メンバーが集まることは簡単ではなく、レコーディングは別々に行われています。こちらのNMEの記事によるとマシューとジェイミー(グレアムとTranscopic Records共同運営している人)がオンラインで曲のアイディアを練っている時に、フォー・トップスが1967年にパリで行ったこの曲のパフォーマンスに出会い、このエネルギー溢れる感じが今この時に必要だという思いで、3カ国にまたがるメンバーでカバーすることにしたそう。この歌えるメンバーたちが集まっただけあって、高揚感溢れる声のパワーがオリジナルに匹敵するできになっていると思います。これを聴きながら暗い雰囲気を吹き飛ばそう!ミュージックビデオもめっちゃかっこいいので見てね。

 アルバムも10月に出るのでそちらも楽しみ。2020年は無理だろうけど、いつかライブツアーで日本にもきて欲しいね。


The Jaded Hearts Club -『You’ve Always Been Here』収録曲リスト
1. We’ll Meet Again
2. Reach Out I’ll Be There
3. Have Love Will Travel
4. This Love Starved Heart Of Mine (It’s Killing Me)
5. Nobody But Me
6. Long and Lonesome Road
7. I Put A Spell On You
8. Money (That’s What I Want)
9. Why When The Love Has Gone
10. Love’s Gone Bad
11. Fever
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


【サイト内関連記事】
Muse@さいたまスーパーアリーナ 感想&セットリスト
Are You Gonna Be My Girl / Jet (Get Born 収録)
Sorrow's Army / Graham Coxon (The Spinning Top 収録)
The Age Of The Understatement / The Last Shadow Puppets (The Age Of The Understatement 収録)
PRESSURE POINT / THE ZUTONS (WHO KILLED......THE ZUTONS 収録)



カテゴリ : UK Rock (2020年代) ・ comments(0) K 
2020年08月02日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2020年代)
  3. Never Let You Go / Georgia (Seeking Thrills 収録)

 UKはロンドン出身のGeorgiaジョージア)の2ndアルバム『Seeking Thrills』(2020年1月10日リリース。全英24位)収録曲"Never Let You Go"。

・Georgia - Never Let You Go (Official Video)


 疾走感のあるシンセポップ。彼女自身によるドラムビートが効いててすごくかっこいい。アルバムの中でもロックさが際立った曲ですね。Apple MusicなどではアルバムにAlternative Versionがあってこちらはさらにロック色が強くそっちもかっこいいです。

・Georgia - Never Let You Go - Later... With Jools Holland - BBC Two


 2020年に入ってこのアルバムばっかり聴いてる。ニュー・オーダーとかエレクトロロックが好きな人は絶対ハマると思う。ジョージア自身のバイオグラフィーなどはこちらの記事でどうぞ→About Work the Dancefloor / Georgia (Seeking Thrills 収録)


Georgia -『Seeking Thrills』収録曲リスト
01. Started Out
02. About Work the Dancefloor
03. Never Let You Go
04. 24 Hours
05. Mellow (feat. Shygirl)
06. Till I Own It
07. I Can’t Wait
08. Feel It
09. Ultimate Sailor
10. Ray Guns
11. The Thrill (feat. Maurice)
12. Honey Dripping Sky
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
About Work the Dancefloor / Georgia (Seeking Thrills 収録)


カテゴリ : UK Rock (2020年代) ・ comments(0) K 
2020年02月09日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. UK Rock (2020年代)
  3. About Work The Dancefloor / Georgia (Seeking Thrills 収録)

 UKはロンドン出身のシンガー、プロデューサー、ドラマーのGeorgiaジョージア)の2ndアルバム『Seeking Thrills』(2020年1月10日リリース。全英24位)収録曲"About Work The Dancefloor"。

・Georgia - About Work The Dancefloor (Official Video)


 80年代ぽさのあるシンセポップなサウンドがクセになる曲。歌詞はダンスフロアの刹那って感じです。ライブでは彼女自身がドラムを叩きながら歌っています。

・Georgia - About Work The Dancefloor (Glastonbury 2019)


・Georgiaとは
 ロンドン出身。1990年2月6日生まれの29歳。本名Georgia Rose Harriet Barnes。父はUKテクノの大御所LeftfieldのNeil Barnes。KwesやKate Tempestなどのサポートドラマーとして音楽キャリアを始める。2015年にデビューアルバム『Georgia』をDOMINOよりリリース。AIM Independent Music AwardsでOne to Watch賞を受賞。BBCの選ぶその年の有望新人を選ぶ『BBC Sound of 2020』のロングリストにも選ばれる。2020年1月に2ndアルバム『Seeking Thrills』をリリース。


Georgia -『Seeking Thrills』収録曲リスト
01. Started Out
02. About Work the Dancefloor
03. Never Let You Go
04. 24 Hours
05. Mellow (feat. Shygirl)
06. Till I Own It
07. I Can’t Wait
08. Feel It
09. Ultimate Sailor
10. Ray Guns
11. The Thrill (feat. Maurice)
12. Honey Dripping Sky
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


カテゴリ : UK Rock (2020年代) ・ comments(0) K 
2020年02月08日(土)

1