1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. 予兆 / YUSUKE CHIBA-SNAKE ON THE BEACH- (潮騒 収録)

 Thee Michelle Gun Elephant、The Birthdayのボーカリストとして知られるチバユウスケによるソロプロジェクト、YUSUKE CHIBA-SNAKE ON THE BEACH-の2019年11月27日リリースの2ndアルバム『潮騒』からのリードトラック"予兆"。

・YUSUKE CHIBA - SNAKE ON THE BEACH - 「予兆」MUSIC VIDEO (Short Version)


 アンビエントな雰囲気に徐々にノイズが重なり、さらに鍵盤の音が加わるイントロ。ビートが遠くからだんだん近づいてきて一気に全体を飲み込んでいくインスト曲。終盤登場するカモメか何かの鳴き声がアルバム『潮騒』を象徴しているよう。

 ミュージックビデオの監督を務めた能野哲彦のコメント。
■能野哲彦監督コメント
スタジオの作業を共有できる時間はもうなかったけど、断片的に出来上がってくる音をずうっと聴いてて今回もまたなんかケツを叩かれた気が勝手にした。
勝手な思い込みと、願いと祈りと、ちょっとした挑発。
これはボクが感じた彼岸であり、悲願です。
さて、さあ、誰の?


 本アルバムは2012年10月に発売された1st「DEAR ROCKERS」からの7年間で制作した50曲以上の音源からセレクトされており、The Birthdayの盟友フジイケンジをギターに迎えた"東京"以外は全てチバ一人でレコーディングされています。チバユウスケといえばもはや説明不要、日本を代表するロックボーカリストだけど、この曲に代表されるように3曲("デッドリー・ドライヴ"、"春"、"夕陽")を除いてインスト曲でアルバムは構成されています。しかも、チバから想起されるようなガレージ色は薄く、ノイズ・ミュージックだったりアンビエントだったりするのが面白いですね。ツアー後の空いた時間などにスタジオで断片を録音してたらしく、ここで鳴っている音が、ライブハウスで爆音を浴びた後、家に帰って無音の中で聞こえるノイズ(耳鳴り)みたいだなって思った。

・YUSUKE CHIBA - SNAKE ON THE BEACH - 『潮騒』ダイジェスト映像


・YUSUKE CHIBA - SNAKE ON THE BEACH - 『潮騒』ダイジェスト映像第二弾


 アルバムにはチバ自らが撮影した写真を使った全収録曲分のイメージビデオDVDが付きます。さらにこれを書いている時点では閉会してるけど写真展を開催。2019/12/6には「潮騒 FILMS」の上映会もシネマート新宿で開催されるので要チェック。


YUSUKE CHIBA-SNAKE ON THE BEACH- -『潮騒』収録曲リスト
01. 新星
02. 鯨
03. ノック ノック ノック
04. エデン
05. 扉
06. 東京
07. 白夜
08. デッドリー・ドライヴ
09. 雨音
10. 流氷
11. 予兆
12. 時間の彼方
13. カリーナ
14. 開花
15. 春
16. 夕陽
17. 少年
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


■YUSUKE CHIBA-SNAKE ON THE BEACH- 写真展「潮騒」
チバユウスケ初の写真展。「潮騒」をBGMに、初公開の写真、ジャケット・ブックレットに使用されたチバユウスケによる写真が溢れた空間で「潮騒」の世界観をお届けする。
チバユウスケデザインによるフォトTシャツ、ポストカードも販売予定。(入場無料)
会期:2019年11月19日(火) 〜 11月27日(水)
会場:AL www.al-tokyo.jp

■「潮騒 FILMS」上映イベント
DISC-2のDVDに収録される「潮騒FILMS」
日時:2019年12月6日(金) 20:50開演 開場20:30
会場:シネマート新宿スクリーン1(新宿区新宿3-13-3新宿文化ビル6F)
入場料金:1,600円(税込) ※全席指定

【サイト内関連記事】
ジェニー / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT (TMGE 106 収録)
映画『“THEE MOVIE” -LAST HEAVEN 031011-』@シネセゾン渋谷
The Birthday@Zepp Tokyo 「TOUR 愛でぬりつぶせ 09」 感想&セットリスト
The Birthday / こだま和文 from DUB STATION TOKYO FM×SHINJUKU LOFT presents 「90×90」@新宿LOFT 感想&セットリスト
なぜか今日は / The Birthday (I'M JUST A DOG 収録)



カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年12月01日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. 美しく燃える森 feat.奥田民生 / 東京スカパラダイスオーケストラ (Stompin' On DOWN BEAT ALLEY 収録)

 東京スカパラダイスオーケストラTokyo Ska Paradice Orchestra)の2002年2月14日発売の22枚目のシングル"美しく燃える森"。2001年から始まった歌もの3部作の最後を飾る曲で、ヴォーカリストに奥田民生をフィーチャー。キリンビール「キリンチューハイ氷結果汁」CMソング。オリコンシングルチャートで6位、この曲が収録された2002年5月22日リリースのアルバム『Stompin' On DOWN BEAT ALLEY』は2019年現在スカパラ唯一のNo1ヒットアルバム。

・東京スカパラダイスオーケストラ / 美しく燃える森


 作詞がバリトンサックスの谷中敦、作曲はベースの川上つよしという組み合わせ。スカパラと民生(ユニコーン)と言えばほぼ同じ時期にデビューしていて、ある意味盟友ともいえる関係なのでこの組み合わせで悪いはずはないですね。田島貴男、チバユウスケと来て、どちらもめちゃくちゃ良かったけど、さらにここで真打ち登場って感じで興奮したのを覚えてます。

 2001年当時すでに民生のパブリックイメージとしては自然体、悪く言えばダラけたものだったけど、スカパラと揃いのスーツをビシッと決めた民生にシビレたもんです。ちなみにゲストボーカル参加をもちかけた時に、民生側から「同じスーツを着させてくれるなら」ってリクエストがあったという話は有名ですね。後、2009年のユニコーン再結成を経て思ったのは、民生は人が作った曲だと本気を出しますよね。自身の曲ももちろんだけど、さらにかっこよさが増します。そこもこの曲の聴きどころかな。

 この最初の歌もの3部作の時に横浜アリーナで、田島貴男・チバユウスケ・奥田民生揃い踏みのライブがあって観に行ったのを思い出します。その頃はまだこのサイトも作ってなかったのでライブレポが残せてないのは残念です。その後もゲストボーカルを招いての歌ものシリーズはあるけど、個人的には最初の3人のものが一番好きかな。それにしても先ごろ出た30周年盤『ツギハギカラフル』までのボーカルリストを下にまとめてみたけど、人選が最高過ぎ。これを全員集めたライブなんかあったら昇天しちゃいそうです(笑)

・タミパラ☆美しく燃える森


■東京スカパラダイスオーケストラ・ゲストボーカルヒストリー


・歌モノシングル3部作 第1弾
2001年 8月8日 めくれたオレンジ vocalist 田島貴男(ORIGINAL LOVE)
2001年 12月12日 カナリヤ鳴く空 vocalist チバユウスケ
2002年 2月14日 美しく燃える森 vocalist 奥田民生

・歌モノシングル3部作 第2弾
2005年 12月14日 追憶のライラック vocalist ハナレグミ(永積タカシ)
2006年 2月15日 サファイアの星 vocalist CHARA
2006年 5月10日 星降る夜に vocalist 甲本ヒロト

2010年 1月27日 流星とバラード vocalist 奥田民生
2015年 7月29日 爆音ラヴソング/めくったオレンジ vocalist 尾崎世界観(クリープハイプ)
2015年 12月9日 嘘をつく唇 vocalist 片平里菜

以下、フィーチャリング表記
2017年 11月29日 白と黒のモントゥーノ vocalist:斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)
2018年 2月21日 ちえのわ vocalist:峯田和伸(銀杏BOYZ)
2018年 11月28日 明日以外すべて燃やせ vocalist:宮本浩次(エレファントカシマシ)
2019年 8月7日 リボン vocalist:桜井和寿(Mr.Children)

・ボーカルはスカパラ
2016年 6月22日 道なき道、反骨の。feat.Ken Yokoyama
2016年 9月7日 さよならホテル feat.Ken Yokoyama

・25周年バンドコラボ
2013年 12月4日 閃光 feat. 10-FEET
2014年 3月12日 流れゆく世界の中で feat. MONGOL800
2014年 7月2日 Wake Up! feat. ASIAN KUNG-FU GENERATION

※2001年以前は割愛


東京スカパラダイスオーケストラ -『Stompin' On DOWN BEAT ALLEY』収録曲リスト
1. (WE KNOW IT'S)ALL or NOTHING
2. めくれたオレンジ
3. DOWN BEAT STOMP
4. SKULL COLLECTOR
5. CALL FROM RIO
6. 灰の城
7. SKAHOLIC GENERATION
8. カナリヤ鳴く空
9. SOUL GROWL
10. 暗夜行路
11. ONE EYED COBRA
12. 美しく燃える森
13. BOGGIE'S NOT DEAD
14. AND THE ANGELS SING ~そして天使は歌う~
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
ハズムリズム / PUFFY×東京スカパラダイスオーケストラ (ハズムリズム 収録)
FACTORY LIVE 0216@FUJI-TV V4 STUDIO(東京スカパラダイスオーケストラ、椿屋四重奏、SUEMITSU & THE SUEMITH、the telephones、THE
流星とバラード / 東京スカパラダイスオーケストラ (WORLD SKA SYMPHONY 収録)
『Fred Perry Presents Sub-Sonic Live』@TSUTAYA O-EAST (東京スカパラダイスオーケストラ / LITTLE BARRIE、OKAMOTO'S

カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年11月28日(木)
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. ¡Dale Dale! 〜ダレ・ダレ!〜 feat.チバユウスケ / 東京スカパラダイスオーケストラ (ツギハギカラフル 収録)

 日本が世界に誇るスカバンド、スカパラこと東京スカパラダイスオーケストラTokyo Ska Paradise Orchestra)のデビュー30周年を記念するアルバム『ツギハギカラフル』収録曲"¡Dale Dale! 〜ダレ・ダレ!"。2001年に歌もの3部作の2作目としてリリースされた"カナリヤ鳴く空"以来のタッグとなるThe Birthdayのチバユウスケをフィーチャー。

・「¡Dale Dale! 〜ダレ・ダレ!〜 feat.チバユウスケ」Music Video / TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA


 チバユウスケをフィーチャーしてるにも関わらず、歌モノ盤とインスト盤の2枚組である今アルバムのインスト盤の1曲目にこの曲は収録。なぜかというとチバは「ラララー」と歌ってるだけで、その他にほぼ掛け声のみ最後までつっきる曲だから。それにしても、これだけで存在感を放つところがチバの声のすごさですね。WOWOWのスペインサッカー19-20シーズンのイメージソングってだけあって、サッカーの試合の応援ソングとしてはまりすぎ。ちなみにチバはFC東京の熱狂的なサポーターとしても有名ですね。それにしてもミュージックビデオに映るチバの笑顔がまぶしい。カナリヤ期(Thee Michelle Gun Elephant時代)の雰囲気とはかなり違うけど、どっちのチバもイイね!

・東京スカパラダイスオーケストラ / カナリヤ鳴く空


 さてさてアルバムの目玉は何と言っても豪華なボーカル陣。モンパチのキヨサク、10-FEETのTAKUMA。銀杏BOYZの峯田和伸、エレファントカシマシの宮本浩次、きわめつけはミスチルの桜井和寿という豪華さ。Blu-ray/DVDに入ってるライブのゲストも豪華で、下記にまとめておきます。歴代ゲストボーカルは別のページにまとめています。


東京スカパラダイスオーケストラ -『ツギハギカラフル』収録曲リスト
・CD DISC 1:歌モノ盤
01. Jamaica Ska feat.キヨサク(MONGOL800)&TAKUMA(10-FEET)
02. ツギハギカラフル(映画「任俠学園」主題歌)
03. リボン feat.桜井和寿(Mr.Children)
04. 遊戯みたいにGO(日本テレビ ドラマ「遊戯みたいにいかない。」主題歌)
05. ザ・ターミナル -Monsieur Periné Remix-
06. ちえのわ feat.峯田和伸
07. メモリー・バンド
08. 明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次
09. 風のプロフィール feat.習志野高校吹奏楽部

・CD DISC 2:インスト盤
01. ¡Dale Dale! 〜ダレ・ダレ!〜 feat.チバユウスケ(WOWOWスペインサッカー 19-20シーズン イメージソング)
02. HAMMERHEAD
03. スペクター(MARO「マーロがあるじゃん」篇 CMソング)
04. ORIHIME !(ダイハツ タント CMソング)
05. ラ・ノーチェ[La Noche]
06. 憂愁モダン〜Album Ver.(新作ミュージカル「怪人と探偵」テーマ曲)
07. Mr. Foolish
08. ザ・ターミナル(TOKYO FM「ONE MORNING」7時オープニングテーマソング)
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


※以下、ブルーレイ版のみ。DVD版はMVと「Are you ready for TOKYO SKA?」未収録
■Blu-ray
・DISC 1:MUSIC VIDEO
01. ちえのわ feat.峯田和伸
02. メモリー・バンド
03. 明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次
04. リボン feat.桜井和寿
05. 遊戯みたいにGO
06. ¡Dale Dale! 〜ダレ・ダレ!〜 feat.チバユウスケ
07. 風のプロフィール feat.習志野高校吹奏楽部

・DISC 2:LIVE 30th Anniversary Tour「Traveling Ska JAMboree」
野望なき野郎どもへ / 満月の夕
GUEST:TOSHI-LOW (BRAHMAN / OAU)
2019/05/02 at DRUM LOGOS

スターな男 / 美しく燃える森
GUEST:奥田民生
2019/05/03 at DRUM LOGOS

サファイアの星
GUEST:LiSA
2019/05/11 at NIIGATA LOTS

ドラムバトル / 火の玉ジャイヴ/ Mach Venus
GUEST:中村達也
2019/05/12 at NIIGATA LOTS

接吻 / めくれたオレンジ
GUEST:田島貴男(ORIGINAL LOVE)
2019/05/16 at PENNY LANE24

ちえのわ / 絶対絶望絶好調
GUEST:大森靖子
2019/05/22 at Rensa

縦書きの雨 / くちばしにチェリー
GUEST:EGO-WRAPPIN'
2019/05/23 at Rensa

流れゆく世界の中で / DON'T WORRY BE HAPPY
GUEST:MONGOL800
2019/05/25 at なんばHatch

Paradise Has No Border -SKY-HI Remix-
GUEST:SKY-HI
2019/05/26 at なんばHatch

閃光 / DOWN BEAT STOMP
GUEST:10-FEET
2019/05/28 at DIAMOND HALL

銀河と迷路 / 美しく燃える森
GUEST:04 Limited Sazabys
2019/05/29 at DIAMOND HALL

歩いて帰ろう / 君と僕
GUEST:斉藤和義
2019/06/06 at HIROSHIMA CLUB QUATTRO

追憶のライラック / いかれたBaby
GUEST:ハナレグミ
2019/06/07 at HIROSHIMA CLUB QUATTRO

カナリヤ鳴く空 / BiSH-星が瞬く夜に-
GUEST:BiSH
2019/06/11 at Zepp DiverCity

30th Anniversary Live「Are you ready for TOKYO SKA?」
2019/06/11 at Zepp DiverCity
戦場に捧げるメロディー(GUEST:フジファブリック)
Are You Ready To Ska?
5 days of TEQUILA
水琴窟
遊戯みたいにGO

【サイト内関連記事】
MONSTER ROCK / TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA (MOODS FOR TOKYO SKA WE DON'T KNOW WHAT SKA IS! 収録)
ハズムリズム / PUFFY×東京スカパラダイスオーケストラ (ハズムリズム 収録)
Pride Of Lions / 東京スカパラダイスオーケストラ (Perfect Future 収録)
流星とバラード / 東京スカパラダイスオーケストラ (WORLD SKA SYMPHONY 収録)
「SMA AWARDS 2014 〜輝く!日本エスエムエー大賞〜」@日本武道館 (東京スカパラダイスオーケストラ、氣志團、フジファブリック、ユニコーン 他) 感想&セットリスト



カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年11月27日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. コールドスリープ / のろしレコード(松井文、折坂悠太、夜久一) (OOPTH 収録)

松井文折坂悠太夜久一からなる音楽ユニットかつレコードレーベル、のろしレコードの2019年10月30日リリースの2ndアルバム『OOPTH』収録曲"コールドスリープ"。

・のろしレコード(松井文、折坂悠太、夜久一)- コールドスリープ MV


 この曲は作詞・作曲ともに折坂悠太。アコースティックでフォーキーなサウンドが心地よい。マンドリンとサックスの音色が優しい。アメリカのフォークロック的な感じも良い。

 タイトルの「コールドスリープ」とはウィキペディアによると、こういう意味らしい。
コールドスリープ(和製英語: cold sleep)とは、宇宙船での惑星間移動などにおいて、人体を低温状態に保ち、目的地に着くまでの時間経過による搭乗員の老化を防ぐ装置、もしくは同装置による睡眠状態。移動以外にも、肉体の状態を保ったまま未来へ行く一方通行のタイムトラベルの手段としても用いられる。


 サウンドとは裏腹なSFな歌詞だけど、SFっていわゆる20世紀に考えてた未来で、21世紀になって20年近く経とうとしているこの2019年にはある意味、未来でもありつつ、過去の懐かしい感じもあって、それがのろしレコードのこの感じにすごくマッチしてる気がします。

 アルバムには3人それぞれが作ってきた新曲や自身の曲のセルフカバーが収められています。バックにはライブを共にするコントラバスの宮坂洋生、SAXのハラナツコ、ドラムのあだち麗三郎からなる悪魔のいけにえをサポートに迎え合宿形式でレコーディング。そのドキュメントなんかもYouTubeに上がってたりします。

 折坂悠太を昨年初めて知り、平成の最後に良いアーティストを知ったなぁと思ったけど、令和になったらまた彼のおかげで2人も素晴らしいアーティストに出会えた。ぜひ皆さんも狼煙を上げてどんどんこの3人を広めてって欲しいね。

・インタビューなどなど
ANTENNA:https://kyoto-antenna.com/post-34465/
CINRA.net:https://www.cinra.net/interview/201911-noroshi_ymmts

・松井文『ダイジョーブ』


・夜久一『深い河』(のろしレコード企画 第1回「在りしひ」)



のろしレコード -『OOPTH』収録曲リスト
01. コールドスリープ(折坂悠太 新曲)
02. チャイナガール (夜久一 新曲)
03. さなぎ (松井文 新曲)
04. よるべ (折坂悠太 セルフ・カバー)
05. OOPTH (新曲)
06. 深い河 (夜久一 セルフ・カバー)
07. 道 (折坂悠太 セルフ・カバー)
08. ダイジョーブ (松井文 セルフ・カバー)
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
芍薬 / 折坂悠太 (ざわめき 収録)
平成 / 折坂悠太 (平成 収録)


カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年11月21日(木)
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. オトナノススメ〜35th 愛されSP〜 / 怒髪天 (怒髪天 収録)

 怒髪天、結成35周年を記念し2019年10月16日にリリースするその名も『怒髪天』に収録されているトリビュート曲"オトナノススメ〜35th 愛されSP〜"。オリジナルは2009年にリリースされたシングル(2010年のアルバム『オトナマイト・ダンディー』収録)

・怒髪天、もっと!もっと!愛されたくて35年。トリビュート「オトナノススメ〜35th 愛されSP〜」Music Video


・オリジナル 怒髪天/オトナノススメ


 ギターウルフのセイジによるギターのフィードバック、そして「ロッケンローッ!」のシャウトから始まり、KING BROTHERSのマーヤの「ロッケンローッ!」のシャウトで終わるまで、総勢220名参加というなんとも豪華というか、これを編集した人の苦労が想像を絶する(笑)トリビュート作になってます。下にレコーディングに参加したアーティストの一覧を載せておきます。

オトナノススメ〜35th 愛されSP〜 参加者一覧


【Vocal & Chorus】
綾小路 翔 (氣志團)
飯室大吾 (FM802)
石川純 (HOT STUFF PROMOTION)
内田絢子 (FM802)
うつみようこ
Oi-SKALL MATES
大木温之 (The ピーズ)
大槻ケンヂ
岡峰光舟 (THE BACK HORN)
掟ポルシェ (ロマンポルシェ。)
奥野真哉 (ソウル・フラワー・ユニオン)
オサナイユウタ (The Jerry)
ガガガSP
影山ヒロノブ
梶芽衣子
勝手にしやがれ
加藤ひさし (THE COLLECTORS)
川中美幸
ギターウルフセイジ
吉川晃司
木村充揮
京都磔磔
クジヒロコ
クラブカウンターアクション宮古
グループ魂
黒崎栄介 (名古屋ハックフィン)
KOHKI (BRAHMAN/OAU)
コヤマシュウ (SCOOBIE DO)
近藤"OSSAN"寛 (名古屋CLUB UPSET)
斉藤和義
THEイナズマ戦隊
ザ50回転ズ
THe COMMONS
佐々木たくお (札幌スーパーギャグメッセンジャーズ)
THE BAWDIES
サンボマスター
ZIP (LATLX (LUCY & THE LIPSTIX))
柴山俊之
清水音泉
ジョージ・ウィリアムズ
陣谷良将 (長野CLUB JUNK BOX)
四星球
スガ シカオ
菅波栄純 (THE BACK HORN)
菅原 卓郎 (9mm Parabellum Bullet)
杉作J太郎
鈴木圭介 (フラワーカンパニーズ)
須藤寿 (髭)
スマイリー原島
SLANG
騒音寺
TARSHI (ex.LONESOME DOVE WOODROWS)
TAISEI (SA)
タカハシマイ (Czecho No Republic)
滝 善充 (9mm Parabellum Bullet)
田島貴男 (ORIGINAL LOVE)
田中要次
チバユウスケ
土屋大輔 (ジェイルハウス)
鐵槌
10-FEET
土井コマキ (FM802)
東狂アルゴリズム
TOSHI-LOW (BRAHMAN/OAU)
トータス松本 (ウルフルズ)
怒髪天CREW (小野仁子, 岡田"どらごん"聡, 木村"Q太郎"至, 横山隆義)
TOMOVSKY
トライシグナル
中川敬 (ソウル・フラワー・ユニオン)
中島ヒロト (FM802)
仲野茂 (亜無亜危異)
奈良美智
二井原実 (LOUDNESS)
ニュータウン御意見無用バンド
ニューロティカ
BAZRA
板東さえか (FM802)
PIGGY BANKS (矢沢洋子 keme)
日高央 (THE STARBEMS)
BUGY CRAXONE
POLYSICS
前田亘輝 (TUBE)
MAKOTO (BRAHMAN/OAU)
まちゃまちゃ
松川隆 (夢番地)
松田晋二 (THE BACK HORN)
祭の妖精・祭太郎
マーヤ (KING BROTHERS)
ミスター小西 (フラワーカンパニーズ)
MR.PAN (THE NEATBEATS)
壬生狼
MILK&WATER
MONGOL800
柳家睦
山田将司 (THE BACK HORN)
山中さわお (the pillows)
山本譲二
よーかい (LTD EXHAUST/画鋲)
雷矢
riverロマンチック日本代表!!!
リリー・フランキー
LUCY (LATLX (LUCY & THE LIPSTIX))
RONZI (BRAHMAN/OAU)
ワタナベイビー (ホフディラン)
渡辺俊美 (TOKYO No.1 SOUL SET, THE ZOOT16, 猪苗代湖ズ)
渡辺美里

【Guitar】
内田勘太郎
カトウタロウ
KOHKI (BRAHMAN/OAU)
佐藤タイジ (シアターブルック・THE SOLAR BUDOKAN主宰)
菅波栄純 (THE BACK HORN)
ギターウルフセイジ
竹安堅一 (フラワーカンパニーズ)
NAOKI (SA)
古市コータロー (THE COLLECTORS)
マツキタイジロウ (SCOOBIE DO)
真鍋吉明 (the pillows)
横山健 (Ken Yokoyama, Hi-STANDARD)
和嶋慎治 (人間椅子)

【Bass】
上田ケンジ
ウエノコウジ
岡峰光舟 (THE BACK HORN)
グレートマエカワ (フラワーカンパニーズ)
Jun Gray (Ken Yokoyama)
ナガイケジョー (SCOOBIE DO)

【Drums】
池畑潤二
オカモト"MOBY"タクヤ (SCOOBIE DO)
クハラカズユキ
小関純匡 (マチルダロドリゲス, VooDoo Hawaiians, 玉響楽団)
ナカジマノブ (人間椅子)
RONZI (BRAHMAN/OAU)

 この参加者が登場するレコーディング風景を組み合わせたミュージックビデオもなかなか良くて、チバ・クハラ・ウエノの元Thee Michelle Gun Elephantの3人が並ぶとことか、The ピーズのはるとTOMOVSKYの大木兄弟が並ぶととこが熱い!

 このレコーディングに参加した人たちが怒髪天に向けてコメントをする動画も公開されているんだけど(期間限定って書いてあるのでいつみれなくなるかわからないので早めにチェックしてね)、「検査が大事ととく」と山本譲司と、増子が梶芽衣子が好き過ぎてドスにサインをもらいに来たエピソードを披露する梶芽衣子の話がツボです。

・怒髪天トリビュート「オトナノススメ〜35th 愛されSP〜 THE MOVIE」【期間限定】



怒髪天 -『怒髪天』収録曲リスト
01. シン・ジダイ  
02. やるイスト
03. オトナノススメ〜35th 愛されSP〜
04. オトナノススメ〜35th 愛されSP〜カラオケver
05. オトナノススメ〜35th 愛されSP〜インストver
(コーラスも入ってません。みなさんで大合唱してお楽しみください)
06. オトナノススメ〜35th 愛されSP〜GUITAR mainMIX ver
(細部にわたるギタリストの緻密なプレイをお楽しみください)
07. オトナノススメ〜35th 愛されSP〜DRUM/BASS mainMIX ver
(普段は歌とギターに主役の座を奪われがちなリズム隊を大フィーチャー。うねるベースライン、ドラムのゴーストまでお楽しみください)

■DVD(Blu-ray)収録内容■
【1】6/23(日)渋谷TSUTAYA O-EAST / TSUTAYA O-WESTで行われた『大怒髪展』のドキュメント映像、怒髪天メンバーによる雑エンターテインメントSHOWをダイジェストで収録。
<雑エンターテインメントSHOW収録詳細>
・増子直純 シャンソンショー『例の紅いドレスで…』
・上原子友康 三味線LIVE SHOW『留萌のカマリ』
・清水泰次 演芸ショー
・坂詰克彦 THE MOVIE

【2】怒髪天、もっと!もっと!愛されたくて35年。極楽元年(予想)四都巡啓
6/24(月)渋谷TSUTAYA O-WEST「〜嗚呼!花の東京28年生〜ワンマンライブ映像。さらに、名古屋編、札幌編、大阪編のダイジェスト映像を収録。
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする




【サイト内関連記事】
労働CALLING / 怒髪天 (労働CALLING 収録)
DIENOJI ROCK FESTIVAL VOLUME 2@CLUB CITTA'
DIENOJI ROCK FESTIVAL 4 LAST DAY@川崎CLUB CITTA'

カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年10月29日(火)
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. ライジングサン / 奥田民生 (ライジングサン 収録)

 RISING SUN ROCK FESTIVALをイメージして製作された曲、その名もズバリ"ライジングサン"。発売日である2019年10月21日は、ソロデビュー曲"愛のために"のリリース日1994年10月21日からちょうど25周年の記念すべき日です。

・奥田民生「ライジングサン」ミュージックビデオ


 『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO』の楽屋エリア内に設置された「ホッカイカンタビレ特設スタジオ」にて、出演ミュージシャン達と一緒に「RISING SUN ROCK FESTIVAL」のイメージソングをレコーディングする、という「ひとりカンタビレ」のフェス版「ホッカイカンタビレ」で作られたもの。作詞・作曲は奥田民生自身ですが、参加しているミュージシャンがすごい。一覧にするとこんな感じ。

ホッカイカンタビレ・レコーディング参加アーティスト


奥田民生:Vocal・Guitar・Bass・Drums・Chorus
増子直純(怒髪天):Vocal・Chorus
崎山蒼志:Guitar・Chorus
真心ブラザーズ(YO-KING・桜井秀俊):Vocal・Guitar・Chorus
GLIM SPANKY(松尾レミ・亀本寛貴):Vocal・Guitar
ASA-CHANG:Percussion
エマーソン北村:Keyboard
中村達也:Drums
Rei:Guitar
フジファブリック:山内総一郎(Guitar・Chorus)・金澤ダイスケ(Mellotron)・加藤慎一(Bass)
Très Joyeux:金原千恵子(Violin)&笠原あやの(Cello)
吉川晃司:Vocal
湊雅史:Drums
ウエノコウジ:Bass
TOSHI-LOW(BRAHMAN・OAU):Vocal
2019年8月17日「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO」ボヘミアンガーデンの奥田民生ステージにお集まりいただいた皆さん:Chorus

 コーラスに参加できたお客さんがうらやましい。ちなみに今年のライジングサンは初日8月16日(金)が退位風の影響のため中止に。もしそれが中止になってなかったら初日に出演予定だったアーティストもこの中に入ってたんだろうなって思うとちょっと残念ですね。

 歌詞の方はまんまライジングサンに参加する心意気をうたったようなものになってるのがいいですね。曲が進むにつれた音が重なって厚くなっていったところで、最後に「日が昇るまで 夜が明けるまで 力尽きるまで 弦が切れるまで 声が枯れるまで」ってところが"息子"とか"Custom"などの民生の過去のミドルテンポの名曲たちに通じるものがあって個人的には胸熱です。後は、「どかーんと花火を」ってフレーズを真心の桜井がボーカルをとってる(YO-KINGじゃないところがミソ)ところもツボです。


奥田民生 -『ライジングサン』収録曲リスト
01. ライジングサン
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


 また、初参加の2000年から今年までの20年間のRISING SUN ROCK FESTIVALの出演の記録(ソロだけでなくTHE BAND HAS NO NAME、サンフジンズ、ユニコーンも含む)民生のパフォーマンスを収めたブルーレイ/DVD『RISING SUN OT FESTIVAL 2000-2019』のリリースも決定していてこっちも楽しみ!ホッカイカンタビレの様子も収録されてるんだとか。

・『RISING SUN OT FESTIVAL 2000-2019』ティザー映像




【サイト内関連記事】
custom / 奥田民生 (E 収録)
明日はどうだ / 奥田民生 (Fantastic OT9 収録)
ぼくら / 奥田民生 (O.T. Come Home 収録)
「奥田民生 生誕50周年伝説 ”となりのベートーベン”」開催決定&出演者・豪華ゲスト一覧まとめ
奥田民生@日本武道館 「MTRY LIVE AT BUDOKAN」 感想&セットリスト

カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年10月25日(金)
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. 海辺に咲くばらのお話 / Cocco (スターシャンク 収録)

 Cocco、2019年10月2日リリースの約3年ぶり、記念すべき10作目となるフルアルバム『スターシャンク』のリード曲"海辺に咲くばらのお話"

・Cocco 「海辺に咲くばらのお話」 Music Video


 柔なかな電子音、鍵盤、ストリングスに導かれ始まる曲。ダークな雰囲気なんだけど、包み込むように歌い上げるCoccoの歌声が優しく響く。ロンドンで服飾を専攻する20歳の大学生TON TON GARNETという人が手がけた美しいミュージックビデオも素晴らしく、そちらと合わせて聴くとなお良いです。そこに映るCoccoの表情は、穏やかでもあり、力強さもあるもので、紆余曲折がありながらもこんなに長く彼女が音楽活動をしてくれているという事実と重ね合わせてなんかグッとくるものがあります。後、映像の雰囲気も相まって、穏やかさと狂気、神秘的な部分も兼ね備えたところはビョークに近いものを感じさせます。

 ビデオの話で言うと、最後の方でCoccoの息子さんが一瞬登場します。一瞬すぎて気づかなかった人は、同アルバム収録の"願い叶えば"のMVも観てみるといいですよ。

・Cocco 「願い叶えば」 Music Video


 この曲も含め、アルバムのプロデュースを2作品ぶりに根岸孝旨がつとめているのも注目。デビューの頃から追っかけているものとしてはやっぱりこのタッグは特別なんですよねぇ。2017年に20周年記念で武道館で一緒にステージに立ってる姿を見て「これだよこれー」って思ったもんなぁ。90年代オルタナを感じさせる曲もあってオールドファンは嬉しい人多いのでは。リリース後に出演したミュージックステーションを観てCoccoを初めて知った人にも入門編としてもちょうど良いのではないでしょうか。

 12月には全国6ヶ所で「Cocco Live Tour 2019 “Star Shank”」と題してツアーが行われます。こちらも要チェック。最後にアルバムにたいしてのCoccoのコメントをどうぞ。一気にではなくても一歩ずつ進んでいくCoccoのこれからも楽しみ。

Cocco コメント
アクセサリー作りにおいて、
「シャンク」=繋ぐという技術を教わりました。
それは、今まで無理だと諦めていた類いの物まで
作れるようになる新しい術(すべ)との出会いでした。
人生を照らすそんな小さな光を、ひとつづつ繋いで、
また一歩、その先へ進んで行けるということ。
何度も、何度も何度も。
結局、どうしたって止められない歌を
またあなたに届けさせてほしい。
「スターシャンク」
光を繋いで、みんなで生きていけますように。

Cocco



Cocco -『スターシャンク』収録曲リスト
01. 花爛
02. 2.24
03. 夕月
04. 海辺に咲くばらのお話
05. Gracy Grapes
06. くちづけ
07. Ho-Ho-Ho
08. 願い叶えば
09. 極悪マーチ
10. Come To Me
11. Being Young
12. フリンジ
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
Rainbow / Cocco (焼け野が原 収録)
雲路の果て / Cocco (ラプンツェル 収録)
ニライカナイ / Cocco (エメラルド 収録)
「CまでNight ♥ ワンツースリー」@Zepp DiverCity Tokyo (Cocco、Plenty、ヒトリエ) 感想&セットリスト
Cocco@日本武道館 『Cocco 20周年記念 Special Live』 感想&セットリスト 

カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年10月22日(火)
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. 涙はふかない / カーリングシトーンズ (氷上のならず者 収録)

 奥田民生(奥田シトーン)、寺岡呼人(寺岡シトーン)、斉藤和義(斉藤シトーン)、浜崎貴司(浜崎シトーン)、YO-KING(キングシトーン)、トータス松本(トータスシトーン)という歴戦の強者ども6人からなるカーリングシトーンズのデジタル配信シングル"涙はふかない"。2019年11月27日リリースのデビューアルバム『氷上のならず者』収録。

・カーリングシトーンズ 「涙はふかない」MV


 この曲は作詞が寺岡シトーンとトータスシトーン、作曲が寺岡シトーン。すでに昨年末に公開されていた"スベり知らずシラズ"はローリングストーンズ風の切れ味鋭いロックンロールナンバーだったけど、こちらは歌謡曲風の爽やかなサウンドになっています。ボーカルも6人が割と均等にとってる感じ。和気あいあい楽しむおっさんたちが堪能できます。特にその和気あいあいさが伝わるミュージックビデオを見ながら聴くとさらに楽しい。大盛りの白飯をもぐもぐしながら歌う(というか歌うふりすらしないキングシトーン笑)もぐもぐタイムもあり!一応"カーリング"ってところは忘れてないけど、ちょっとネタが古いのはご愛嬌。その辺もバンド名決めたりコンセプト決めたりしてるときにみんなで盛り上がったノリで考えたんだろうなってのを想像するとニヤニヤさせられる。

 結成からかなり経ったけど、ついにデビューアルバムとツアーの詳細も発表されました。全員が曲を作れる(というか日本を代表するソングライターばかり!)なのでどんな曲が飛び出すのか楽しみすぎますね。


カーリングシトーンズ -『氷上のならず者』収録曲リスト
01.スベり知らずシラズ
02.何しとん?
03.俺たちのトラベリン
04.わかってさえいれば
05.マホーのペン
06.キャラバン
07.タイムテーブル
08.B地区
09.出会いたい
10.Oh! Shirry
11.夢見心地あとの祭り
12.涙はふかない

・初回生産限定DVD
01. 2018年カーリングシトーンズ デビューライブ記者会見 映像
02. オリジナル映像『カーリング場にシトーンズがやって来るワァ!ワァ!ワァ!』
03. Music Video『涙はふかない』
04. 特別メイキング映像
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする

<アルバムリリースに際してのメンバーコメント>
寺岡シトーン「バイバイする時、寂しい気持ちになる。そんな中学生の頃に戻ったようなアルバム制作でした」
奥田シトーン「雑なところがいいです」
斉藤シトーン「なんかいいよ!」
浜崎シトーン「楽しかった?!」
キングシトーン「楽しい録音、カッコいい音楽」
トータスシトーン「いろいろやってるでー!」


■カーリングシトーンズTOUR 2019-2020「やったぁ!明日はシトーンズだ!」
東京公演 12月23日(月曜日)東京国際フォーラムホールA
熊本公演 1月11日(土曜日)熊本城ホール メインホール
大阪公演 1月13日(月/祝)大阪・オリックス劇場
広島公演 1月14日(火曜日)広島文化学園HBGホール
名古屋公演 1月28日(火曜日)名古屋国際会議場センチュリーホール

<ツアーにむけたメンバーコメント>
寺岡シトーン「あっという間に終わって、またまた寂しい気持ちになるのが目に見えてる!」
奥田シトーン「各地ですべろうと思います」
斉藤シトーン「飲むよー!」
浜崎シトーン「楽しみ〜!」
キングシトーン「体力つけて、楽しむぞ!」
トータスシトーン「いろいろやるでー!」


【サイト内関連記事】
スベり知らずシラズ / カーリングシトーンズ (スベり知らずシラズ 収録)

カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年10月21日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. 屍を越えてゆけ / AAAMYYY (BODY 収録)

 長野出身のシンガー・ソングライター/トラックメイカー、Tempalayのキーボード奏者としても活動するAAAMYYYエイミー)の2019年2月6日リリースの1stフルアルバム『BODY』のリードトラック"屍を越えてゆけ"。

・AAAMYYY "屍を越えてゆけ" (Official Music Video)


 たゆたうように浮遊するシンセサウンドが印象的な曲。サウンド、ビート、声、メロディ、詩的な歌詞、全てが一度聴いたら耳から離れずクセになる。「屍を越えてゆけ」となかなかインパクトのある曲名。これは彼女が好きだという米ヒップホップアーティスト、ドレイクの"Over My Dead Body"という曲名を日本語にしたものだとか。

・Drake - Over My Dead Body


 もともとキャビンアテンダントになりたくてカナダへ留学。その際、様々な宗教の人と出会い、それぞれの死生観に触れ、彼女自身の宗教的アイデンティティを考えた時に思い浮かんだのが「三途の川」で、それをイメージしてこの曲を作ったとインタビューで語っています。ちなみにアルバムに収録されている"愛のため"という曲は、彼女の曲作りの師匠で昨年亡くなったTakuma Oikawaという方に捧げられています。アルバムの曲群に通底するメランコリックな佇まいは、日常に溢れる生とか死のイメージからくるものなのかも。アルバムのあらすじとして彼女が語っているのはこんな感じらしい。
今回は最初にあらすじを考えたんですよ。「時は2615年のβ版、陰謀まみれの政治と人々の闘争が止まらない未来都市。郊外に隠れるように佇む小さな脳科学研究所に、秘密組織が潜入した。人間らしさとは、生きるとは何なのか?」っていうSF映画のようなプロットで。それを元にワクワクしながら作りました。


 アルバムにはNYブルックリンを拠点に活動するコンピューター・マジックとの共作曲や、PAELLASのボーカル・MATTON、TAWINGSのCONY PLANKTONなどが参加(JILも海外のアーティスト?)。正直私はこのアルバムだけでもう彼女の虜。ひたすら聴いていられる。個人的に2019年は彼女と海外ではビリー・アイリッシュのデビュー作があれば1年すごせるね。トラックもクセになるけど、メロディがどれもすばらしすぎる。基本的にはスマホアプリ「Figure」(すでに配信停止。。)を使ってベースを作っているらしいけど、彼女がサポートを務めるTENDREだったり、SANABAGUN.、ODD FOOT WORKSのメンバーなどを加えたバンド形式でライブをやったりしてるらしく、それも観てみたい。


AAAMYYY -『BODY』収録曲リスト
01. B2615
02. GAIA
03. 被験者J
04. Z (feat. Computer Magic)
05. ポリシー
06. ISLAND (feat. MATTON)
07. 愛のため
08. All By Myself (feat. JIL)
09. 屍を越えてゆけ
10. EYES (feat. CONYPLANKTON)
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
新世代 / Tempalay (from JAPAN 2 収録)



カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年03月30日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. 邦楽 (2010年代)
  3. すべてのありふれた光 / Grapevine (All The Light 収録)

 GRAPEVINEグレイプバイン)、2019年2月6日リリースの16枚目のアルバム『ALL THE LIHGT』のラストを飾る曲"すべてのありふれた光"。

・GRAPEVINE - すべてのありふれた光 (Music Video)


 作詞はヴォーカルの田中和将、作曲はドラムの亀井亨。全員が作曲をするバンドだけど、その中でもこの王道コンビの曲だけあって、アルバムの中でも最もとっつきやすい曲かも。その分、ちょっと既聴感はあるけど入っている音の一つ一つがどれも最高に気持ちいいってところはさすがの一言。アルバムを締めるにふさわしい。この曲によってアカペラコーラスの"開花"や、エレキギターの弾き語り"こぼれる"、サイケな"ミチバシリ"、ハードな"God only knows"などがさらに引き立つ感じがする。

 「ALL THE LIHGT」とアルバムタイトルにある通り「光」がテーマになっていると思うんだけど、唯一この曲だけが曲名に「光」が入っていますね。バインで「光」っていうとどうしても代表曲"光について"を思い出しますが(その頃がもっともブレイクに近づいたと本人たちも何かで言ってた気がしますが)、今も変わらず淡々と良作を出し続けてくれてるってのはかっこいいね。しばらくセルフプロデュースが続いていたけど、今作のプロデューサーは、1998年(21年前!!)の1stフルアルバム『退屈の花』にも参加していたホッピー神山がつとめているとこも注目です。

 ミュージックビデオは2017年の"Arma"の他、数々のアーティストの作品を手がけた映像作家のフカツマサカズ。ボーカルの田中と女優の森田想が出演し、連続撮影した1500枚以上の写真を使用たタイムラプス形式のロードムービーのような作品になっています。

 4月からは今作を引っさげたツアーも開催。日程は下の方に載せておきます。どっかで観たいなぁ。とにかくライブが良いので。田中のドS感たっぷりのMCも聞きたいね。


GRAPEVINE -『ALL THE LIGHT』収録曲リスト
1.開花 
2.Alright
3.雪解け 
4.ミチバシリ 
5.Asteroids
6.こぼれる 
7.弁天 
8.God only knows
9.Era
10.すべてのありふれた光

[初回限定版DVD収録内容]
「GRAPEVINE LIVE RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO」
01.Arma
02.疾走
03.スロウ
04.Darlin from hell
05.エレウテリア
06.Golden Dawn
07.CORE
08.光について
09.Everyman, everywhere
・Apple Musicで試聴&ダウンロードする


【サイト内関連記事】
MISOGI / GRAPEVINE (MISOGI EP 収録)
GRAPEVINE Club Circuit 2012@渋谷CLUB QUATTRO (グレイプバイン、アナログフィッシュ)
GRAPEVINE / くるり 『MUSIC COMPLEX 2014 winter』@豊洲PIT 感想&セットリスト
GRAPEVINE@Zepp Tokyo (guest:ユニコーン) 『GRUESOME TWOSOME』 感想&セットリスト
Arma / Grapevine (Roadside Prophet 収録)



■GRAPEVINE tour2019 日程
4月12日(金) LIQUIDROOM
4月14日(日) 新潟LOTS
4月20日(土) 神戸ハーバースタジオ
4月21日(日)  Live House浜松窓枠
4月27日(土) 札幌ペニーレーン24
5月11日(土) 熊本B.9 V1
5月12日(日) 鹿児島CAPARVO HALL
5月18日(土) 岡山YEBISU YA PRO
5月19日(日) 松山Wstudio RED
5月25日(土) 金沢EIGHT HALL
5月26日(日) 長野CLUB JUNK BOX
6月1日(土) 盛岡Club Change WAVE
6月2日(日) 仙台Rensa
6月8日(土) 福岡DRUM LOGOS
6月9日(日) 広島クラブクアトロ
6月14日(金) 名古屋ボトムライン
6月15日(土) なんばHatch
6月22日(土) 宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2
6月23日(日) 郡山CLUB#9
6月28日(金) Zepp DiverCity
カテゴリ : 邦楽 (2010年代) ・ comments(0) K 
2019年03月27日(水)

Related Posts with Thumbnails