1. K's今日の1曲
  2. Reggae / Dub / Ska
  3. This Day / Rico Rodriguez (Man from Wareika 収録)

 2015年9月4日、キューバ生まれ、ジャマイカ育ちのトロンボーン奏者、Rico Rodriguezリコ・ロドリゲスが亡くなりました。享年80歳。彼の代表作である76年のリリースの名盤『Man from Wareika』の1曲目"This Day"をご紹介。

・Rico Rodriguez - This Day


 リコと言えば、UKの2トーンバンド、The Specialsとの共演のイメージが強く(ボーカルのテリー・ホールによる追悼文がNMEに載っていたので下の方に引用させていただきます)、軽快なスカを思い浮かべますが、このアルバムの冒頭を飾る曲は、静かなマイナー調の鍵盤のメロディから始まるディープなルーツレゲエサウンド。深く優しいリコのトロンボーンの音色にメロメロになります。アルバムのジャケットのイメージもありますが、どこか宗教的で厳かな気分にもなりますね。リズム隊はスライ&ロビー、ギターにジュニア・マービンなども参加!

 60年代初頭、活動期間の早いうちに渡英し、演奏の腕を磨いていたリコが、ジャマイカに帰郷しJoe Gibbsのスタジオにて録音したこのアルバム("Africa"のみイギリスでレコーディング)。作曲もリコが全て手がけていて、演奏だけでなく作曲能力の高さも際立つレゲエ/スカ史上に残る傑作だと思います。ちなみにアメリカではジャズの名門レーベル、ブルーノートからリリースされていて、同レーベル唯一のルーツレゲエアルバムだったりします。

 タイトルにある「ワレイカ」とは、ジャマイカにあったワレイカ・ヒルというラスタコミューンの名前らしく、そこでリコはCount OssieTommy McCookDon Drummondなど錚々たるメンツと切磋琢磨してたらしい。想像するだけで心踊りますね。

 また、今作にはダブアルバム『ワレイカ・ダブ』が存在し、10年くらい前に国内盤CDで再発されましたが、それまでオリジナルのアナログ盤は無茶苦茶高価な値段で取引されてたんだとか。ま、アナログ盤で聴けたら最高だろうけどね。とにかく今ではCDで簡単に手に入るので、ぜひこの傑作を聴いて、リコのご冥福を祈りましょう。天国でスカタライツのメンバーとセッションなんかしてるんじゃないかな。

 2015年9月22日にはスカパラなどが出演する追悼ライブが代官山UNITで行われるので、こちらもチェック!


Rico Rodriguez -『Man from Wareika』収録曲リスト
1."This Day"
2."Ramble"
3."Lumumba"
4."Africa"
5."Man from Wareika"
6."Rasta"
7."Over the Mountain"
8."Gunga Din"
9."Dial Africa"

カテゴリ : Reggae / Dub / Ska ・ comments(0)  
2015年09月10日(木)
  1. K's今日の1曲
  2. Reggae / Dub / Ska
  3. Every Tongue Shall Tell / WAYNE JARRETT (BUBBLE UP:Showcase Volume 1 収録)

 1982年発表、WAYNE JARRETTウェイン・ジャレット)の『BUBBLE UP』。NYの伝説的レゲエ・レーベル、Wackie'sワッキーズ)のHORACE ANDYホレス・アンディ)の『DANCE HALL STYLE』と双璧をなす名盤中の名盤です。プロデュースはレーベルオーナーのBullwackieブルワッキー)ことLloyd Barnesロイド・バーンズ)とClive Huntクライヴ・ハント)。

 この"Every Tongue Shall Tell"はそのホレス・アンディのカヴァー。ウェイン・ジャレットのホレスからの影響も大きいハイトーンなのに深い歌声と哀愁のあるサウンドがピッタリ。歌物の前半に後半がダブになっていくショーケーススタイルになっており、ワッキーズ特有の所謂ドンシャリサウンドがばっちり堪能できます。間奏に入るディストーション(ファズ?)の効いたギターがすごく印象に残ります。

 アルバム全編通して本場ジャマイカのReggaeとはまた一味違ったニューヨークのワッキーズならでは洗練された音がたまらないですね。1曲目の"Brimstone and Fire"なんかも超カッコイイのでぜひ!モノクロのジャケットも超カッコイイ。

Wayne Jarrett - Bubble Up: Showcase Volume 1
1. Brimstone And Fire
2. Every Tongue Shall Tell
3. Magic In The Air
4. Bubble Up
5. Darling Your Eyes
6. Holy Mount Zion

Drums : Edmond Sylvester, Jah Scotty
Bass : Harold Sylvester, Umoja & Roy Robertson
Rhythm Guitar : Ras Makonnen, Jerry Harris
Lead Guitar : Jerry Harris
Keyboards : Steppy, Allah, Azul
Horns : Jerry Johnson
Flute : Clive Hunt
Percussions : The Chosen Brothers
Backing Vocals : Wayne Jarrett, The Chosen Brothers

Produced and Arranged : Lloyd 'Bullwackie' Barnes and Clive 'Azul' Hunt
Executive Producer : Horace Brown
Recording Engineer : Prince Douglas Levy
Masterd at Soundwave, NYC



【サイト内関連記事】
Government Land / HORACE ANDY (IN THE LIGHT 収録)
Every Tongue Shall Tell / Horace Andy (Skylarking 収録)
Spying Glass / HORACE ANDY (DANCE HALL STYLE 収録)
カテゴリ : Reggae / Dub / Ska ・ comments(0)  
2009年10月10日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Reggae / Dub / Ska
  3. All Day All Night / Bob Marley & The Wailers (Catch A Fire [Deluxe Edition] 収録)

 レゲエの神様ボブ・マーリー率いるBob Marley & The Wailers(正確にいうとこの頃はThe Wailers(ザ・ウェイラーズ)名義)の1973年のIslandレーベルからのメジャー・デビュー作『Catch A Fire』収録曲。と言っても実は発表当時のレコードにはこの曲は収録されていません。この"All Day All Night"と"High Tide or Low Tide"は後の数度目かのCD化の際にボーナストラックとして収められたものと、そして、2000年代になってついに解禁されたオリジナルのジャマイカVer.に収められています。

 ミドルテンポで粘りつくようなギターカッティングがこれぞReggae!といいたくなる曲で、ボブの歌を中心に、Peter Toshピーター・トッシュ)とBunny Wailerバニー・ウェイラー、Bunny Livingston)のコーラスが加わり3色の声の重なりが泣けるほどカッコイイ。Aston "Family man" Barrett(アストン・バレット)とCarlton Barrett(カールトン・バレット)のバレット兄弟というレゲエ史上最強のリズム隊の演奏が良いのは言わずもがな。

 現在では良く知られているように、この『キャッチ・ア・ファイア』は、元々のJamaica録音の後に、アイランドレコード社長のクリス・ブラックウェルの手によってアメリカのミュージシャンを使って英国でオーバーダブをされてリリースされています。これはブラックウェルが当時まだ広くは知られていなかった"REGGAE"というジャンルの音楽を、これまでのロックの文脈の中の新しいものとして売り出そうとしてロック色を加えたとの事。そういった理由もあり、この曲もはずされたのでしょうけど、こんな名曲を外すなんて考えられないですね。。ま、それ以上の名曲がつまりまくってる作品なんだけど。

 そしてデラックスエディションとして、Disc1に未発表だったジャマイカ・ヴァージョン、Disc2にオリジナル英国ヴァージョンを収めたものが手に入るようになったんですが、リリース当初からいたるところのレビューで、「Jamaica ver.を聴いたら英国ver.はもう聴けない」とか、ジャマイカ版を絶賛するような記事を見るようになりました。1曲目の"Concrete Jungle"を聴けばその違いは明らかで、ジャマイカVer.の音の生々しさはハンパないです。なので、先述のような言い草もよくわかるのですが、個人的には英国Ver.も捨てがたい。"Concrete Jungle"の間奏のギターソロを「下品」と表現したレビューも見たことあるけど、あれほど哀愁があって泣けるギターはないと思うんだけどなぁ。てか、このオーバーダブを当時のボブ・マーリーは嬉々として受け入れたという話も聴いたことあるし、彼が妥協してリリースしたとも思えないし、出来には満足だったんじゃないでしょうか。

 って、長くなって結局何が言いたかったか段々わからなくなってきましたが、一言でいうとどっちも素晴らしいので、このデラックス・エディションをぜひ聴いてくださいってことで。そして、アイランドからのメジャーデビュー前のジャマイカ時代の音もオススメなのでぜひ聴いてください。

・Bob Marleyの楽曲を試聴&ダウンロード⇒ボブ・マーリー


【サイト内関連記事】
Concrete Jungle / BOB MARLEY AND THE WAILERS (TRENCHTOWN ROCK THE ANTHOLOGY 1979-78 収録)
Get Up,Stand Up / The Wailers (BURNIN' 収録)
400 YEARS / Bob Marley & The Wailers (Catch A Fire 収録)
Rebel Music (3 O'Clock Roadblock) / BOB MARLEY & THE WAILERS (NATTY DREAD 収録)
Trench Town Rock / Bob Marley & The Wailers (Africa Unite: The Single Collection 収録)
Get Up, Stand Up / Bunny Wailer (PROTEST 収録)
CAN'T BLAME THE YOUTH / PETER TOSH (CAN'T BLAME THE YOUTH 収録)
Stepping Razor / Peter Tosh (Equal Rights 収録)
カテゴリ : Reggae / Dub / Ska ・ comments(0)  
2009年02月02日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Reggae / Dub / Ska
  3. Spying Glass / HORACE ANDY (DANCE HALL STYLE 収録)

 When you check it in the new spying glass
 They want to know all your business♪


 レゲエを代表するシンガー、Horace Andyホレス・アンディ)が70年代後半にNYに移住した後にBullwackie率いるNYが誇るレゲエレーベル『WACKIES』より発売された超名盤『DANCE HALL STYLE』に収録。

 ホレスの中世的で伸びやかな高音ヴォーカルとワッキーズ特有の冷たくクールなダブサウンドとの相性は抜群!イントロのオルガンの音だけですでにやられてしまいます。"Money Money"や"Cuss Cuss"等の代表曲も収録された今作は、正直自分が聴いたことあるレゲエの作品では5本の指には絶対入ると思う。ジャケットのホレスの写真もかっこよすぎ!

 ホレスといえば、やはり90年代以降は彼をリスペクトするMassive Attackとの活動が有名ですね。この曲はマッシブ・アタックの2nd『Protection』でもホレスを迎えて収録されてます。マッシブを聴いて気になった人はぜひ、この作品も聴いて欲しい。絶対気に入るはずです。



【サイト内関連記事】
Government Land / HORACE ANDY (IN THE LIGHT 収録)
Every Tongue Shall Tell / Horace Andy (Skylarking 収録)
Dis Reggae Muzik feat. Horace Andy / Reggae Disco Rockers (oasis 収録)
カテゴリ : Reggae / Dub / Ska ・ comments(0)  
2007年12月01日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Reggae / Dub / Ska
  3. Stepping Razor / Peter Tosh (Equal Rights 収録)

 I'm like a stepping razor  Don't you watch my size
    I'm dangerous, dangerous♪


 ジャマイカを代表するレゲエシンガー、Peter ToshがあのTHE WAILERS脱退後のソロ1作目『Legalize It』(邦題:解禁せよ)に続く2作目となる'77年発表作『平等の権利』収録のまさにピーター・トッシュのテーマソングともいえる曲。

 性急な4分打ちキックとハイ・ハットのビートと激しいギターソロから始まり、Aメロではグッとテンポを落とし、そこから『俺は歩くカミソリ 危険だぜ』と歌われるサビで再びリズムの早くなる、超ロックなレゲエ!ちなみにリズム隊はJamaicaが世界に誇るリズム隊スライ&ロビー。もう悪いはずはない。後は、やはりピーターのちょっともっさりとした低音ボーカルのいなたい感じがルーディーでたまらない。

 映画『ROCKERS』でストーリーのクライマックスシーンへと向かうときに挿入されており、これがまたシーンにぴったりでカッコイイんだわ!

 この2ndには他にも"Get up, Stand Up"や"Downpresser Man"や
「俺には平和など必要ない、平等と正義が欲しいだけ」

と歌われるタイトルトラック"Equal Rights"等など代表曲が盛りだくさん。

 後、この作品の出た77年といえばPUNK勃興の年としてよく知られてるけど、レゲエとパンクの共闘関係を感じさせる作品のような気もします。

 ピーターといえばやはり比べてしまうのは神様BOB MARLEY。なんとなくボブ・マーリーTHE BEATLES(というかJohn Lennon)なら、ピーターがTHE ROLLING STONESという感じでしょうか。なんていうかロックなんだよね。実際、後にローリング・ストーンズ・レコーズと契約しアルバム『Bush Doctor』の"Don't Look Back"ではミック・ジャガーと競演してます。

 この曲は90年代のミクスチャー・バンド、SUBLIMEにカバーされてたりもしてます。
カテゴリ : Reggae / Dub / Ska ・ comments(0)  
2007年11月17日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Reggae / Dub / Ska
  3. Trench Town Rock / Bob Marley & The Wailers (Africa Unite: The Single Collection 収録)

Oh now I say you feel no pain now
One good thing about music
When it hits you feel no pain
Hit me with music now♪


 説明不要のレゲエの神様、ボブ・マーリー率いるザ・ウェイラーズの世界デビュー前、ジャマイカ時代のあのリー・"スクラッチ"・ペリーによるプロデュースの代表曲。ピーターとバニーによるコーラスはやっぱり最高ですね。

 「音楽は衝撃を与えてくれる。しかも、痛みを伴わずに」と歌われるこの曲は、ゲットーであるトレンチタウン出身のボブの音楽を最も表現してる曲な気がする。

 彼の音楽が、先進国以外も含めた世界全体に与えた影響は、ビートルズとかその辺のロックバンドの比ではないといわれていますしね。

 ちなみに世界デビュー後、次々とジャマイカ時代の楽曲は再録音されているけど、この曲はジャマイカ音源以外ではライブ盤にしかなってないらしいです。

カテゴリ : Reggae / Dub / Ska ・ comments(0)  
2007年02月21日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. Reggae / Dub / Ska
  3. Every Tongue Shall Tell / Horace Andy (Skylarking 収録)

 Every tongue shall tell, on that day
 When the Lord comes again to judge everyone
 For the wrongs they have done
 And all the lies they have told
 On that day, that dread day♪


 ここ10数年ではすっかりMassive Attackマッシブ・アタック)のゲスト・ヴォーカリストとして有名なレゲエ・シンガー、Horace Andyホレス"スリーピー"アンディ)が'72年にあのサー・コクソン・ドット率いる名門スタジオ・ワンに残した傑作アルバム『Skylarking』に収録。

 最初のドラムの1音だけでもやられるのに、それに被せてくる悲しげなホーンの音色にホレスの声、「最高!!」の一言。ホレスの声ってすごくマイナー調の曲に合います。あの超名作「Dance Hall Style」やマッシブ聴ける鋭いダブサウンドの方が有名な気もするけど、ルーツ・レゲエも絶対聴いた方がですよ。

 もちろん、アルバムタイトル曲で代表曲の"スカイラーキング"も収録。この作品に捨て曲は一切ないです。

 スタジオワンのやつはホレスがアコギを持って街角にたってるジャケットなので見つけたらぜひ!!


【サイト内関連記事】
Government Land / HORACE ANDY (IN THE LIGHT 収録)
Spying Glass / HORACE ANDY (DANCE HALL STYLE 収録)
Dis Reggae Muzik feat. Horace Andy / Reggae Disco Rockers (oasis 収録)
カテゴリ : Reggae / Dub / Ska ・ comments(0)  
2006年12月05日(火)
  1. K's今日の1曲
  2. Reggae / Dub / Ska
  3. YOUTH / MATISYAHU (YOUTH 収録)

 Young man control in your hand Slam your fist on the table And make your demand
 Take a stand Fan a fire for the flame of the youth
 Got the freedom to choose You better make the right move♪


 ユダヤ教徒にしてボブ・マーリーによってラスタファリズムに触れたレゲエ・シンガー、マティスヤフの全米4位を記録したアルバムのタイトルトラック。プロデュースは奇才・ビル・ラズウェル

 レゲエと言っても、この曲では出だしから爆音のギターが炸裂するすごくミクスチャー的な感覚を持った曲です。そんな演奏もさることながら、この曲の歌詞は若者へメッセージが、今時ここまでストレートに語りかける曲ないよなって思うくらいストレートに歌われてます。これでまだ26歳だなんて・・・

 アルバムではルーツ、ダンスホール、ダブのレゲエから、ジャム系、フォーク、ヒップホップ、ヘヴィ・ロックなど様々な要素があって、さらに多くのメッセージを含む素晴らしい作品になってると思います。

 今年のサマソニでちょっとだけライブを見ることが出来たけど、無茶苦茶かっこよかった。ジャムを得意とするバンドだけあってライブは必見です。
カテゴリ : Reggae / Dub / Ska ・ comments(0)  
2006年11月26日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Reggae / Dub / Ska
  3. King Tubby meets Rockers Uptown / AUGUSTUS PABLO (King Tubby meets Rockers Uptown 収録)

 天才メロディカ奏者・プロデューサーのオーガスタス・パブロがロッカーズ・オールスターズを率いてエンジニアにDUBの生みの親キング・タビーを迎えて作った傑作アルバムの表題曲。

 パブロの演奏もいいけど、なんといってもドラムが超カッコイイ。もうほとんどドラムン・ベースですよ。叩いているのは誰かわからない(多分、スライ・ダンバーかホースマウスかカールトン・バレットだと思う)けど一聴の価値はあります。


カテゴリ : Reggae / Dub / Ska ・ comments(0)  
2006年08月28日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Reggae / Dub / Ska
  3. Rebel Music (3 O'Clock Roadblock) / BOB MARLEY & THE WAILERS (NATTY DREAD 収録)

 ボブ・マーリーピーター・トッシュバニー・ウェイラーの3人にバレット兄弟という個人的には最強と思われるウェイラーズからピーター、バニーの2人が脱退し、ジャマイカを代表する女性ヴォーカリストの3人、リタ・マーリーマーシャ・グリフィスジュディ・モワットからなるI-Threesをコーラスに迎え、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズとして再編成&再出発して初のアルバム。

 超名曲「No Woman, No Cry」もいいけど、この曲もいい。いよいよ本格的に世界進出を図るボブの歌が悪いはずはない、ないけどやっぱ何か足りない。POP/ROCKの観点で言えばこの後の作品が優れているのかもしれないけど、REGGAE史的にいえば、ピーター、バニーの穴は大きいって感じですかね。
JUGEMテーマ:ROOTS!!!


カテゴリ : Reggae / Dub / Ska ・ comments(0)  
2006年08月26日(土)

Related Posts with Thumbnails