1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '14
  3. Fuji Rock Festival 14 まとめ #フジロック

Fuji Rock Festival 14日記のまとめです。

以下、レポートセットリストのまとめ。

ライブを観たものも併記しておきます。

前夜祭(木)
DJ MAMEZUKA
キノコホテル
Lucha VaVOOM
SPEEDER-X
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5370


初日(金)
セットリストまとめ

・Part1
ROUTE 17 Rock‘n’Roll ORCHESTRA
DJみそしるとMCごはん
WILD BEASTS
DACHAMBO
Steve Nieve - Joe Sumner - Tall Ulysse
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5097

・Part2
FIRST AID KIT
佐野元春&THE HOBO KING BAND
TEMPLES
FOSTER THE PEOPLE
高橋幸宏 with In Phase
ROVO and System 7
THE YOUNG PHILADELPHIANS
DISCLOSURE
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5098

・Part3
Franz Ferdinand
Basement Jaxx
THE ORB
EYヨ
DARKSIDE
石野卓球
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5099


2日目(土)
セットリストまとめ

・Part1
THE HEAVY
HUUN HUUR TU
ウルフルズ
ヒカシュー・フリー・インプロヴィゼーション・サミット
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5100

・Part2
NARASIRATO
Travis
THE QEMISTS
山本精一+勝井祐二+沼澤尚+内田直之
PRESERVATION HALL JAZZ BAND
THE LUMINEERS
ST.VINCENT
苗場音楽突撃隊
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5101

・Part3
DAMON ALBARN
YOKO ONO PLASTIC ONO BAND
Arcade Fire
NARASIRATO
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5102


最終日(日)
セットリストまとめ

・Part1
downy
Begin
OWEN PALLETT
JOHN BUTLER TRIO
OGRE YOU ASSHOLE
NORMAN WATT- ROY
THE STRYPES
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5379

・Part2
ÁSGEIR
THE King ALL STARS
SBTRKT
THE FLAMING LIPS
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5380

・Part3
LORDE
OUTKAST
THE POGUES
MR.SCRUFF
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5381


今年はもう何と言ってもアーケイド・ファイアです。
もう何年も何年も見たくてしかたなかった。

出演が決まったときにはもう狂喜乱舞したもんですが、その待望過ぎる来日公演となったこのフジロックのステージが最高だったので、もうそれだけで大満足でした。

もちろんその他もいろいろ良いライブはいっぱいだったけど、唯一残念だったのはギターパンダが見れなかったこと。
彼が出ない年があるなんて・・・
来年は見れると良いな。

後は、最終日以外、ずっと晴れていたこと。
2013年が雨続きだったので、その反動って感じ。

2012年は晴れ、2013年は雨、2014年はほぼ晴れ。

ということは、2015年は?

何はともあれ来年も行くぞ!

フジロック2015情報はこちら。
Fuji Rock Festival '15

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
Fuji Rock Festival '13
Fuji Rock Festival '14
カテゴリ : Fuji Rock Festival '14 ・ comments(0)  
2014年07月28日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '14
  3. フジロック2014 セットリストまとめ 最終日 #fujirock

Fuji Rock Festival '14フジロック)のセットリストまとめ、7月27日(日)、最終日編です。

ここにセトリがわかり次第順次追記していきます。

Jack Johnson@Green Stage setlist
1. Flake 2. Taylor 3. Sitting, Waiting, Wishing  4. You and Your Heart
5. Radiate 6. If I Had Eyes 7. Bubble Toes
8. Not Fade Away (The Crickets cover) 9. Mudfootball 10. Wasting Time
11. I Got You 12. Breakdown (with John Butler) 13. Upside Down
14. Tape Deck 15. Banana Pancakes 16. Shot Reverse Shot
17. I Wanna Be Your Boyfriend (Ramones cover)
18. Rodeo Clowns (G. Love & Special Sauce cover)
19. Who Do You Love? (Bo Diddley cover)
20. Staple It Together (with Ozomatli) (with Whole Lotta Love snippet)
21. Good People 22. Better Together


The Flaming Lips@Green Stage setlist
1. The Abandoned Hospital Ship 2. She Don't Use Jelly
3. Yoshimi Battles the Pink Robots, Pt. 1 4. In the Morning of the Magicians
5. The Golden Path (The Chemical Brothers cover) 6. Feeling Yourself Disintegrate
7. Race for the Prize 8. Vein of Stars 9. Look...The Sun Is Rising
10. The W.A.N.D. 11. Try to Explain 12. A Spoonful Weighs a Ton
---encore---
13. Do You Realize?? 14. Lucy in the Sky With Diamonds (The Beatles cover)


THE ROOSTERS@Green Stage setlist
1. テキーラ 2. Leather Boots 3. Case Of Insanity
4. Rosie 5. She Does It Rihgt 6. Do The Boogie
7. Let's Rock 8. In Nurnberg 9. Mona 10. Venus
11. Sitting On The Fence 12. 恋をしようよ 13. C.M.C.


The John Butler Trio@Green Stage setlist
1. Blame It On Me 2. Pickapart 3. Ocean  4. Hoe Down
5. Better Than  6. Zebra 7. Livin' in the City


BEGIN@Green Stage setlist
1. 国道508号線 2. 砂糖てんぷら 3. シュハスコ
4. オジー自慢のオリオンビール 5. オバー自慢の爆弾鍋
6. 竹富島で会いましょう 7. 島人ぬ宝 8. かりゆしの夜 9. 涙そうそう


OUTKAST@White Stage setlist
0. Intro 1. B.O.B 2. Gasoline Dreams 3. ATLiens
4. Skew It on the Bar-B 5. Rosa Parks
6. Da Art Of Storytelling Part. I 7. Aquemini
8. SpottieOttieDopaliscious 9. Ms. Jackson
---Big Boiソロ---
10. Kryptonite 11. Ghetto Muzic 12. The Way You Move
---Andre3000 ソロ---
13. Vibrate/She Lives In My Lap 14. Prototype 15. Hey Ya!
------
16. Hootie Ho 17. Crumblin’ Erb 18. Southernplayalistic
19. Player’s Ball 20. Elavators (Me & You) 21. Roses
22. So Fresh, So Clean 23. Int’l Players Anthem (UGK) 24. The Whole World


Kelis@White Stage setlist
1. Feeling Good (Leslie Bricusse & Anthony Newley cover) (Intro)
2. Breakfast 3. Millionaire 4. Cobbler 5. Rumble 6. Friday Fish Fry
7. Milkshake 8. Get Along With You 9. Good Stuff 10. Glow
12. Forever Be 13. Trick Me 14. Jerk Ribs 15. 4th of July (Fireworks)
16. Acapella 17. Feeling Good (Leslie Bricusse & Anthony Newley cover) (Outro)


YOUR SONG IS GOOD@White Stage setlist
1. Change Changa 2. Pineapple Power 3. Re-search
4. Hot Grapefruits 5. Dripping 6. The Cosmos


OGRE YOU ASSHOLE@White Stage setlist
1. ロープ 2. 見えないルール 3. フラッグ
4. すてきな予感 5. ロープ


THE MAN@White Stage setlist
1. Erase Your Traces 2. Step on gas 3. Rudies on the law
4. James Bond Theme 5. The man still standing 6. Good gravy
7. Godzilla 8. Ghost Dog 9. Charles Bukowski
10. Misirlou 11. Let me burn 12. GABBA GABBA Hey

2014年のフジロック出演者の作品をまとめてチェック!

LORDE@Red Marquee setlist
1. Glory and Gore 2. Biting Down 3. Tennis Court
4. White Teeth Teens 5. Buzzcut Season
6. Swingin Party (The Replacements cover)
7. 400 Lux 8. Ribs 9. Royals 10. Team 11. A World Alone


ストレイテナー@Red Marquee setlist
1. VANISH 2. From Noon Till Dawn 3. Little Miss Weekend
4. The World Record 5. Super Magical Illusion 6. DISCOGRAPHY
7. Melodic Storm 8. SIX DAY WONDER 9. クラッシュ
10. シンデレラソング 11. TRAVELING GARGOYLE


The Pains Of Being Pure At Heart@Red Marquee setlist
1. Art Smock 2, Until The Sun Explodes 3. Heart In Your Heart
4. The Body 5. Corel & Gold 6. Simple & Sure
7. Come Satarday 8. Young Adult Friction
9. This Love Is Fucking Right For You
10. Eurydice 11. Belong 12. The Pains Of Being Pure At Heart


OK Go@Red Marquee setlist
1. Upside Down & Inside Out 2. You're So Damn Hot
3. The Writing's on the Wall 4. A Million Ways
5. I Won't Let You Down 6. Do What You Want 7. Get Over It
8. Obsession 9. Turn Up The Radio 10. Skyscrapers
11. Here It Goes Again 12. This Too Shall Pass


PHONO TONES@Red Marquee setlist
1. At the break of dawn 2. Saturday 少林 fever 3. Imaginary line
4. Her red bicycle 5. 横須賀 heartbreak berserker 6. The world is yours


Chet Faker@Red Marquee setlist
1. Archangel (Burial cover) 2. I'm Into You
3. Terms and Conditions 4. Blush 5. 1998
6. Cigarettes and Chocolate 7. No Diggity (Blackstreet cover)
8. Drop The Game 9. Talk Is Cheap


久和田佳代@Gypsy Avalon setlist
1. キラキラ通り 2. 夜な夜な星を見て 3. 買い物ブギ
4. ひまわりが燃えている 5. こんちくしょう
6. YADAI 7. 春になったら船に乗れ 8. ママよ助けて


PRESERVATION HALL JAZZ BAND@Cafe de Paris setlist
1. Bourbon Street 2. St. Louis Blues 3. Trombone Freddie
4. Halfway Right 5. El Manicero 6. Dippermouth 7. That’s It


2014年のフジロック出演者の作品をまとめてチェック!

●フジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
Fuji Rock Festival '13
Fuji Rock Festival '14

カテゴリ : Fuji Rock Festival '14 ・ comments(0)  
2014年07月28日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '14
  3. Fuji Rock Festival 14 日記 7/27(日) 最終日 Part3 #フジロック

Fuji Rock Festival '14フジロック)、備忘録、最終日編Part3です。

Fuji Rock Festival 14 日記 7/27(日) 最終日 Part2より続く。

フレーミング・リップスが終わり、続いてRed Marqueeへ。
17歳の新鋭LORDEを見る。

新たな天才の登場に大入りのレッドの中をかき分けてなんとか客席中腹へ。
ライブが始まると、ウェイブの強いロングヘアーを振り乱しながら、独特の動き(ダンス?)で歌う姿はとても17歳とは思えない。
真っ白い衣装だったのでまるで巫女(シャーマン?)のようでもありました。

日本語を交えたMCが始まると10代ぽさは確かに感じられたけど、この大物感はやはり只者ではないですね。

大ヒット曲"Royals"では待ってましたとばかりに大合唱も起きた。
最終的には紙吹雪も舞って圧巻のステージが終わりました。

私はこの後にワンマンも行くのでそちらも期待。


ロードが終わり、少し腹ごしらえ。
五平餅(ノリ)、つくね、越後ビールの生で。


そこから移動開始。
Green Stageを通過しながらヘッドライナーのJACK JOHNSONをチラ見し、一気にWhite Stageへ。

ちょっと目測を誤ってしまって、すでにお目当てのOUTKASTが始まってた。
(1曲目の“B.O.B”を見逃したのは大誤算でした。。)

バンドやDJ、コーラスを引き連れたフルフルな編成で、次々とヒット曲を連発。
白髪のヅラに白ふちのサングラスをかけて、「God Or God?」と書かれた服を着てるアンドレ3000は相変わらずだし、アンドレに比べると地味だけどビッグ・ボーイもなかなか変だし、期待してた通りで嬉しい。

曲によってはゲストでスリーピーブラウンも登場したり大盛り上がり。

"Ms. Jackson"の後はそれぞれのソロコーナーもあったけど、ここはアンドレの"Hey Ya!"の盛り上がりは一際すごかった。

その後もひたすらアゲのステージが続いて最終日を飾るに相応しいライブでした。


アウトキャストが終わり、再びグリーンへ。
今年のクロージングはTHE POGUES

酔いどれバンドを見るにはこちらも酒が必要だって事で、ビールを飲みながら望む。
The Clashの"Straight To Hell"が流れ出し、メンバー登場。
選曲がカッコイイ。

演奏が始まるとフラフラ、ヨレヨレしながらも歌うシェイン。
突然咳込んでタンを吐いたりするし、見てるとほんとこの人大丈夫か?って不安になるけど、こうでなくっちゃって気にもなるのが、不思議。

曲はもちろん最高で、このままずっと聴いていたいと思ったけど、あっという間にライブ終了。
アンコールもなし。
ステージから捌ける時も捌ける方向を間違ってスタッフに戻されたりしつつ去って行きました(笑)


これにてメインステージのグリーンも全行程終了。
今年もあっという間でした。
また来年!


グリーンに別れを告げ、オアシス方面に行こうとしたらポーグスを乗せた車が通って大騒ぎになりました。

そんな事もありつつ、オアシスエリアで腹ごしらえ。
のり海苔ラーメンを食す。

この時間帯の温かいものは身にしみますね。

ついでにレッドでMR.SCRUFFを座りながら聴いてたけど、どんどん寒くなってきて会場の外にでることに。

入場ゲートにたどり着くと、例年は「See You Next Year」という文字が書かれてるんですが、今年はなんと具体的な日付が書いてあった。
つまり毎年恒例の元日の発表を待たずに、開催を発表したようなもんですね。

ちなみに日付はこんな感じ
7月24、25、26日の金〜日曜日。
fujirock
いやぁ今から楽しみだ。

て、まだ今年も終わりではありません。

そんなこんなでゲートを出てPalace of Wonderへ。

プロレス見たり、パレステントに入ったり、カジノ見たり、ちっちゃなディスコ入ったり、そして恒例のフジウジ&トミー富岡見たり。

楽しすぎ。

そして、今年も朝5時、全日程終了し、宿に戻る 。

これにて最終日終了。

Fuji Rock Festival 14 日記 まとめに続く。

フジロック2014 セットリストまとめ 最終日
2014年のフジロック出演者の作品をまとめてチェック!

●フジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
Fuji Rock Festival '13
Fuji Rock Festival '14
カテゴリ : Fuji Rock Festival '14 ・ comments(0)  
2014年07月28日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '14
  3. Fuji Rock Festival 14 日記 7/27(日) 最終日 Part2 #フジロック

Fuji Rock Festival '14フジロック)、レポート、最終日編Part2です。

Fuji Rock Festival 14 日記 7/27(日) 最終日 Part1より続く。

White StageにÁSGEIRを見に行く。
ギターにベース、キーボード、ドラムを従えバンド編成。
ホワイト着いた時、Nirvanaの"Heart Shaped Box"のカバーをやってた。
意外な選曲に最初何の曲かすぐにわからなかった。
で、それのアレンジがすごく良くて、彼のオリジナルなんじゃないかって思ったくらいアウスゲイル色になってた。

雰囲気としてはジェイムス・ブレイクとかに近いけど、もっとシンガー・ソングライター的な要素が多い感じ。
スタジオ音源をもっとちゃんと聴いてから、もう一度ライブが見たいと思った。


ホワイトを後にし、アヴァロンで腹ごしらえ。
八重山そばを食べた。


それから、THE SKA FLAMESをチラ見しながらField Of Heavenを通過し、Orange Courtへ。

オレンジでTHE King ALL STARSを見る。
小雨降るなかオレンジを埋め尽くした客のお目当ては、永遠の若大将、加山雄三です。
若大将をもり立てるバンドメンバーは、モンパチのキヨサク始め、佐藤タイジ、名越由貴夫、ウエノコウジ、武藤昭平、高野勲、山本健太、タブゾンビというメンツ。

そんじょそこいらの人なら簡単に主役の座を奪われてしまいそうですが、そこは若大将、存在感は抜群!
「新人の加山雄三&キングオールスターズです」なんつうどう突っ込んでいいのかわからんようなMCをするとこが大物らしくていいね。

まぁ正直曲のほうは良いんだか悪いんだかよくわからなかったけど(すんません)、若大将をフジロックで見る、っていうこの状況に「幸せだなぁ〜」と言うしかない。
とか言ってたら本家本元の「幸せだなぁ〜」が聴ける”君といつまでも”もやってくれた。
天気はいまいちだけど、ちょうど夕暮れに差し掛かった頃でこの曲の歌詞にピッタリ。

さらに若大将自らキーボードで”海 その愛”を弾き語り。
当然の大合唱。

楽しかった!


ここから大移動開始。
途中、ホワイトを通過しながらYOUR SONG IS GOODをチラ見。


一旦トイレに寄って、Red Marqueeへ。

SBTRKTを見る。
中に入るとステージ上に巨大なバルーンでできた物体(動物?)が置かれててびっくり。
ぶっ飛んでていいですね。
一昨年くらいにサマソニで見てるので、その時とそんなに大きくは音楽性は変わっていない感じ。
でも、やっぱり楽しい。
いつものようにゲストボーカルがいて歌物も結構ありました。



さて最終日もすっかり夜になり、だんだん終わりへと近づいていく・・・

ジャック・ジョンソンファンの方には申し訳ないですが、個人的には今日のグリーンのヘッドライナーだと思っているTHE FLAMING LIPSを見にGreen Stageへ移動する。
これまでフジロックに出たことがないってがちょっと不思議。

ステージを見るとくらげの足のような照明が天上からいくつもぶら下がっていた。

始まる前からチラチラ見えてたけど、ウェイン・コインをはじめメンバーが登場してライブスタート!
ウェインは人体模型のような全身タイツを着てる!!

今回はビニールの球体に入って登場ではなかったけど、序盤から紙ふぶきが吹き荒れ(全体としてはいつもより紙吹雪少なめ)、いきなりクライマックスな感じ。

ステージには演奏するメンバーの他、巨大なキノコの被り物をした人や、巨大なぬいぐるみ(宇宙人やら星人間やら)が次々と登場するわ、例の照明は美しすぎるわ、夢のような景色が広がってた。

ウェインの頭の中を覗いたらこんなんなのかな。
超楽しいけど、身近な人だったら嫌だろうな・・・(笑)

後半には、ないと思ってたビニール球も登場し超盛り上がった。

でも今回感じたのは、全体的にメランコリックな空気が支配していたこと。
演奏自体もいつもよりも静か目だった気がする。

"Yoshimi Battles the Pink Robots, Pt. 1"や"Race for the Prize"と言った代表曲で聴けるウェインの声もやさしく語りかけるような感じがしました。

そして、そんなムードで聴く"Do You Realize??"は特にグッと来ました。


というわけであっという間の1時間。
もっと見たかった!


そんなベテランの次は、17歳!

Fuji Rock Festival 14 日記 7/27(日) 最終日 Part3に続く。

フジロック2014 セットリストまとめ 最終日
2014年のフジロック出演者の作品をまとめてチェック!

●フジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
Fuji Rock Festival '13
Fuji Rock Festival '14
カテゴリ : Fuji Rock Festival '14 ・ comments(0)  
2014年07月28日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '14
  3. Fuji Rock Festival 14 日記 7/27(日) 最終日 Part1 #フジロック

Fuji Rock Festival '14フジロック)、レポート、最終日編Part1です。

Fuji Rock Festival 14 日記 7/26(土) 2日目 Part3より続く。

フジロック strypes
さて、遂に最終日。
1年間楽しみに待ったフジロックも終わるのはあっという間です。


9時起床。
そして、すぐに朝飯。
結局3日とも朝からご飯を茶碗2杯ずつ食った。

11時過ぎに宿を出発。
今日も晴れだ!って思ってたら見る見るうちに曇っていって、気づけば雨が降った。

しかし、本降りにはならず、霧雨のようなものが1日続くことに。
(結局、毎年愛用している300円ポンチョは使うことなく、撥水のジャケットで今年は過ごしました)


11時30分過ぎ、入場。
Green Stageから聞こえるOZOMATLIの演奏を聴きつつ、そのままRed Marqueeへ。

昨年9年ぶりに復活したdownyを見る。
映像メンバーも健在。
なので、もっと暗い方が良かったけど、まぁレッドだっただけましか。
「初めてのフジロック、また呼んでください」って言ってた。
フジロックもいいけど、ワンマンを見てみたいな。


それにしても今日は雨が降っているか、昨日・一昨日の猛暑から一転、涼しいを通り越して、寒いくらい。
で、寒いからから、トイレに並ぶ人の列も長い気がする。


小雨がぱらつく中、Green Stageに移動すると、Beginのセッティングが行われてた。
何気に今日私はビギンの「オジー自慢のオリオンビール」Tシャツを着てたりするんだけど、さすがにここはオリオンビールは諦めてハイネケンを購入。

開始時間になってもまだ楽器やマイクの調整をしてたんだけど、スタッフが「とりあえずこれでいこう」な「テーゲー」発言(沖縄の言葉で「テキトー」の意味)があって、ある意味沖縄っぽいゆるい感じでライブが始まった。

あ、ちなみに一つ前に見たDownyのボーカルの青木ロビンも沖縄出身(今は沖縄でCafeもやってるらしい)。

メンバーが出てきてこれまたゆるい感じで演奏が始まる。
1曲1曲、曲のエピソードを紹介しながら。
"国道508号線"って曲では「今は507号線までしかない」とか、"砂糖てんぷら"では「サーターアンダギーは紙袋に入れてもらうと油が取れる」とか。
ブラジルワールドカップがあったので"シュハスコ"って曲をやったり。


と、そんな楽しいビギンのライブでしたが、次に見たいものがあったのでRed Marqueeに移動。


見たかったのは、昨日、感動のライブを行ったアーケイド・ファイアでもサポートをつとめたOWEN PALLETTです。

ステージにはオーウェンただ1人。
キーボード、サンプリングなどをする機材などに囲まれたオーウェンが、バイオリンをメインにリズムやメロディをループさせて音を重ねていく。
歌声も軽やか。

一人で何でもできちゃうって、才能ある人ってホント凄いなってただただ思った。


オーウェン・パレット終わりで、お腹も空いたのでワールドレストランにて、エチオピアプレートとミートパイを頂く。
美味し!

食べた後、レッドの傍を通ったらOK GOが演奏してて、紙ふぶきが舞い散ってた。

で、飯食ったばかりなのに、五平餅を買って食べながら移動開始。
Green Stageを横切りながらJOHN BUTLER TRIOをチラ見。

ビギンもそうだけど、彼らも晴れてたらもっと気持ちよかっただろうな。



そのまま移動して、White Stageへ。
OGRE YOU ASSHOLEを見る。
彼らのようにライブを見るたびに前回見た時とは違う音を鳴らすバンドはなかなかいない。
今回も1曲目にやった"ロープ"なんかはこれまで以上にテンポをぐっと落とし、地を這うような不気味なサウンドを鳴らしていた。

小雨降るホワイトで、AORのようなクラウトロックのようななんだかわからないけどすさまじい音が、グルーヴィーにぐるぐる回る。
周りを見ると、その音に引き込まれてか、徐々に外国人のお客さんが増えてったのが面白かった。

曲によってはギターの馬渕もベースに持ち替えてダブルベースになったり。
そして、最後はまさかの全く違うアレンジで1曲目にやった"ロープ"をもう1回やるっていうね。

当初は途中で移動するつもりだったけど、気づけばその場を離れることができず、最後まで見てしまいました。



予定より遅くなったので、急いでField Of Heavenに向かい、NORMAN WATT- ROYを見る。
昨年は盟友ウィルコ・ジョンソンのステージでベーシストとしてフジロックにでたけど今回はソロで。
ウィルコのイメージが強く、勝手にパブロックやパンク的なサウンドかなと思ってたら、ジャズやブルース中心としたものでした。
でも、それがまた彼のルックスと相まって、いい味出しててとても良かった。

ウィルコともまたぜひ来てください!


大ベテランのノーマンの後は一気に若返って、ティーンエイジャーのバンド、THE STRYPESを見に、一気にグリーンへ戻った。

グリーンに着くとまだあどけない顔をした4人が、その見た目とは裏腹にこの広い会場を堂々と沸かせていました。
演奏も上手いし、サウンドは決して新しい訳ではないけど、それを補って余りある若さと勢いがビシバシ伝わってきました。

そして、その清々しいライブのように空も晴れてきた!!


Fuji Rock Festival 14 日記 7/27(日) 最終日 Part2に続く。

フジロック2014 セットリストまとめ 最終日
2014年のフジロック出演者の作品をまとめてチェック!

●フジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
Fuji Rock Festival '13
Fuji Rock Festival '14
カテゴリ : Fuji Rock Festival '14 ・ comments(0)  
2014年07月27日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '14
  3. フジロック2014 セットリストまとめ 2日目 #fujirock

Fuji Rock Festival '14フジロック)のセットリストまとめ、7月26日(木)、2日目編です。

ここにセトリがわかり次第順次追記していきます。

Arcade Fire@Green Stage setlist
0. Reflektor (instrumental outro tape)
1. Reflektor 2. Flashbulb Eyes 3. Neighborhood #3 (Power Out)
4. Rebellion (Lies) 5. Joan of Arc 6. The Suburbs 7. The Suburbs (Continued)
8. Ready to Start 9. Neighborhood #1 (Tunnels) 10. We Exist
11. No Cars Go 12. Haïti 13, Afterlife (w/ New Order's "Temptation" snippet)
14. It's Never Over (Oh Orpheus) 15. Sprawl II (Mountains Beyond Mountains)
16. Rydeen (Yellow Magic Orchestra song) (the bobbleheads on stage)
17. Normal Person 18, Here Comes the Night Time 19. Wake Up


DAMON ALBARN@Green Stage setlist
1. Lonely Press Play 2, Everyday Robots
3. Tomorrow Comes Today (Gorillaz song) 4. Slow Country (Gorillaz song)
5. Kids With Guns (Gorillaz song)
6. Three Changes (The Good, the Bad & the Queen song)
7. Hostiles 8. Photographs (You Are Taking Now)
9. Kingdom of Doom (The Good, the Bad & the Queen song)
10. Hollow Ponds 11. El Manana (Gorillaz song)
12. End of a Century (Blur song) 13. All Your Life (Blur song)
14. Clint Eastwood (Gorillaz song) 15. Mr. Tembo 16. Heavy Seas of Love


ザ・クロマニヨンズ@Green Stage setlist
1. 弾丸ロック 2. タリホー 3. 紙飛行機 4. ギリギリガガンガン
5. 炎 6. エイトビート 7. キスまでいける 8. 突風野郎
9. グリセリンクイーン 10. 流線型 11. 飛び乗れ!!ボニー!!
12. スピードとナイフ 13. 雷雨決行
14. オートバイと皮ジャンパーとカレー 15. 突撃ロック
16. ナンバーワン野郎! 17. クロマニヨン・ストンプ


Travis@Green Stage setlist
1. Mother 2. Selfish Jean 3. Moving
4. Love Will Come Through 5. Diftwood
6. Where You Stand 7. My Eyes
8. Writing to Reach You 9. Side 10. Closer 11. Sing
12. Turn 13. Flowers in the Window 14. Why Does It Always Rain On Me?


The Waterboys@Green Stage setlist
1. The Whole of the Moon 2. We Will Not Be Lovers
3. Still a Freak 4. The Pan Within
5. The Raggle Taggle Gypsy ([traditional] cover)
6. Mad as the Mist and Snow 7. Glastonbury Song
8. Fisherman's Blues


ウルフルズ@Green Stage setlist
1. ガッツだぜ 2. SUN SUN SUN' 95 3. サマータイムブルース
4. 借金大王 5. どうでもよすぎ 6. ヒーロー
7. バンザイ 8. ええねん 9. いい女


The Heavy@Green Stage setlist
1. can't play dead 2. sixteen 3. ause for alarm
4. curse me good 5. short change hero
6. what you want me to do 7. big bad wolf
8. what makes a good man 9. same ol
10. Bruk Interlude 11. hylmn


Manic Street Preachers@White Stage setlist
1. Motorcycle Emptiness 2. Your Love Alone Is Not Enough
3. Walk Me to the Bridge 4. You Stole the Sun From My Heart
5. Everything Must Go 6. Suicide Is Painless (Theme from MASH)
7. Let's Go to War 8. Ocean Spray 9. P.C.P.
10. Europa Geht Durch Mich 11. A Design for Life
12. The Everlasting (acoustic) 13, Revol 14. Tsunami
15. You Love Us 16. Futurology 17. Show Me the Wonder
18. If You Tolerate This Your Children Will Be Next


Biffy Clyro@White Stage setlist
1. Different People 2. That Golden Rule 3. The Captain
4. Sounds Like Balloons 5. Biblical
6. God & Satan (Solo Acoustic)
7. Whorses 8. Bubbles 9. Black Chandelier
10. Living Is a Problem Because Everything Dies
11. Many of Horror 12. Woo Woo 13. Stingin' Belle 14. Mountains


MAN WITH A MISSION@White Stage setlist
1. evils fall 2. distance 3. higher
4. Get Off of My Way 5. TAKE WHAT U WANT 6. vitamin 64
7. DON`T LOSE YOURSELF 8. Emotions 9. FLY AGAIN


SiM@White Stage setlist
1. Get up,Get up 2. Blah Blah Blah 3. Faster Than The Clock
4. Evolution is Solution 5. WHO'S NEXT 6. paint sky blue
7. Amy 8. Rum 9. KiLLiNG ME 10. f.a.i.t.h


2014年のフジロック出演者の作品をまとめてチェック!


Yoko Ono Plastic Ono Band@Red Marquee setlist
1. Don't Stop Me! 2. Waiting for the D Train / Why
3. Rising 4. Walking on Thin Ice 5. Higa Noburu
6. Open Your Box
7. O'Wind (Body Is the Scar of Your Mind) 8. Unun. To
9. Don't Worry Kyoko (Mummy's Only Looking for Her Hand in the Snow)
10. Remember Love
---encore---
11. It's Been Very Hard


the band apart@Red Marquee setlist
1. coral reef 2. higher 3. 来世BOX 4. Eric. W
5. free fall 6. I love you Wasted Junks & Greens
7. forget me not pt2 8. 夜の向こうへ 9. K.and his bike


THE INSPECTOR CLUZO@Red Marquee setlist
1. Move On Up (Curtis Mayfield cover) 2. Jam Session #1 3. Black Spirit
4. Jam Session #2 5. Two Days 6. Fuck the Bass Player
7. Terminator Is Black in His Back 8. The Inspector Cluzo


Phil Lesh & Terrapin Family Band@Field of Heaven setlist
1. New Speedway Boogie 2. Cassidy 3. Bird Song
4. Up On Cripple Creek (The Bnad) 5. Mr Charlie 6. Behind Your Eyes
7. The Wheel 8. Scarlet Begonias 9. Down By The River (Neil Young)
10. Wind & Roses 11. Lady With A Fan 12. Terrapin Station
13. Touch Of Grey 14. Turn On Your Lovelight 15. Cumberiand Blues
---encore---
16. Midnight Hour 17. Sweet Jane (Velvet Underground) 18. Box Of Rain


Jonathan Wilson@Field Of Heaven setlist
1. Angel (Fleetwood Mac cover) 2. Dear Friend 3. Desert Raven
4. Natural Rhapsody 5. Moses Pain 6.Valley of the Silver Moon


片想い@木道亭
1. 山の方から来てくれればいいのに 2. tristeza de carnaval 3. Daily Disco
4. 君の窓 5. すべてを 6. いとしいな 7. 踊る理由
8. 棒きれなどふりまわしもしかたのないことでしょう 9. 管によせて
---encore---
10. 踊れ!洗濯機


Fuji Rock Festival '14
カテゴリ : Fuji Rock Festival '14 ・ comments(0)  
2014年07月27日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '14
  3. Fuji Rock Festival 14 日記 7/26(土) 2日目 Part3 #フジロック

Fuji Rock Festival '14フジロック)、レポート、2日目編Part3です。

Fuji Rock Festival 14 日記 7/26(土) 2日目 Part2より続く。

ちょっと遅れたけど、Green StageにてDAMON ALBARNを見る。
今年の頭に行われた武道館公演でブラーとしての活動に一区切りを付けたデーモンのソロステージ。

今年出たデーモン名義による初のソロアルバムからの曲だけでなく、GorillazThe Good, the Bad & the Queenと彼のキャリアを総括するようなセトリ。
ソロの曲はブラーよりも落ち着いたものが多いけど、デーモン自身はステージを右に左に動き回り、前半からステージを下りて最前列のお客さんにもみくちゃにされたり、なかなか熱いライブを繰り広げる。

熱いと言えば、MCで昨日は京都に行ったって話をしてて、京都はここ(苗場)よりももっと暑かったって言ってた。
寺巡りをしたら暑くてクラクラしてたらしい。

サポートするバンドもカッコ良く、黒人男性のドラマーが頭に赤い花を付けてたのも良かった。

終盤は"End of a Century"などのBlurナンバーも飛び出したり、デーモン自らピアニカを弾いて始まったゴリラズの"Clint Eastwood"では日本人ラッパー(ぱっと見日本人か分からなかったけど、日本語でラップしてたのでたぶん)が登場したりしてすごく盛り上がりました。


デーモン終わりで、入り口近くのトイレへ。
これから待つ、今年のハイライトに向けて準備。

と、その前にRed Marqueeに行って、YOKO ONO PLASTIC ONO BANDをチラ見。
ある意味、今話題ですね(笑)
後、レッドに向かう途中、中国人らしき3人組が「オノ・・・リサ?」って冗談言いながら歩いてたのが面白かった。

ちょっとしか見れなかったけど、事前にネットで騒がれていたのとは裏腹に、良い意味で演奏は普通で聴きやすかった。
バンドメンバーは、ネルス・クライン(Wilco)、小山田圭吾(コーネリアス)、あらきゆうこ、PIKA☆(あふりらんぽ)、本田ゆか(Cibo Matto)だったらしくこれは良いメンツですね。

トレードマークとも言えるハットを被ってサングラスをした姿が見れたので、そこでレッドを後に。
Green Stageへ。

フジロック Arcade Fire

さてお待ちかね、2日目のヘッドライナーのArcade Fireです。
どれくらいお待ちかねかというと、あの2008年2月11日に新木場スタジオコーストで行われた『Neon Bible』ツアーのファイナル公演が終わった直後から、約6年半という年月。

「今年こそはフジロックには来るだろう」毎年期待しては裏切られ(次はサマソニじゃなくて絶対フジだと思ってました)、その間、グラミー賞でアルバム大賞獲ったり、世界中のフェスでトリを飾ったりするのをただ指をくわえて見てることしかできないうちに、6年半も経っちゃうなんて。
それがついに!

超個人的な話をすると、その新木場公演を一緒に見た人と結婚なんかしちゃったり(当時は付き合ってすらいなかった)。
もちろん、今日はそんな妻と一緒に見ます!
緊張のあまり「途中でトイレ行きたくなったらどうしよう」とさっき行ったばかりなのに不安がる妻をなだめているうちに、ついにその時が!


ライトが落ち、ミラーマンが登場し、日本語でアーケイド・ファイアを呼び込む。
(声が明らかにグリーンステージの司会の人だったはちょっと萎えた・・・)

メンバー(たしか12人)が登場し、1曲目は"Reflektor"。
わかってはいたけど、大興奮。

少し前で見てた妻にふと目をやると、ステージを見上げながら棒立ち。
(家で曲をかけると超ノリノリなのにおかしいなと思って後で聞いたら、感動のあまり放心状態になってたらしい)


ヴォーカルのウィン・バトラーを見ると、他のフェスでやってたような顔のペインティングをしていなかったのでちょっと残念に思ったけど、白いワンピースに身を包んだ奥さんのレジーヌがイカしてたのでプラマイゼロだなって思ったり。

後はやたらとベースの音が大きい(若干音が割れてた)のがちょっと気になった。
今回はサポートにハイチ人のパーカッショニストを2人入れてるし、リズム重視にしてるからなのかもしれないけど。

と、まぁ最初は細かい所が気になったけど、進むにつれそんなことはどうでも良くなった。
序盤で"Neighborhood #3 (Power Out)"〜 "Rebellion (Lies)"のメドレーとかやっちゃうし、大盤振る舞いもいいところ。
Neon Bibleツアーの時に居て、The Suburbsツアーの時にはいなかったホーンのメンバーが復活したのも嬉しいし(2人が動きを合わせて踊ったりするのもいい感じ)、先述のパーカッションや、レジーヌによるスティールパンも加わってパワーアップした"Power Out"(もちろん弟ウィルのオーバーアクションな鉄琴も!)、ウィンがギターの弦を引きちぎって始まった"Rebellion"では「ラーーイズ、ラーーーイズ!」と大合唱。

続く"Joan of Arc"では仮面を被ったレジーヌがステージに設置された台に乗って、あのフランス語パートを歌ったり、そんなレジーヌがドラムに加わりツインドラムになる"The Suburbs"〜"Ready to Start"の流れも最高!
特に"Ready to Start"は日本に来なかった前ツアーのオープニングで使われてて、YouTubeでPCの画面に穴が空くほど見てただけに、実際にライブで体験できて感動。

"Neighborhood #1 (Tunnels)"ではドラムをレジーヌに任せ、ドラマーのジェレミーがギターを弾いたり、ホントこのバンドって各自楽器を次々と入れ替えていくのが見てて楽しい。
明日はソロでもステージに立つ、サポートのオーウェン・パレットなんか特に曲の途中でステージの端から端に走って楽器を持ち替えたりしててすごく忙しそうでした。

再びミラーマンが登場した"We Exist"、皆で「ヘイッ!」と叫んだり間奏のウィルのキーボードの壊れっぷりが楽しかった"No Cars Go"、曲の途中でウィンがステージから下りて客が掲げていたハイチ国旗を受け取ってレジーヌに渡した"Haïti"(曲の終わりにパーカッションの2人にも歌わせてた)、New Orderの"Temptation"を挿入した"Afterlife"と、もう次から次へといろんなことが起きて、最高すぎてもう何がなんだかわかんなくなってきた!


ここでレジーヌがステージから下りて、横の通路を通ってモッシュピット後ろのサブステージへ移動(移動するときに目の前を通りました!)し、"It's Never Over (Oh Orpheus)"をステージ上のウィンと見つめ合いながら歌う。
夫婦でイチャイチャしてると言えなくもないけど、これがまた感動的でした。

歌い終わると間髪入れずステージに戻り、"Sprawl II (Mountains Beyond Mountains)"で歌い踊る。
最高!
(妻曰く「レジーヌは神になった」だそうです)


"Sprawl II"が終わり突然YMOの"Rydeen"が流れ出す。
海外のフェスのセトリを見ると、この辺でその土地土地の曲をかけるのが定番になってて、フジロックでは何をかけるんだろうと思ったら、こう来ましたか。

ライディーンと共に、メンバーを模したおっきな被り物をした人たちが登場。
そして、"Normal Person"が始まる。
この曲は特にライブで見たかった。
もう何度書いたかわからないけど、最高!


大熱狂のまま"Here Comes the Night Time"に突入。
祝祭感と高揚感と、祭りの後の静けさを一気に体現するかのようなこの曲に、大量に噴射された紙吹雪。
夢にまでみたアーケイド・ファイアのライブを実際に見ながら、ホントに夢なんじゃないかと思うようなこの光景!

そして、まだ少し紙吹雪が舞い散る中、絶対に聴きたいけど、ある意味始まって欲しくなかったあの曲のイントロが鳴り響く。
最後はもちろん"Wake Up"。

大合唱で大団円。

もうこれ以上言うことはありません。

あ、やっぱ一言、「次は単独でも来てね!」



念願のアーケイド・ファイア@フジロックを見て放心状態(特に妻)になりながらも移動開始。
今年のフジで最も辛い出演時間被りが、このアーケイド・ファイアとWhite Stageのトリ、MANIC STREET PREACHERS
1曲だけでも!と思って急いでホワイトに向かうと、道中"If You Tolerate This Your Children Will Be Next"が聞こえてきた。

・・・がそれで最後だったらしく、着いたときにはステージを去った後でした。。
はぁ、フジでマニックスを見れる日は来るのだろうか。。。



ところ天国に移動。

やっと落ち着いて、念願のアーケイド・ファイアを見れたことを祝って、ハイネケンで乾杯!
落ち着いたらお腹も空いたので鶏そばを食った。

しばらく富士映劇で流れる『ポール・マッカートニー&ウイングス "ロックショウ"』をイスに座って音だけ楽しんで休憩後、移動開始。

オアシスの方に行くと苗場食堂に人がイッパイ集まってたので覗くとNARASIRATOが演奏してた。

それを遠くに聴きつつ、また少し休憩して、外へ。


昨日は素通りしたThe Palace of Wonderに立ち寄り、CRYSTAL PALACE TENTにてオランダのジャズファンクバンド、JUNGLE BY NIGHTを見る。
ジャズを基調としながらもロック的なノリもあって大盛り上がり。
始まる前から中にいたので知らなかったけど、どうやら入場規制もかかってたようです。


しかし、今日はもう燃え尽き感が半端ないのでちょっと早めに宿に向かうことに。

2時半くらいに宿に着き、4時過ぎ就寝。

残すところ後1日か。

2日間晴れだったけど、明日はどうなるんだろう・・・


Fuji Rock Festival 14 日記 7/27(日) 最終日 Part1に続く。

フジロック2014 セットリストまとめ 2日目
2014年のフジロック出演者の作品をまとめてチェック!

●フジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
Fuji Rock Festival '13
Fuji Rock Festival '14
カテゴリ : Fuji Rock Festival '14 ・ comments(0)  
2014年07月27日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '14
  3. Fuji Rock Festival 14 日記 7/26(土) 2日目 Part2 #フジロック

Fuji Rock Festival '14フジロック)、レポート、2日目編Part2です。

Fuji Rock Festival 14 日記 7/26(土) 2日目 Part1より続く。

Field Of Heavenで、トマトカレーと生姜いためのハーフ&ハーフを食べた後、Orange Courtへ。

ソロモン諸島のアレアレ族のグループ、NARASIRATOを見る。
これがまた最高で、竹で出来た楽器を演奏しながら踊るナラシラトの面々を客もみんなでその踊りを真似しながら見るっていう、なんとも楽しいライブ。
歌もなんて言ってるのかわからないけど、なぜか一緒に口ずさめるもので、真似して歌ったり。

なんでもアレアレ語で「太陽を懇願する」という意味のグループ名らしいんだけど、懇願どころか、晴れ過ぎと言っても良い晴天の中、オレンジ全体が一体になったハッピーな時間が流れてました。


途中で後ろ髪を引かれながらオレンジを後に。

White Stage〜Green Stage間のボードウォークを抜けてTravisを見に行く。
今日はトラヴィスに加え、マニックスも出たりして、oasisをヘッドライナーにいただいた2001年のフジロックを思い出した(その日は大学の試験と被って行けなかった苦い思い出が・・・)。
フジロック travis
そんなもはやベテランの領域に入ったトラヴィスのステージは、変わらぬグッドメロディを鳴らしてた。
サンタクロースのようなヒゲを蓄えたフランの風貌を見るとさすがに時の流れを感じるけど、曲は永遠って感じ。

大好きな"Writing to Reach You"を始め、"Diftwood"、"Closer"、"Sing"、"Turn"と曲名を挙げるだけでも感涙物のヒット曲を連発。
特に"Turn"ではグリーンステージ全体がまさに一体となりました。

その他、フランがステージから下りてきたり、中央に集まって皆で弾き語りとかもあり、そして、最後は"Why Does It Always Rain On Me?"。

前回フジロックに出たときは、彼らの演奏中に雨が降り始め、その時やっていた曲を中断してこの曲をやったんですが、今年のこの晴天は、この曲をもってしても崩れず。
ま、晴れにも良い曲は良い曲。
皆でジャンプして盛り上がりました。


トラヴィス終わりで移動開始。
奥地を目指す。

White Stageを横切りながらTHE QEMISTSをチラ見。
Beastie Boysの"Fight for Your Right"のカバーをやってて盛り上がってた。


続いてGypsy Avalonで山本精一+勝井祐二+沼澤尚+内田直之をチラ見。
勝井さんのエレクトリックヴァイオリンが徐々に日が陰り出した空に抜けてった。


まだ何もやっていないField Of Heavenを通過してOrange Courtへ。
PRESERVATION HALL JAZZ BANDを見る。
大所帯のバンドだけど、曲によって各自見せ場があって、ソロで前に出てきたり。
私は後ろのほうでイスに座って見てたんだけど、楽しい曲が多くて、結局何度も立ち上がって見ました。

後、ビニール傘を使ってダンスするとこがあって、前のほうのお客さんも一緒に傘を広げてた。
前の人には配布されたのかな。



ヘヴンに戻りTHE LUMINEERS
日本での知名度はまだまだだけど、海外での人気はすごいバンド。
アコースティックな楽器がメインでフォークを基調としたバンドだけど、客を巻き込んでの一体感があって「ライブバンド」って感じ。
極めつけはステージから下りて、客の中にメンバーが入って歌ったり。
昨日はGreen Stageにも出演してるし、一気に知名度を上げたんじゃないでしょうか。


奥地の旅はこれにて終了して、一気にRed Marqueeへ大移動。

ST.VINCENTを見る。
前にサマソニでライブを見たことあるので知ってはいたけど、この人いい感じで狂ってる。
ギターをガシガシ弾きながら、まるでロボットのように動いたかと思えば、突然踊り出したり(女性ベーシスととステップや振りを合わせて演奏してたのがカッコ良かった)、中央に置かれた表彰台のようなとこに仁王立ちでギターを弾いたかと思えば、逆立ち状態になったり。

じっとしてると上品なお姉さんって感じの風貌なのに面白すぎる。
髪の毛を編み込みにしてたので、遠目にはショートカットに見えて、何となく去年見たキャット・パワーを思い出しました。


腹が減ったので、苗場プリンスが出してる出店でフランクフルトと水を購入。

近くの苗場食堂では苗場音楽突撃隊が出てて、ゲストボーカルで登場した浜崎貴司が歌う"デイドリームビリーバー"をチラッと聴きました。


さてさて、2日目もすっかり日が落ちてきました。
ここから今日のメイン、というか個人的には今年のフジロックのハイライトでなるであろうあのバンドの出番が徐々に近づいてきました。

Fuji Rock Festival 14 日記 7/26(土) 2日目 Part3に続く。

フジロック2014 セットリストまとめ 2日目
2014年のフジロック出演者の作品をまとめてチェック!

●フジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
Fuji Rock Festival '13
Fuji Rock Festival '14

カテゴリ : Fuji Rock Festival '14 ・ comments(0)  
2014年07月26日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '14
  3. Fuji Rock Festival 14 日記 7/26(土) 2日目 Part1 #フジロック

Fuji Rock Festival '14フジロック)、レポート、2日目編Part1です。

Fuji Rock Festival 14 日記 7/25(金) 初日 Part3より続く

フジロック、ウルフルズ

2日目。
睡眠不足なのに9時に起きれるのが不思議。
そして、今日も快晴!!

起きてすぐに宿で朝飯。
昨夜はバラバラに宿に帰ってきて会えてなかった同じ部屋のメンバーに挨拶したり。


準備して、11時過ぎに宿出発!
(ホントは11時前に出る予定だったけど・・・)


会場に入り、一気にGreen Stageを通り抜ける。
グリーンのトップバッターはTHE HEAVY
通りながら見ると、ホーンやコーラス隊がいたりと、豪華な編成で、朝から熱く、グルーヴィーなロックを聴かせてた。


山道を抜け、White Stage横からボードウォーク通ってOrange Courtへ。
ここで今日1杯目のビール!

ロシア連邦トゥバ共和国のホーメイグループ、HUUN HUUR TUを見る。

民族衣装に身を包んだ4人が、それぞれ楽器を弾きながら低く野太いのに伸びやかというなんとも不思議な歌声を聴かせる。
ちょっと厳かな雰囲気を感じたり。
ストーリーのある曲では、曲の前に語りがあったり。
後は、馬頭琴を弾いてた人の動物の鳴き声の真似がすごかったです。


オレンジを後にし、Field Of Heavenを抜け、Gypsy Avalonでネパールのグループ、Upendra and friends plus Mr. Sunil and Babuをチラ見しながら通過。

ホワイトでは次のWhite Lungがリハをしてるのをちょっと見て(ベースの子がイカしてた)、グリーンへ。

向かってる途中に”SUN SUN SUN’95″が聞こえてきた!

今年約4年振りに活動を再開したウルフルズです。
何気に彼らのライブを見るのは今回が初めて。
2年くらい前にRock In Japan Fes.でトータス松本のソロを見たことがあるくらい(その時もウルフルズナンバーはやってたけど)で、なぜ今まで見る機会がなかったのか自分でも不思議。

昨日のルート17もそうだったけど、ゲストボーカルとかでトータスはフジに何度か出てるので、初フジロックてのも意外な感じですね。

グリーンに着くと、すごい人の数。
知名度高いし、洋楽ファンでも一度は見てみたいと思って集まった人も多いと思うけど、そんな人たちも巻き込んで超楽しいステージを繰り広げる。
昔から好きだった"借金大王"とか聴けてすごく嬉しかった。

大ヒット曲"バンザイ"を始め、皆が知ってる曲を連発し、最後は"いい女"。
この曲の最後でウルフルズの定番ネタが。

一旦、ステージからはけたトータスを、Mr.スマイルことウルフルケイスケがトータスコールを煽って、そのコールに引き戻されるかのように後ろ向きでちょっとずつ戻ってくるっていうもの。
昔テレビで何度か見たことのあるこのネタがついに実際に見れた!

そして、戻ってきたトータスが歌いきって大団円。
まさに「貫禄の」って感じのステージでした。
(ちなみに"ガッツだぜ"は1曲目でやったらしいので、聴けてません・・・)



楽しさの反面、どっと疲れたのでのんびりとまた会場奥地へ。

途中、ホワイトでさっきリハをチラ見したWHITE LUNGをちょっと見て(ヴォーカルの子もイカしてた!)、アヴァロン〜ヘブンを通過し、オレンジ。

オレンジでは、先ほどのフン・フール・トゥの後でも司会をしてた巻上公一率いるヒカシュー。
前にもフジロックには出てたけど、今回はヒカシュー・フリー・インプロヴィゼーション・サミットというバンド名での出演。
名前の通り、様々なゲストを招いてインプロヴィゼーションを繰り広げるというコンセプトのよう。
琴弾いてる人とかいた。

楽しそうな感じだったけど、なんかアヴァンギャルド過ぎて、この炎天下で聴くのはちょっと辛かったので(笑)ちょっと聴いて移動しちゃいました。。


というわけで、音を後ろに聴きながら、さらに奥地へ。

STONED CIRCLEで恒例のドラムサークルをやってて、タイミングが合わず参加は出来なかったけど、それをちょっと見たり、布で出来た平均台みたいなヤツを渡るのやったり、アイスクリーム食べたり、Cafe´ de Parisで水着のチャンネーを見てウハウハしたりと、のんびり過ごす。

天気が良くてホントいい感じ。

で、もちろん天気がいいってことは、川遊びをしなきゃいけないだろうということで、河原へ。
ところ天国の方よりも人が少なくてのんびり。


冷たい水でリフレッシュした後は、ヘヴンに行って加藤登紀子をチラ見。
曲はほとんど聴けなかったけど。。。
もうすっかり常連。毎年出てるんじゃないかと錯覚するくらい。
その辺のお店の人が「36番でお待ちのかたー」って叫んでるのを真似したりしてたのが面白かった。


長くなってきたので、
Fuji Rock Festival 14 日記 7/26(土) 2日目 Part2に続く。

フジロック2014 セットリストまとめ 2日目
2014年のフジロック出演者の作品をまとめてチェック!

●フジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
Fuji Rock Festival '13
Fuji Rock Festival '14
カテゴリ : Fuji Rock Festival '14 ・ comments(0)  
2014年07月26日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '14
  3. フジロック2014 セットリストまとめ 初日 #fujirock

Fuji Rock Festival '14フジロック)のセットリストまとめ、7月25日(金)、初日編です。

ここにセトリがわかり次第順次追記していきます。



Franz Ferdinand@Green Stage setlist
1. No You Girls 2. The Dark of the Matinée 3. Right Action
4. Tell Her Tonight 5. Do You Want To 6. Evil Eye 7. Michael
8. Walk Away 9. Stand on the Horizon 10. Auf Achse
11. The Fallen 12. Bullet 13. Take Me Out
14. Love Illumination 15. Ulysses 16. Outsiders
---encore---
17. Fresh Strawberries 18. Jacqueline
19. Goodbye Lovers & Friends 20. This Fire


Foster the People@Green Stage setlist
1. Life On The Nickel 2. Helena Beat 3. Best Friend
4. Pseudologia Fantastica 5. Houdini 6. Coming of Age
7. Call It What You Want 8. Are You What You Want To Be
9. The Truth 10. Miss You 11. Pumped Up Kicks 12. Don't Stop


佐野元春&THE HOBO KING BAND@Green Stage setlist
1. complication shakedown 2. tonight 3. wild on the street
4. sunday morning blue 5. visitors 6. shame - 君を汚したのは誰
7. come shining 8. new age 9. strange days


HUNTER HAYES@Green Stage setlist
1. Storyline 2. Wild Card 3. Secret Love 4. Somebody’s Heartbreak
5. Invisible 6. Everybody’s Got Somebody But Me 7. Wanted
8. Tattoo 9. I Want Crazy


The Lumineers@Green Stage setlist
1. Submarines 2. Ain't Nobody's Problem (Sawmill Joe cover)
3. Flowers in Your Hair 4. Ho Hey 5. Classy Girls
6. Subterranean Homesick Blues (Bob Dylan cover)
7. Dead Sea 8. Duet (Falling in Love) 9. Darlene (Played in the crowd)
10. Elouise (Played in the crowd) 11. Stubborn Love
12. Flapper Girl 13. Big Parade


ROUTE 17 Rock’n’Roll ORCHESTRA@Green Stage setlist
---TOSHI-LOW---
1. I Want To Take You Higher (Sly and the Family Stone)
2. レザー・ブーツ (THE ROOSTERS)
---トータス松本---
3. Oh, Pretty Woman (Roy Orbison)
4. Shake Your Moneymaker
---MIKUNI♡DOLLS---
5. VACATION
---甲本ヒロト---
6. アナーキー・イン・ザ・U.K.
7. 上を向いて歩こう
---仲井戸”CHABO”麗市---
8. Hungry Heart (Bruce Springsteen)
9. 雨上がりの夜空
---全員---
10. SIESTA (The Pogues)


BASEMENT JAXX@White Stage setlist
1. Good Luck 2. Unicorn 3. Power to the People
4. Red Alert>Taiko>Back 2 the Wild
5. What’s the News>Friendly Garage Beat
6. NEVER SAY NEVER 7. Romeo 8. Jump n Shout>Baffalo
9. Raindrops LONG Orchestral 10. Do Your Thing
11. Rock This Road(AKA Hindi Cdenza)
12. What a Difference>House Scene>Fly Life
13. Techno Pumper 14. Where’s Your Head At
---encore---
15. We Are Not Alone 16. Mermaid of Selinas(AKA Danca)


DISCLOSURE@White Stage setlist
1. F For You 2. When A Fire Starts to Burn 3. You & Me
4. Grab Her 5. White Noise 6. Voices
7. What's In Your Head 8. Confess To Me
9. Running (VIP Remix) 10. Help Me Lose My Mind 11. Latch


First Aid Kit@White Stage setlist
1. Stay Gold 2. Blue 3. King of the World 4. Waitress Song
5. Shattered & Hollow 6. My Silver Lining
7. One More Cup of Coffee (Valley Below) (Bob Dylan cover)
8. Wolf 9. Heaven Knows 10. The Lion's Roar 11. Emmylou


The Birthday@Red Marquee setlist
1. くそったれの世界 2. LOVE GOD HAND 3. Buddy
4. カレンダーガール 5. SAKURA 6. ROKA-ロカ-
7. Red Eye 8. 星の首飾り 9. 涙がこぼれそう
10. なぜか今日は 11. さよなら最終兵器
---encore---
12. COME TOGETHER


Bombay Bicycle Club@Red Marquee setlist
1. overdone 2. it's alright now 3. shuffle
4. lights out, words gone 5. whenever, wherever
6. what if 7. evening/morning
8. how can you swallow so much sleep 9. home by now
10. feel 11. luna 12. always like this 13. carry me


SLOWDIVE@Red Marquee setlist
1. Slowdive 2. Avalyn 3. Catch the Breeze
4. Crazy for You 5. Machine Gun 6. Souvlaki Space Station
7. When the Sun Hits 8. Alison 9. Golden Hair


Parquet Courts@Red Marquee setlist
1. Duckin and Dodgin 2. Bodies 3. Black and White
4. Vienna II 5. Always Back in Town 6. Dear Ramona
7. Master of My Craft 8. Borrowed Time 9. What Color Is Blood
10. Up All Night 11. Instant Disassembly 12. Light Up Gold II
13. Sunbathing Animal


SHANK@Red Marquee setlist
1. Keep On Walking 2. Cigar Store
3. Wake me up when night falls again 4. 620
5. Long for the Blue moon 6. Song for my rights
7. Two sweet coffees a day 8. Knockin' on the Door
9. Love and Hate 10. Departure 11. Grimy Window
12. Set the fire 13. Stop the clap


Darkside@Red Marquee setlist
1. Freak, Go Home 2. The Only Shrine I've Seen
3. Heart 4. Metatron 5. Paper Trails 6. Golden Arrow


2014年のフジロック出演者の作品をまとめてチェック!


GARLAND JEFFREYS@Field Of Heaven setlist
1. Coney Island Winter 2. 35 Millimeter Dreams
3. ‘Til John Lee Hooker Calls Me 4. I May Not Be Your Kind
5. Any Rain 6. It’s What I Am
7. I’m Waiting For The Man(The Velvet Underground cover)
8. Hail Hail Rock ‘n’ Roll 9. 96 Tears 10. Wild In The Streets


Nabowa@Field Of Heaven setlist
1. 白む海、還る霧 2. ナイスパレード 3. macao
4. きょうの空 5. cal lon / pulse / aurelia


James Iha@Orange Court setlist
1. Make Believe 2. Summer days 3. Gemini 4. Speed of love
5. Blew away 6. Country girl 7. Appetite 8. To who know where
9. Till next Tuesday 10. Be strong now 11. Mayonaise
12. Salt of the Earth (Rolling stones cover)


Dizzy Sunfist@Rookie A GO GO setlist
1. 119 2. SUPER HERO 3. MY SWEET DOG
4. Raise your fist, Raise your voice 5. SULLEY
6. REGRET 7. Under the moon light 8. New world
9. SHOOTING STAR 10. Someday


2014年のフジロック出演者の作品をまとめてチェック!

●フジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
Fuji Rock Festival '13
Fuji Rock Festival '14
カテゴリ : Fuji Rock Festival '14 ・ comments(0)  
2014年07月26日(土)

Related Posts with Thumbnails